2017年05月08日

強風吹き荒れる中

昨夕から強風が吹き荒れている。
この時季には春の嵐が付きものなのだが、木々の枝が折れて飛んだり植木鉢が倒れるなどするので落ち着いていられない。
こうした中で昨日開花したばかりの我が家の山桜は一気に満開になった。
2017_05_08_9999_22.JPG
未だ花がしっかりしているので強風にも負けないでいる。
2017_05_08_9999_25.JPG
足元ではシュランがこれも一気に開花していた。
2017_05_08_9999_32.JPG
北アルプスの雪解けがすすみ雪形がはっきりしてきた。
2017_05_07_9999_15.JPG
鶏が姿を現し、種まき爺さん婆さんはもうすぐだ。
2017_05_07_9999_16.JPG
白馬はしっかりしているが、
2017_05_07_9999_14.JPG
田植えは始まったばかりで少しばかり遅れているようだ。
posted by みのさん at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月07日

桜の開花宣言

連休の最終日は、今年の連休を象徴するような、少しばかり風はあるものの絶好の好天気になった。
2017_05_07_9999_30.JPG
昨日の雨に触発されたかのように新緑の芽ぶきが加速され、辺り一面若葉色一色に染まっている。
2017_05_07_9999_5.JPG
白馬村一帯の山桜は散り始めているが、洗濯船の主である山桜はこの刺激を受けたのだろうか、やっと開花が始まった。
2017_05_07_9999_6.JPG
昨年より大分遅れているが例年よりも少し遅れている。
ここの住人と同様に加齢のためか、なかなか付いていけないのかもしれないが咲くことを忘れないでよかった。
2017_05_07_9999_34.JPG
白根葵はどんどん咲き始めていて目を楽しませてくれる。
じっとしていられなくなってきた。
posted by みのさん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月06日

若葉萌ゆる

天気予報では曇りなのだがしっかりと雨降りになっている。
こうなるといっぺんで乾燥した軽い空気がしっとりと重さを感じさせてくれる。
同時に芽吹き始めた木々が一斉に緑を濃くし冬の名残の景観が一掃されて一面の新緑が出現する。
2017_05_05_9999_54.JPG
なんとも不思議な毎年の自然界の現象がたまらない。
2017_05_05_9999_55.JPG
この生命感に包まれながらの生活はこれ以上の充実した幸福は考えられない。
庭仕事はできないので都合よく音楽観賞に切り替える。
2トラ19cmのオープンリールでベートーベン弦楽4重奏をデットな部屋で聴く。
シンとした中から楽器の音が浮かび上がってくる有様は萌ゆる若葉の情景を醸し出しているようだ。
posted by みのさん at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2017年05月05日

戸隠升麻

こどもの日の今日も好天になり外気温もどんどん上昇して25℃を超えてしまった。
このような大きな気温差になると身体が付いていけなくなるだけでなく精神力も一緒に萎えてしまう。
自ずと緩慢な動きとなり何事も捗らないので無理はしないことにする。
庭の花を愛でながらぶらぶらしていると一番最初に芽を出した池の近くの戸隠升麻が満開になっている。
2017_05_05_9999_34.JPG
場所によっては地中から出てきたばかりの戸隠升麻もあったりして油断がならない。
建物の正面の戸隠升麻もほぼ満開に近づいているようだ。
2017_05_05_9999_5.JPG
こうなるとゲンキンなもので気力が充実してくるのは気分次第でどうにでもなるという証だ。
2017_05_05_9999_31.JPG
それでもものには限界があるのでエスプレッソ珈琲を飲みながらゆったりと観賞することにしよう。
posted by みのさん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年05月03日

チューリップとツバメオモト

昨日に引き続いた好天気と高気温で赤いチューリップが花開き辺り一面明るくしてくれる。
2017_05_03_9999_5.JPG
ツバメオモトはあっという間に現れてさっさと咲きだした。
2017_05_03_9999_12.JPG
だんだん賑やかになってきたので嬉しい限りだ。
もっとかまっていたいのだが今日はいそがしいので御免。

posted by みのさん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年05月02日

白根葵

昨日の雨降りから今日は晴天になり湿気を含んだ風が健やかな気分にさせてくれる。
明日からの三連休は好天に恵まれるとともに塩の道祭りもあり、小谷村、白馬村、大町市と新緑の里山道中は大いににぎわうことだろう。
今日は暖かくなったせいか白根葵の一番花が開花してくれた。
2017_05_02_9999_2.JPG
カタクリとキクザキイチゲは庭の彼方此方に時間差で咲いてくれている。
2017_05_02_9999_26.JPG
ヒトリシズカは増殖しているようだ。
2017_05_02_9999_40.JPG
戸隠升麻はいちはやく満開状態になった。
2017_05_02_9999_18.JPG
高山植物系の春は早い。
posted by みのさん at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年05月01日

衣替えならず交代する

5月に入った事だし暖かくなったようなので地下の部屋も冬から春にチェンジした。
ついででは無いのだが、新しいスーパー・ツィーターの特注しておいた置き台が完成し到着したので、交代させた。
2017_05_01_9999_6.JPG
新スーパー・ツィーターは3インチのダイヤフラムを搭載するヘビーなもので、JBLM9500 のホーンの4インチに肉薄する。
その大きさも重さも桁はずれになるので普通のはめ込み式スピーカー台は役に立たず、特注の置き台を制作依頼することになったのだ。
置き台が完成するまでの間は厚めの耐震ゴムで支えていたが、ゴムらしいボケた音質で意気消沈していたものだが、天然木紫檀(シタン)製の置き台に替えてからはほぼ満足できる音質となりホッとした。
この気違いじみたスーパー・ツィーターに敬意を表してスピーカー・ケーブルを新調した。
ホット側には、高価希少な0.85mmのロシア製ブルー・シルク巻き紫エナメル銅線と1910年製32AWGウェスタン製ブラックエナメル銅線を組み込んだ。
グランド側には、現時点ではウェスタン22AWG絹巻きエナメル銅線にしているが、ここに明るさと元気が欲しいのでアンソニア製の24AWG絹巻きエナメル銅線を追加することを考えている。
現時点の音は、ジャズの演奏はほぼ申し分なしだが、クラシックのバイオリンの低音部に少し不満が残る。これは唯一無二のスーパー・ツィーターGEMとの比較からなのだろうがいたしかたない。
それよりも8個の大きなギョロ目で睨まれているようで、リスナー側に緊張を強いるかもしれない恐れがある。
まぁー、そんな時は、眼を閉じればよいのだ。
春らしい音が充満する幸せには代えがたい。
posted by みのさん at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | デットな部屋

5月のはじまりは雨から

昨日とは打って変わり5月の初日はしっとりと雨降りから始まった。
2017_05_01_9999_1.JPG
開花し始めた山桜が湿ったやや暗い景観に良く似合う。
2017_05_01_9999_3.JPG
雨後は山麓一面が芽吹き益々緑へと変貌していくことだろう。
白馬一帯の素晴らしさがこれから始まる。
posted by みのさん at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月30日

ヒトリシズカ

あっという間に4月が終わってしまう印象だが齢の所為かもしれない。
四月の最終日は暖かな好天気になり、これまで異常気象のためかいろいろな事象があったが、終わりよければすべてよしとしよう。
裏庭の残雪がほぼ消えようとしているなかヒトリシズカの一番花が開花した。
2017_04_30_9999_8.JPG
すこし遅れて群落のほうは一斉に開花しようとしている。
2017_04_30_9999_39.JPG
戸隠升麻の群落ももうすぐ開花するだろう。
2017_04_30_9999_38.JPG
庭がだんだん華やかになってきたので一人静に観察していよう。
posted by みのさん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年04月29日

桜の咲くころ

白馬村内でも桜が咲きだしてきた。
2017_04_29_9999_44.JPG
ほとんどが山桜系なので濃いさくら色が映える。
この調子だと今年の塩の道祭りは絶好のお花見しながらの練り歩きになるだろう。
一方、白馬岳の大雪渓では雪崩が発生して被害がでている。
稜線では未だ雪が降っているとの事なので寒暖の大きいこの季節の登山は危険がいっぱいだ。
2017_04_29_9999_2.JPG
洗濯船の庭は昨年に比べてほぼひと月遅れで戸隠升麻が一輪咲き始めた。
2017_04_29_9999_27.JPG
カタクリは満開になったようだ。
何となく眠くなる春だ。
そうこうしているうちに俄かに雲行きが怪しくなり、雨が降り風が吹き雷鳴が轟き、眠気を吹き飛ばしてくれた。
posted by みのさん at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風