2017年06月08日

梅雨入り

昨日いよいよ梅雨入りしたとのことですが、今日は正に梅雨らしい天候になっています。
しかしながら、明日は晴れ間が拡がるとの予報が出ていますので、例年どおりの肩すかしになるようです。
昨日、軒下に避難させておいたアンネの薔薇が目出度く花開かせました。
2017_06_08_1449.JPG
とてもチャーミングですが、新苗なので苗の負担を軽減するために切り花にしました。
ほんのりと品の良い香りを漂わせてくれています。
湿度が高く気温が低いので、体は楽になりますがスピーカーのコーン紙には良くないので、エアコンの除湿を入れようか迷うところです。
周りの緑が濃くなってきました。
ここでは風情のある雨降りが体験できますので、飽きることはありません。
posted by みのさん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月07日

アンネ・フランク

昨日とは打って変わってどんよりとしていて空気が重く感じてしまう。
自ずと室内が薄暗くなってしまうので幾分気持ちも沈みがちになるのが辛いところ。
こうした中で精彩を放っているのが今日開花し始めた鉢植えのアンネの薔薇(スヴニール・ドゥ・アンネ・フランク)だ。
2017_06_07_1432.JPG
ベルギー生まれで四季咲き中輪、ピンクがかったオレンジ色の花は半八重咲きで、周り一帯を明るくしてくれている。
今年未だ新苗なので大事に育てていかなければいけない。
一方で地植えの蔓バラ系カクテルは蕾をせっせと開花させてくれているので有難いところなのだが、下り坂の天候らしく雨粒が落ち始めてきた。
2017_06_07_1434.JPG
アンネの薔薇は軒先に避難させたが、カクテルは雨に耐えてもらわなければいけないところが心苦しい。



posted by みのさん at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年06月02日

大荒れのなかで

朝から大荒れとなり、早朝は日が射していたのに雷鳴が轟き、大粒の雨が大きな音をたてて落ちまくり、風は容赦なく太い木々を揺らしている。
おまけに日中の外気温が12℃までしか上がらないので肌寒く感じてしまう有様。
エアコンの自動を入れると当然のごとく暖房となり、室内は何とか18℃程度に保たれるので、鈍くなるが何とか活動できるようになった。
こんな時に日当たりが良い所為かメダカさんの水槽に入れたホテイ草があっという間、二日目で開花した。
2017_06_02_9999_1.JPG
メダカの赤ちゃんとホテイ草の花と両方楽しめるので得した気分だ。
何処か遠くでゴロゴロ音がしているのでオーディオのスイッチは入れられない。
仕方が無いので部屋の片づけと掃除でもしよう。


posted by みのさん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月01日

薔薇色の季節に

5月の終わりは荒れ模様で閉じましたが、6月はシットリとした気持ちの良い始まりになりました。
牡丹や芍薬の花は終わり、オオテマリは花が散りはじめて辺り一面白色の絨毯のようになっています。
今日は看板下のつるばら、カクテルが咲きだし曇天の空気を明るくしてくれています。
2017_06_01_9999_1.JPG
このほかの薔薇も蕾を沢山付けているので、次から次へと咲きだすことでしょう。
これからは薔薇の季節に入ります。
posted by みのさん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2017年05月30日

メダカの引っ越し

今日は朝から暑くてやる気が失せてしまう。
ぐだぐだしてても何も起こらないので重い体にムチをいれてやるべきことをやらなくては。
何をするかと言えば、ずうっとサボっていたメダカさんの引っ越しだ。
引っ越し先は、表が二か所の鉢と池。室内は3か所の水槽に。
メダカさんと一緒にエビさんとタニシさんも引っ越しした。
何時もの通りメダカさんは大きく目を開いてこちらを睨むが、知ったことではない。
このほかに、3つの水槽に楊貴妃と幹之と小川の卵のついたホテイそうをそれぞれにいれた。
エビは、体が大きくて気の強い大和エビを外の鉢と室内の大きい水槽に入れ、小さくて優しいミナミヌマエビを小さめの水槽5か所に入ってもらった。
今年はクロメダカに池にも入ってもらって冬越しに挑戦してもらおうと思っている。
モリアオガエルやヤゴなど天敵がいるので、いい迷惑かもしれないが我慢してもらうことになる。
そんなこんなで一日を費やしてしまったが、なんと、夕刻には卵が孵ってメダカの赤ちゃんが泳いでいるではないか。
明日から赤ちゃん用の小さな餌を与えなくてはいけないだろう。
ますます忙しくなってきた。
どうしてくれるのだ。
posted by みのさん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2017年05月29日

桜が見ごろ

見ごろの桜があるので出かけることにした。
幸い天候も良いので気分は晴れやかになっている。
気温が昨日よりも10℃程高いのが辛いところだが、花見がモチベーションを維持してくれている。
美麻に入り途中の絶景地である大藤で北アルプスを眺望すると、少しばかり春霞しているようだが、鹿島槍ヶ岳が凛としていた。
2017_05_29_9999.JPG
この見ごろを迎えた桜は「静の桜」として親しまれていて樹齢800年以上と言われているイヌ桜。幹周りは約8mで樹高は20m程とのことだ。
2017_05_29_9999_27.JPG
大町市美麻大塩地区にあり、普通の桜とは違い白い穂のような花を立てて咲かせている。
2017_05_29_9999_20.JPG
この桜には謂われがあり、兄に追われて奥州に逃避した源義経を追いかけた静御前が、「奥州」と「大塩」を何故か間違えて大塩まで来てしまい、精根尽き果てて持っていた杖を突き立てた杖がこの桜になったというもの。
静御前はこの地で亡くなり大町市薬師寺に母とともに墓があるとの事。
また、大町市には同行の牛が倒れた際に、静御前が「牛よ立て、牛よ立て」と言った場所が牛立という地名になっている。
この悲哀のこもった桜は今も静かに咲いている。
我が家のほうでは、例年一人静が早春に咲き乱れていて、静御前を彷彿とさせている。
2017_05_02_9999_40.JPG
今日は地植えの薔薇「テディ・ベア」が咲きだした。
2017_05_29_9999_32.JPG


posted by みのさん at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2017年05月27日

春らしく

今日の朝方は厚い雲に覆われていたが次第に日が射してきて、北アルプスには不穏な雲がからみついてたものの山麓は好天になった。
2017_05_27_9999_56.JPG
山々の雪解けが進み雪形がはっきりしてきた。
2017_05_27_9999_44.JPG
白馬岳にかけ上ろうとする代かき馬は代表的だが、
2017_05_27_9999_35.JPG
仔馬や、
2017_05_27_9999_21.JPG
種まき爺さん婆さんもはっきり姿を現してきた。
2017_05_27_9999_23.JPG
鶏は早いうちから形を表していた所為か少しばかり尾が崩れ始めている。
今年は例年に比べて雪形の表出が3週間ほど遅くなっていて、これに伴い田植えも遅くなっている。
2017_05_27_9999_33.JPG
未だ全ての田圃が田植えを終えていない状況だが、一期作だろうから心配には及ばないのかも知れない。

posted by みのさん at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月26日

芍薬

今日は朝から日が射したり、曇ったり、雨が落ちてきたりとはっきりしない。
はっきりしない私が文句を言うのも何だが、庭での作業が捗らなくて困る。
捗らないので仕方が無く花さんの写真を撮ることになるのだ。
蕾だった深紅の芍薬があっという間に咲いたのには驚きだ。
2017_05_26_9999_4.JPG
先に花開いていた薄ピンクの芍薬に追いつくような勢いで不思議なものだ。
2017_05_26_9999_18.JPG
このおかげで洗濯船の看板界隈が華やかになって真に喜ばしい。
2017_05_26_9999_16.JPG
そうこうしているうちに夕刻から土砂降りになってきて中々止まない。
文句を聞きつけて作業は諦めろということか。
明日は明日の風が吹くだろうから従うことにしよう。

posted by みのさん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年05月25日

クリンソウからキスゲへ

昨夜半から降り始めた雨はほぼ今日一日中止まなかった。
予報では明日もこの調子になるらしいので退屈になるはずだ。
雨の所為かもしれないが体調はすこぶる思わしくない。
もしかしたら日中の気温が昨日より確実に10℃程度低いので環境への適応能力に欠けているのかも知れない。
そうはいってもこんな日は室内の片付けをする絶好の機会なので、冬のあいだ地下のデットな部屋に押し込んでいた諸々を運び出したりした。行先はきまっていてスキー乾燥室になる。
単なる場所を替えただけというなかれ。毎年のごとく行き来するのだ。
無駄話が多すぎた。花に戻ろう。
昨日の晴れ間には小さなクリンソウが愛くるしくしていた。
2017_05_23_9999_2.JPG
一転、今日の雨模様の中では玄関の階段の脇でキスゲがここの一輪だけ咲きだした。
2017_05_25_9999_1.JPG
咲き始めが少しばかり早いように思うが昨日までの外気温が高かったことが関係しているのかもしれない。
それにしても雨中に咲くキスゲが映える。
明日は何処を片付けようかな。

posted by みのさん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年05月23日

オオテマリ

今日も晴れになったが、天候は下り坂らしい。
予報に依ればこれからしばらく晴れは望めないようなので貴重だ。
今年も元気にオオテマリに花がついてくれた。
2017_05_21_9999_13.JPG
最初は薄い緑色をおびているのだがだんだん真っ白になる。
2017_05_21_9999_11.JPG
青空や新緑にとても映えている。
足元では白の牡丹が一気に開花した。
2017_05_23_9999_23.JPG
見ごたえのある大輪だ。
雨は降らないがどんぐりの穂が降りまくっているので、しばらくは庭や道路の掃除を諦めて静観することにした。

posted by みのさん at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑