2020年05月01日

雪椿

今日は暑い。
外気温は一気に上昇して、今季一番の25℃を超えている。
激しい寒暖差には、体が馴染めないので、いきおい外出は自粛することになり、図らずもコロナ対策と同調するのだが、益々意気消沈してしまうのが怖いところだ。
室内は盛夏でもそれほどは暑くならなく、ましてや地下は冷えているので、逃げ込むには不自由しない。
この暑さしのぎには、ケーブル造りが良いことは経験則になっている。
マッキントッシュ・スピーカーのために、もう一組のスピーカー・ケーブルをつくることにした。
前文がながくなってしまったが、わが家の雪椿が開花しはじめている。
DSC00544.JPG
真っ赤かつ小ぶりの花が、この暑さで一気に開きはじめてきた。
本当は、小谷村から新潟県に向かう塩の道の旧古道での群落をみにいきたいのだが、当面はわが家での観賞で満足しておこう。
DSC00548.JPG
春らしく春竜胆も開花している。
DSC00553.JPG
この黄色いカタクリは二か所目での開花になる。
DSC00550.JPG
白花のエンレイソウは最初の一輪が開花した。
DSC00554.JPG
白根葵はいたるところで花芽をつけてはいでてきている。
DSC00527.JPG
戸隠升麻は知らないうちに咲いている。
北岳草はやっと発芽しはじめた。
あー、家の中でじっとしていては、春を逃してしまう。

posted by みのさん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月30日

花盛りの日

何にもしないうちに四月の最終日になってしまった感があり、モチベーションは底を突いているのだろうが、やることはやっておくに越したことは無い。
休業要請の通り休業中なのだが、何時何どきに要請が解除され、お客様が来館した際のお迎えする準備の手立てはたてておくのが肝要だろう。
準備の内容については、ほぼ準備完了しているが極秘密にしておこう。
お客様が気を悪くしては元も子もないから。
DSC00520.JPG
こちらの意向とは裏腹に、庭の花たちは元気いっぱいにしていて、とても嬉しいので、気持ちが明るくなってくる。
空気が乾燥しているのと、花粉が飛んでいるので、防御マスクが必要になる。
花粉の粒子は、10〜100ミクロンなので、市販されている普通のマスクでも大丈夫なのだが、コロナの粒子は、0.1ミクロン以下なので、普通の市販マスクでは役に立たない。
秘密の一つをばらしてしまったではないか。
posted by みのさん at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月29日

春蘭

DSC00510.JPG
早春の山地に気品ある花を咲かせる東洋ランの一つ。
花は淡い黄緑色の萼に包まれた、白くて紅紫の斑点のある舌状の花弁をもっています。
この花を摘んで塩漬けにして吸い物にいれたりします。
別名を「ほくろ」というのは、斑点を人のほくろにみたてたのでしょう。
洗濯船の庭では、今盛りと咲き誇っています。
posted by みのさん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月28日

伝行山徹然桜

DSCN0172.JPG
国道から岩岳スキー場入口の信号を少し入ったところの右側にある「徹然(てつねん)桜」の様子見に買い物ついでにいってきた。
DSCN0174.JPG
ほぼ、どんぴしゃりの満開に自然と笑みがこぼれてしまう。
自粛の効果か、観光客の姿も無く、小さな駐車場にも車を停められて被写体に専念できるので嬉しい限りだ。
とは言っても、風は冷たいのでゆっくりとしてはいられない。
今年も見事な姿を見せてもらえて感激だ。
posted by みのさん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月27日

野平の一本桜

暖かくなった白馬の里には、都会とは違った山桜が一斉に花開いている。
濃淡の入り混じった桜色が、初春を盛り上げてくれる。
そこで、静かな白馬を良いことに、何時もは大混雑する野平の一本桜の塩梅を観察しに出かけてきたところ、まだまだ蕾が硬い状態だった。
DSCN0146.JPG
仕方ないので、集落周りで開花している桜を眼で、ついでに北アルプスの眺望も視角に収めてきた。
DSCN0150.JPG
山々の雲が丁度のアクセントになっていて見あきない。
DSCN0169.JPG
石仏さんたちもずーっと見るいるようだ。



posted by みのさん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月26日

一斉清掃

今日は、9時からエコーランド区の一斉清掃があった。
目抜き通りは以前にペンションクラブで清掃をしたので、大したゴミなどは無いだろうと勘繰っていたのだが、空き缶や粗大ゴミが結構捨てられていて回収すると結構な量になる。
道路沿いの普段掃除する習慣の無い家の前にある、積もり積もった枯葉は一雨振れば大きな水たまりを作ってしまうので、これを取り払うことになる。このような家の住人は、一斉清掃をしていても知らんふりしているのが常なので始末に悪い。
こうした中、今日一番の粗大ゴミは、自転車で高級なマウンテンバイクだった。前輪のブレーキが壊れているものの、程度のよいバイクだ。
ある人は、廃棄するんだったら修理して使いたい との申し出があり、とりあえず交番に遺失物として持ち込むことにした。
そうこうしているうちに、SNSでこのバイクの持ち主が現れたとのことで、交番にいってもらったが、バイクは届いていないとのこと。
バイクを交番に持ち込むことになっている区長は、中々連絡のつかない人なのだが、数時間して折り返しの電話があったので、事情を説明して、バイクを交番に届けてほしい旨伝えた。
これで一件落着とおもいきや、そう簡単ではなかったのだ。
区長は交番に行き、粗大ごみとして処分してよいといわれたので、先ほどの修理して使いたいと言った人にバイクを届けたのだそうだ。
届けられた人は、自分の前言を覆して、何故か区長がバイクを届けに来たと、SNSで拡散した御人と会話し、既に盗まれたバイクは本人に戻っているとの事。恐らくは盗難届も出されていないことと、自転車の持ち主の照明シールの添付がなかったことから、違反バイクだったのだろう。
一斉清掃でも、これだけの物語があり、厭きは来ないが、わずわらしいものだ。
午前中は、よい天候だったのだが、午後から雨模様になってきた。
おまけに、霜注意報が発令された。
DSC00461.JPG
面倒なことは早くわすれることにして、わが家の白根葵が立派に開花した。
カールツァイスのレンズの描写は素晴らしい。

posted by みのさん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月25日

桜の季節

今日は朝方まで冷え込んでいたが、日が昇るにつけて気温が上昇していった。
屋根に張り付いていた氷がどんどん溶け落ちて、まるで雨降りの様相になった。
こうした中で、昨日に比べて周りの桜がどんどん芽が膨らむとともに、開花してきているものもある。
濃淡のある桜並木になっていたりしていると、自動車の運転が心もとなくなるので注意しなくてはいけない。
DSCN0141.JPG
洗濯船から少し離れた神城地区沢渡・貞麟寺の老木しだれ桜(糸さくら)も、開花しはじめていて、周りの若い桜に喚起されているようだ。
DSCN0142.JPG
また一方で、白馬村の一番北にある落倉自然園では、水芭蕉が最盛期になっている。
IMG_20200421_145758_.jpg
コロナ禍の自粛要請の所為か、静かな花の観賞ができるので、これはこれで有難いことだ。
今、地球の自然界から人間社会の横暴なシステムの大胆な変更を迫られているのかもしれない。

posted by みのさん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2020年04月23日

地震発生

先ほど、立て続けに地震が発生しました。
震源は、松本市と高山市のようです。
白馬も何回となく揺れましたが、直ぐに暖房を消したくらいで、特になにもありませんでした。
ただ、続いているので、油断は禁物と気持ちを引き締めています。
追記:震源地は、どうやら岐阜県との県境の上高地焼岳のようです。
posted by みのさん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月22日

明日から5月6日まで休業します

コロナウィルス感染防止のため、非常事態宣言をうけて県から宿泊施設への休業要請がありましたので、これを受けて休業します。
期間は明日の4月23日から5月6日までになります。
先ほど、ご予約いただいていたお客様には電話にて御了解をいただいたところです。
ご予約されていたお客様には多大なるご迷惑をおかけしますが、諸事情をご察しいただきますようよろしくお願いします。
早い収束を願ってやみません。
今年は、少ない雪、異常気象、日本人観光客の減少、コロナ渦と、さんざんですが、ただ耐えることしか無いのかもしれません。
明日はきっと良い日が来ることを、希望をもって待ち望むことにしましょう。
posted by みのさん at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月21日

白根葵の発芽

昨日までは気づかなかったのに、いきなり花芽をつけて発芽してくるのは高山植物の特性だろうか。
少ない時間を有効に活用するため、長い時間をかけて身に付けたもので、地球の温暖化の際に日本列島に取り残されてしまった事から、地域に適合すべく進化してきた証だ。
DSCN0514.JPG
今日の曇り空の中、花をつけて発芽してきたのは白根葵。
葉にそおっとくるまれながら出てくる。
未だ小さいけれど、これからどんどん大きく成長していきながら、大きな花を咲かしてくれる。
周りには花芽を付けていない、若い白根葵の葉がいたるところに出てきている。
これからが楽しみになる。
posted by みのさん at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑