2019年08月02日

Peggy

日増しに熱くなっているような気がしているが、まんざらでもないだろう。
こんな日は、涼しい海辺の木陰辺りでのんびりしたいものだ。
DSCN5011.jpg1.jpg
10インチ、キャンドルライト・レコードの「Peggy」は、そんな雰囲気を醸し出しているようなジャケットが羨ましい。
内容は、ペギー・キングのボーカルが夏の恋の歌をうたっているのだが、ジャケットはこちらの方も抜かりが無い。
聴くカートリッジは、デンマークB&OのST1がぴったりだ。
@This Is My Lucky Day
AHappiness Is Just A Thing Called Joe
BLove Walked In
CLet’s Get Away From It All
DThese Foolish Thing
ESwing Low Sweet Chariot
FIt All Depends On Me
GLover
HIt’s All Right With Me
IThey Can’t Take That Away From Me
の10曲が収められている。
1954年のラジオ放送の古い録音ではあるが、23歳の時のミュージカル・スターの唄う恋の歌は、危なっかしさもありハラハラさせてくれる。
もう若くはないさ と 言ってしまえばそれまでだが、こんな時もあったのさ と 思いたいが、記憶は薄れていくばかりで、思いだせないのが辛いところだ。
それよりも、益々熱くなってしまったではないか。

posted by みのさん at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の聴こえてくる風景

2019年08月01日

アンネの薔薇

八月の一番花になったのはアンネの薔薇だ。
DSCN5007.JPG
梅雨明け直後の猛暑もなんのその と、可愛いいはなを開花させてくれた。
例年よりもいくらかオレンジ色がかっているようだが、これはこれでほめてあげよう。
次の蕾も控えているので、賑やかになりそうだ。
鉢植えの薔薇たちが一斉に蕾を膨らませてきている。
夏らしくなってきたが、暑いのが苦手な吾輩としては、涼しい風が吹いてくれるのも待っている。
今日みたいに外気温が30℃を超えると、頭蓋骨の中がグショグショで、思考力はほとんど無いようなものだ。

posted by みのさん at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2019年07月31日

猛暑

今日は熱い。とにかく暑い。
日向では無く日陰でさえ30℃になっている。
当然、窓を開け放していても、室内は30℃辺りまで上昇してしまっている。
わが家で一番熱い場所は、厨房で火と湿度の高さはぴか一だろう。
これに比して一番涼しいのは、地下のデットな部屋になる。
室内が25℃にまで上昇することは稀であり、ここに避難すれば熱中症にはならない。
DSCN4994.JPG
晴れたり曇ったりしているなかで、じっとしていて動く気配の無いのは、モリアオガエルたちだ。
DSCN4995.JPG
水の中の方が涼しいと思うのはこちらの勝手なのだが、池の中にはオタマジャクシが沢山いるので、落ち着かないのかもしれない。
真似をしてじっとしてみたものの、長くは続かないのは短期の所為かもしれないが、滲んでくる汗の所為でもある。
湿度が落ちてカラッとしてくれるとありがたいのだが、雷さんも控えていることだし、なかなか思い通りにはいかないのが世の常だろう。
仕方ないので、今日から半そでシャツにした。
posted by みのさん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月29日

梅雨明けしたそうな

朝方は雨降り模様だったが、だんだん天候が回復してきて、昼ごろからは日が射すようになってきた。
今日、気象台は、梅雨明け宣言を出した模様で、昨年よりもひと月遅いことになる。
気候がひと月もずれると、いろいろな弊害もでてくるものだろうから、しっかりと受け入れていくことにしよう。
晴れれば晴れたで、やることが山積しているのだ。
はたまた、今年は開花しなかった花たちも来年に向けて充電してくれていることだろう。
鉢植えのアガパンサスが、この陽気につられて開花した。
DSCN4996.JPG
涼しげな風が通り過ぎて行った。
posted by みのさん at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2019年07月27日

桔梗

今日は一段と蒸している。
白馬上空を覆っている厚い雲の所為でもある。
時折、雲間から覗かせる青空は夏そのものだと言うのにだ。
DSCN4999.JPG
洗濯船の看板下の桔梗が開花した。
毎年いじらしく咲いてくれている。
蒸した空気に清涼な風を送ってくれているようだ。
DSCN5003.JPG
ゼンテイカは次々と開花しているが、色合いからすると蒸し暑さを増長しているように感じてしまうのは、きっと気の所為だろう。
連日、今日もキノコ狩りは続いている。
やっぱり蒸し暑い。
posted by みのさん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2019年07月26日

暑さと湿気にもめげず

今日はついに30℃に達してしまい、湿度の高さと相成って、心身ともにだらけてしまうことに相成った。
DSCN4993.JPG
こんな中でも涼しそうにしている紫陽花は、へこたれることは無いのだろうかと、つい問い詰めてしまいそうになる。
梅雨も末期を迎えたようなので、来週は暑さ対策をとらねばいけない。
posted by みのさん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月23日

ゼンテイカ

今日は久しぶりの日射しがでてきた。
雲間から覗く青空は夏の様相となっている。
東側の雲は入道雲だ。
未だ梅雨明け宣言は出ていないが、夏空は雲の上に待機しているようだ。
長い時間の雨降りの所為か、植物の成長が今一つといったところで、鉢植えの薔薇などでは葉を落してしまう種類もあったりする。
今日は時折射す強い日射しを受けられるように鉢を移動させてみたりしている。
DSCN4991.JPG
ゼンテイカの一番花があっという間に開花した。
カイガラムシに占領されそうになっていたので、昨日消毒したばかりだというのに、早技が凄い。
花芽が沢山あるので、これからが本番になるだろう。
明日からは、毎日日射しが出る予報になっているので、期待したい。
何か気持ちも前向きになってきた。
posted by みのさん at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2019年07月20日

私情最大

今日もシットリとした天候になって、庭の苔さんたちは喜んでいる。
キノコさんたちも大はしゃぎで、どんどん顔を出してきて、大変な騒ぎになってきた。
余りに沢山なので、昨日に引き続いてキノコ狩りをしたものだ。
ほとんどは食用にならないものばかりなので、裏庭の奥に置き去りにしてくることにする。
DSCN4987.JPG
そうした中、今日は至上最大のキノコ、しかも食用のヤマドリダケが顔をだしていた。
傘の大きさは雄に20pを超えていて、わが家では過去に例をみていないものだ。
私の作業用手袋と記念撮影をしたので、その後暫く展示しておくことにしよう。
続きを読む
posted by みのさん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2019年07月15日

仲良し三人組

昨日は天気予報に反して、夕方から激しい雨降りになってしまった。
お陰で花の付いた鉢植えの薔薇が、びしょびしょになってしまい可哀想なことをしてしまった。
今日になっても天候不順な状態で、降ったり晴れたり曇ったりしている。
こんな状態を喜んでいるのは、キノコの仲良し三人組だ。
苔の間から揃って顔を出してきた。
DSCN4972.JPG
これは、シロタマゴテングダケのようだ。
小さいうちはタマゴのようにしているが、暫くすると傘を大きく広げてくる。
猛毒キノコのため、少量であっても食べてはいけない。
この為、仲良しにはなれそうにないのだ。
続きを読む
posted by みのさん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2019年07月14日

開花進行中

思っていたよりも降雨量は少なく、普通の雨降りの様相の中、午前中にはほぼ上がったようだ。
モナコ姫に至っては、昨日より蕾が膨らみ、開花まではあと少しとなっている。
DSCN4959.JPG
夏椿は未だ咲き続いていて、たった一日花ではあるが、透き通おるような白色が白比丘尼を彷彿させる。
DSCN4961.JPG
鉢植えのミニ薔薇も蕾を膨らませてきていて、鮮やかな花を連想する。
DSCN4964.JPG
この時季はやっぱり紫陽花が秀逸で、雨にもめげず周りを明るくしてくれているので有難い。
DSCN4966.JPG
一通り庭の散策をしたので、昼過ぎからは夕食の準備に取り掛かることにしよう。
posted by みのさん at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記