2019年02月15日

福岡・長崎物産展

今日は朝から松本市井上デパートで開催されている「福岡・長崎物産展」に出かけてきた。
お目当ては、絶品の「いわし明太子やしゃけ明太」の中島商店が出展しているので、これを逃す手は無いと駆けつけたのだ。
催事場に入って真っ先に向かったのは、もちろん中島商店だ。
いわし明太子、しゃけ明太のみならず、さば明太もしっかり購入できて一安心。
お店の人に「沢山購入してありがとう。」とほめられてしまった。
さて、本日の目的は素早く達成できたので、これからはゆっくりと物産展を徘徊してみることにした。
あわよくば、「稚加榮の明太子」が出展していないかと、きょろきょろしたところ、何と!!、出展しているではないか。
博多の料亭「稚加榮」の明太子の美味しさと価格は伝説となっていて、中々購入できるものではないのだ。
今は、博多駅のデパ地下で購入できるようになったが、それ以前は予約して料亭まで出向かないと購入できなかった代物なのだ。
DSCN4077.jpg1.jpg
今回は、「切子」といった少しばかり崩れてしまっている明太子とチューブ入りの粒明太の二種類が出展されていた。
DSCN4078.jpg2.jpg
勿論、迷わず購入したのは言うまでも無い。
稚加榮の前でそうこうしているうちに、全く面識の無いおばさんが隣によってきて、「ここの明太子は美味しいのよね。」と言ってきたので、「勿論ですとも。」と、応えてしまったではないか。
所変わって長崎といえば「かすてら」は外せないだろう。
DSCN4079.jpg3.jpg
何店か出展していたが、当然試食して「異人堂の長崎かすてら」に決めた。
異人とはポルトガル人のことだろうし、かすてらはポルトガルの甘いパンのことだと言う。
異人堂のかすてらは、甘さやしっとり感をやや抑えていて、控えめな美味しさが際立っている。
こうした催事場では何時もの事だが、割り込みおばさんの出没やしつこい売り子おばさんの大声などで、疲れてしまうので、他にも購入したいものがあったがさっさと退散してしまった。
一転、デパ地下は静かで、ゆったりした気分で廻れたので、思わぬ良いモノが購入できた。
今夜のディナーは、当然、福岡・長崎づくしだ。
posted by みのさん at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2019年02月11日

思わぬホットな落とし穴

地獄の二月連休も何とかやりきりホット一息ついたところで、最近気になっていたデットな部屋に引き籠ることにした。
気になっていたのは、JBLM9500スピーカーとGEMスーパーツィーターのボーカルの定位が左に20cm程ずれてしまうことだ。これに増して音に何故か元気がない。
最初のうちは、加齢の所為で左耳の塩梅が敏感になっていて良くないのではと思い、綿棒で耳掃除をしたが定位は戻らなかった。
次に、アナログのカートリッジのインサイド・フォー・キャンセラーに責任を押し付けてみた。普段はほとんどキャンセラーをかけないでいたが、DL103の適正針圧2.5グラムの範囲内2.0程度をかけてみたが、少しばかりの5cm程度の定位移動がみとめられたが、全く足りない。
この後、ケーブルの端子への接続を調査したが、問題は見つからなかった。
こうなると、繁忙の疲れによる体調不良が原因ではないかと勘繰ることになり、病院のお世話になることを覚悟した矢先に、その前にと、とりあえずマイクで左右の周波数をグライコで見たところ、右側の一部高域に音が出ていないことを発見した。これは、ホーンのダイヤフラムがとんでしまったかと、一瞬青くなったが、JBLは私ほど軟では無い。
はっとして、パワー・アンプの裏側のスピーカーの接続端子をしっかりチェックしたところ、何と、右側の+側(HOT)が緩んでいるではないか。
これを締め直したところ、完璧に戻ることができたのでホットしたのは言うまでも無い。
思わぬ落とし穴にはまってしまっていたとは此の事だ。
DSCN4076.jpg1.jpg
チェックに使用したレコードは、中島みゆきの「私の声が聞こえますか」で、何とかなって目出度いことだ。
病院にいかないですんだのは儲けものだが、儲からないペンションは考え物だ。
posted by みのさん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2019年02月09日

好対照な連休の初日

例年通り二月の連休は、洗濯船も例外では無くどの宿も満員御礼になってしまう。
予約が出来ていないお客様からの問い合わせが、昨日まで続いてあったのも例年どおりだった。
ゲレンデの状況は、昨年と比べて雪の絶対量が少ないことと、高めの気温が雪質を悪くしていることだろう。
中々まとまった降雪が無いので、除雪する側としては楽なのだが、スキー・スポーツを行う側から見れば、楽しさが減退してしまうことになる。
今日の連休の初日は、少しばかりの道路での渋滞があったりするが、好対照なのは、八方尾根スキー場の駐車場が何処も満杯にならなく、ゲレンデはガラガラなのに対し、言って見ればマイナーな岩岳スキー場の方が混み合っていて、リフト券の購入に長蛇の列をつくっている。
また、平日のゲレンデは外国人が7〜8割を占めているが、連休になるとさすがに日本人が巻き返して4割ほどになるようだ。
明日は、午後から日本人の割合が減少するので、普段の通りにもどるだろう。
posted by みのさん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月07日

おつまみ三昧

何てったって小田原風祭鈴廣の蒲鉾だろう。
DSCN4075.JPG
三昧ながら三種の味わいが楽しめるのが嬉しい。
・焼かま
・いか入りげんこつ揚げ
・木の葉揚げ
今日は軽く炙って山葵醤油でいただいた。
本当はお酒のおつまみなのだが、ご飯のお供でも申し分ない。
posted by みのさん at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2019年02月06日

いわし明太子

明太子と言えば、博多の「ちかえ」なのだが、鰯は何と言っても千葉銚子産だろう。
そうして、鰯明太子となれば「那嘉島」に限る。
DSCN4072.jpg1.jpg
良質な明太子と新鮮な鰯のハーモニーに、お酒だけでなくご飯もすすんでしまうこと間違いなし。
今夜は、贅沢に一人一匹食べつくそう。
posted by みのさん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2019年02月05日

エスプレッソ・マシン

つい先日、19年連れ添ったサエコの全自動エスプレッソ・マシンが故障してしまい、メンテナンスの甲斐なく、水漏れの解消には至らなかったので、新しいエスプレッソ・マシンの導入を決意した。
早速導入したのは、同じサエコの全自動エスプレッソ・マシンのLirika・Plusだ。
DSCN4068.jpg1.jpg
現在の全自動エスプレッソ・マシンの動向では、圧倒的にディロンギなのだが、何故サエコかと言えば、珈琲の味わいそのものにある。
特にエスプレッソ珈琲のフレーバーにかんしては、ディロンギは一般家庭用であるのに対し、サエコはあくまで業務用としている点である。
さまざまなエスプレッソ・マシンが存在しているが、ここは譲れないのだ。
あわよくば、価額が5倍以上のチンバリのエスプレッソ・マシンと競えるほどである。
チンバリは、珈琲の抽出する人の感性をも反映するので、出来不出来が珈琲そのものの味わいになってしまうことがあるが、サエコの全自動は、この点において優秀なマシンであるので有難い。
サエコと言えども、一杯200円の珈琲に、高額出費をしてしまうのは如何なものか、と、効果の無い戒めを自己に問答している。
慰めなのは、先のサエコよりも味わいが、よりよくなっていて、洗練されている点だ。
最初の一杯からして美味しい。
posted by みのさん at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2019年02月04日

どしゃ降りの雨の中で

昨日の午後から降り出した雨は、夜半からどしゃ降りの雨になってしまい、洗濯船のお客様も今日はスキーを休止して、早々とご帰宅することになってしまった。
駐車場から車を出すにしても、特に慎重にしないと、スタックしてしまう。
昨夜は、洗濯船の前の道路で身動きできなくなったワンボックス・カーが2台、1時間以上ウオサオしていた。名古屋の緑ナンバーであり、スーツ姿であるので、おそらく外国人のお迎えに来たものだとおもうのだが、車は四輪駆動でもないし、チェーンやスコップも携行していないようなので、白馬を甘く見ていたのだろう。その後、どうしようもなくなったのか、おそらくお迎え先に徒歩で行って、車の脱出のお手伝いを頼んだのだろうか、大勢でスタックしている場所から人力で押し出したようだ。
見るに見かねて、雪掻き用の道具をお貸しはしたが、余り役にはたたなかったようだ。
今朝からは、周りでも車や人の動きは少なく、契約された除雪車だけの騒音が響いている。
このような日は、動かないことに限る。
posted by みのさん at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月02日

ごったがえす

今日は岩岳感謝祭りの所為か、駐車場への入庫待ちの渋滞のみならず、リフト券売り場も長蛇の列となっていた。
img032.jpg
久しぶりに、ごったがえす状況を目の当たりにして、尻ごみしてしまうのは私だけだろうか。
あとでお客様に聞いたところによると、ゴンドラに乗って頂上に着いたのは、11時になっていたとの事。
昨年に引き続き大抽選会も開催され、景品は約1000点あるので、当る率は相当高いと見込むが、どうだろう。
それに引き換え、八方尾根スキー場は閑散としていて、滑っているスキーヤーは数えられるほどだ。
訪日外国人のほうばかり向いていても、肝心の外国人にもそっぽを向かれてしまっては、立つ瀬ないだろう。
posted by みのさん at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2019年02月01日

晴れの日

二月の初日は天気予報に反して晴れの日となり、青空が一面に広がった。
DSCN4040.JPG
外気温もぐんぐん上昇して、屋根の融雪のスピードが上がり、雨だれのように流れ落ちてくる。
朝方は風もふいていたが、お昼前には弱まってきて静かな二月の入りになった。
お客様を送り出したとたんに気が温み、睡魔が襲ってくるので気合を入れ直さなければいけない。
未だ未だ細かい作業が残っていて、寝ている場合ではないのだ。
アナログ・レコードの掃除は先のばししているし、シェル・リード線を新調しなくてはいけなくなっているが、これも後回しになる。
今日は屋根雪の全部が落下するだろう。
posted by みのさん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月30日

じゃらんnetとの提携を解消しました。

じゃらんネットでのご予約受付を昨日から停止しています。
本日で、提携契約を解除します。
これまで、じゃらんネットでご予約され、ご宿泊いただきましたお客様には、ご迷惑がかかることとおもいますが、ご了承ください。
今後は、ポイント利用はできませんが、お電話などの方法でのご予約をおまちしています。
解消の理由は、じゃらんの経営方針にあります。お金になればどの様なユーザーでも予約を受付、宿側の意向を全く聞かない事にあります。一方的な押しつけと、予約受付後は、責任をとることはせず、予約者との齟齬は宿が対応させられるので、たまったものではありません。
当館は、これまで例外を除いて、原則、外国人のお客様のご宿泊はご遠慮いただいています。
これは、文化や宗教のみならず、過度な香水の匂い、食事の好き嫌い、自尊心の強さなど、宿側からすれば、設備投資の不足・不備、日本語の読めないお客様に対して、ネット上で書かれている宿の説明の重複説明と事後理解。これは予約者と宿泊者が別のために起こる問題なのですが、宿泊者が理解していないことが問題です。さらに、宿側からの国際電話を強要してきたりしますので、宿とインフォメーション・センターが同居していると勘違いしています。
例外は、一人のご宿泊ではなく、日本人の連れあいが同宿し、しっかりとしたコミュニケーションがとれれば問題はありません。
わざわざ遠い外国からご来訪されたお客様には、きちんとした日本のサービスを提供することが責務と考えています。
どこでも・誰でもでは、日本の品質を落としますので、やるべきではありません。
ネット予約では、これまでも数々の問題が発生していますが、じゃらんで特に多いのはキャンセルの多発です。
若い人を中心に軽い気持ちで予約を入れておき、間際になってからキャンセルしてきます。
また、無理難題を言ってきて、気にいらないとキャンセルしますが、出来ることはやれますが、出来ないこともあります。
さらに、クレームを言いますが、宿の説明をお読みにならないで、料金の安さだけで予約しているようです。
何度も繰り返すお客様に対しては、宿側ではブラック・リストとして登録しておき、このようなお客様のご予約は拒否させていただきます。
宿側としては、このようなリスクを避けることをしないと、営業が成り立たなくなってしまいます。
現在、じゃらんネットに代わって、YAHOOトラベルと契約内容等こちら側の意向を含めて考慮中です。

posted by みのさん at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板