2023年01月21日

大雪・暴風は回避

昨日からの大雪・暴風の予報ははずれたようで、積雪は10cm程度、風はやや強く吹いたくらいで収まった。
こんなことなので除雪車の出動は無く、こちらも除雪機を稼働させなくて済んだ。
此のところ降雪量が少ないので、ゲレンデのバーンは固くしまっていて、滑走していて疲れてしまうとのお客様が多い。
そんな中、昨夜からの少しばかりの降雪のお陰で、今日のゲレンデは気持ちよく滑走できたことだろう。
来週は10年に一度の寒波が来襲するとの事なので、除雪機の点検を怠りなく待ち構えていることにしよう。
DSC02327.JPG
白銀の北アルプスが青空に映える姿は何時ものことながら素晴らしい。
posted by みのさん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月11日

氷の花咲く

今朝はとにかく冷え込んだ。
蒲団の中にいても冷え込みが伝わってきたほどだ。
DSC03231.JPG
洗濯船の周りの木々には氷の花が咲き乱れていて青空に映えている。
DSC03232.JPG
この光景も長くは続くことなく、外気温が上昇してくるまでのわずかなひと時のみ観賞できる。
厳冬の雪景色は美しいが冷え性の身としてはとにかく寒い。
posted by みのさん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月06日

白雪姫碑と白馬三山

このところは天候が安定していて除雪車と除雪機の出番が無くなっている。
外気温はこの時期らしく低く推移しているので雪質の劣化は少ない。
それでも朝晩の道路はスケートリンク状態の場所が多々ありスピードは控えめにが身にしみることもある。
DSCN1330.JPG
八方尾根スキー場の頂上を少し上がったところに白雪姫の石碑がある。
本当のところは白馬大竜王 妙法 八大竜王 白雪姫弁財天碑が正式な名前なのだがやたら長いので白雪姫碑と簡略してよんでいる。
ここからの白馬三山の眺望はお気に入りなので撮影する機会が多くなる。
ここから一時間ほど上がったところに八方池がありここの眺望もすばらしいのだが厳冬期の最中は池が雪に埋まって隠れてしまうので八方池まで行くことはあまりない。
来週からは外気温が高めに推移するとの予報なので雪質の劣化が避けられないのだろうからいまが頃合いといったところだろう。
posted by みのさん at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2023年01月01日

来た年には

新年明けましておめでとうございます。
本年も相変わらずよろしくおねがいします。
DSCN1562.JPG
新年早々の除雪作業は免れたようなので、例年に比べて睡眠時間が確保できそうです。
今年の目標は、「うさぎ追いしかの山小鮒釣りしかの川」と、古を懐かしむことは抑えて現状をしっかり観察しこれからのいくすえをかんがえることにしようと思っていますが、どうなることやらと曖昧模糊となっています。
まあー、いつも通り、やれることはやりますが、やれないことはやらない。ことを継続していくことになるでしょう。
頑張ることはしないようにします。
白馬が自分のふるさとになってきたようです。

posted by みのさん at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月31日

行く年は

DSCN0216.JPG
大晦日は記憶にないくらいの穏やかな日和になった。
澄み渡る青空が広がり風もなく最高の眺望とスキーが堪能できるこのような日はシーズンに何日もないのが普通だ。
今年の世情とは裏腹な最終日に誰かがプレゼントしてくれたのだろう。
何とも不可解なことばかりが横行したとの印象が深い年だったのだろうかとの思いがよぎっていく。
くる年はきっと良いことが沢山あるのではと期待が大きく膨らんできた。
何はともあれいろいろと助けられて何とか無事にこの日を迎えられたので悪くない年だったということにしよう。
posted by みのさん at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月20日

雪景色

12月の積雪としては最近ではめずらしくなったほどの降雪量となっている。
DSC03227.JPG
やり残している冬支度は今日こそ終わりにしなくてはなりません。
久しぶりの晴れ間が覗く今日が潮時といえるでしょう。
DSC03224.JPG
しかしながら、すぐに雪景色を堪能してしまう性格であるからして早々に脱落状態に陥ってしまうのは何時ものこと。
それでも気力を振り絞って作業を進めることにしよう。
今回の雪質は、最近の白馬らしく湿気が多めなので雪の重量が除雪作業の負担になっていて、筋肉痛を誘うほどだ。
木々の枝に張り付いている雪塊は、日に当たると落下が連鎖するので頭に命中すると衝撃が走る。
この程度の積雪で落ち着いてくれると何かと助かるのですが、始まったばかりというのが現実だろうから畏れるばかりだ。
早く作業に取り掛からなくては。

posted by みのさん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月15日

初出動

DSC03208.JPG
あろうことか夜中の2時過ぎに除雪車がやってきて道路の雪を左右の敷地に押しのけていった。
全く余計なことをしてくれるものだと憤慨しても始まらない。
我が家では昨日のうちに道路の雪を含めて除雪しておいたにもかかわらず、どこからか運んできた雪塊を入れられてしまったので再度除雪しなければならなくなってしまった。
重量のある雪塊はスコップでは歯が立たず除雪機のローターで粉砕しなければならない。
そんなんで、いみじくも我が家の除雪機が初出動と相成ったわけだ。
除雪をしたという実績づくりだけで周りの迷惑なんぞ気に掛けることもないのは、特に除雪に限ったことではないのが日本の現状なのだろう。
posted by みのさん at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月10日

五竜スキー場はオープン

昨日に引き続いて陽射しが眩しい日和になりました。
DSCN0760.JPG
白銀の五竜岳
来週からは冬らしくなるとのことですので、今のうちに冬支度を終わらせたいと頑張っています。
昨日は所要で長野市まででかけましたが、白馬に比べると市内は暖かく感じました。
やっぱり白馬は寒いところだと身をもって実感できました。
五竜スキー場がオープンとのことですが、上部のみで山麓はまだ滑れる状態ではありません。
八方尾根スキー場はこのところの暖かさで積雪の範囲が後退しているようです。
皆さん来週の降雪を期待しているようですが、大きな雪だるまマークの予報は出ていませんので神頼みになります。
posted by みのさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月03日

寒い朝

今朝がたは冷え込みが厳しく、蒲団から出るのがとっても辛かった。
一度おきたりしたのも束の間、今一度蒲団に逆戻りしたりしたが、観念して這い出したりした。
DSCN0801.JPG
北アルプスの峰々は真っ白に雪化粧していて、何とも言えない美しさなのだが寒さは消えないのが辛いところだ。
そうこうしているうちに、お昼近くになるとぐっと暖かくなってきたので、ぎこちない動きがスムーズになってきた。
こうして見る白銀の山は神々しいではないか。
作業も捗るというものだ。
posted by みのさん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月02日

白馬山麓は初雪になりました

夜半から気温が下がり始めて明け方には雨から雪に変わってきました。
DSCN0119.JPG
未だ本格的な降雪とまではいかないのですが、うっすらとした積雪があり冬らしくなってきました。
そんなんで、本日の作業は休止することにして骨休め日にしました。
明日からまた雪囲いなど再開します。
寒そうな景色ですが本当に寒いです。
posted by みのさん at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年12月01日

じゅうにがつ

カレンダーも残り一枚になりました。
今日はぐっと冷え込み、日中の外気温も4℃までしかあがらず、昨日とは10℃以上も下がりました。
DSCN0785.JPG
山々には白い便りもぐっと下がってきて、凡その標高で千メートルあたりまで来ています。
このため冬支度に精を出さなければいけなくなり、寒い中での作業となり自業自得をかみしめることになりました。
明日も頑張らないといけません。
師ではないのに走らされています。
posted by みのさん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月05日

見ごろになってきた

今日は薄曇りの中にあって肌寒いと感じてしまいます。
DSC03187.JPG
洗濯船の裏庭では紅葉が見ごろになってきました。
DSC03191.JPG
白馬山麓の紅・黄葉は、見事といってよいころ合いになっています。
飛び石連休とコロナの拡大傾向の影響か、観光客はまばらで静かな時節になっています。
我が家では、屋根の洗浄を終えてペンキ塗りは道半ば状態です。
晴れて外気温が高い方がペンキの起源が良いので、今日は落ち葉掃きに専念して明日からペンキやさんに転職します。
しかしながら紅葉を前にすると、なかなか捗らないのが何時ものことなので、半分諦めながらとなります。

posted by みのさん at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月28日

オレンジ色はめだちがりや

よどんだグリーンな空気感の中にオレンジ色があるととても目立つことといったらありゃしない。
DSC03020.JPG
ヤブカンゾウは洗濯船のみならずエコーランドのあちこちで咲きだしているのが車の中からでも発見できるぐらいだ。
DSC03032.JPG
我が家のもう一つのオレンジ色は北海道産の小さなユリでそおっと咲いているので目立たないかといえばさにあらずだ。
目立ちがりやを隠してはいるがそうはいかない。
一方で、澄んだ白色の夏椿が今日は三輪いっぺんに咲きだした。
DSC03035.JPG
淑女の様相なのだが、花の命は短くて一日でポトンと落ちてしまう。
よく観察しないと見過ごしてしまうので要注意だ。
なかなか天候が安定しないので庭の手入れが進まない。
今夏も謀られたコロナ禍の自粛体制になるだろうから楽しい夏は来ないことになるだろう。
posted by みのさん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月16日

戻り梅雨

今週は晴れ間が少なくて湿気たっぷりの戻り梅雨模様になった。
お陰で庭の苔さんたちは元気いっぱいになり、キノコさんたちもすくすくと育っている。
DSC03001.JPG
紫陽花の色づきが増してきて見ごたえ充分なのは言うまでもない。
こうした中で連休の始まりは午前中に太陽が顔を出してくれたので気持ちよい空気が流れている。
DSC03003.JPG
モリアオガエルさんもオタマジャクシから蛙に変身し始めていて、彼方此方に姿を見せている。
そろそろ二回目の梅雨明けがあるだろうから、コロナ対策よりも暑さ対策をしない事には夏を越せないのではと思うが、風の通り道を作るための裏庭の草刈りをする気力がでない。
心技体が上手く整えられるかが問題なのだが、単なるやる気が出ないだけたろうと言うなかれ。
気力だけでは如何ともしがたいこともタマにある。
posted by みのさん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年07月09日

梅雨は終わってしまったけれど

このところ過ごしやすい日々が続いているような。
DSC02995.JPG
遅まきながら洗濯船では何時も梅雨の季節に咲く花、紫陽花がこれから満開に向けて開花しはじめている。
DSC02991.JPG
サラシナショウマや鳥足升麻は優しい風に揺れていて涼しそうだ。
DSC02989.JPG
東京都心に比べると白馬は体が冷えてしまって困るくらいだ。
IMG_20220707_110403.jpg
柴又帝釈天では産湯をつかることはなかったが、贅沢して名物のウナギ重を食し、これまた名物の草団子(高木屋)をお土産に購入し、自宅に帰りついてすぐに食す。
IMG_20220707_120005.jpg
柴又帝釈天一帯はフーテンの寅さん一色の様相をしていたりする。
IMG_20220707_120013.jpg
しかしながら帝釈天の60日毎の庚申祭りはコロナ禍で中止しているらしい。
それでも日蓮上人が板に書いたと云われる帝釈天像は遠目ながら拝観できたのて目的はほぼ達成できたのて良しとしよう。
今回は、京成電鉄での旅にした。


posted by みのさん at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年06月29日

暑いこと甚だしい

昨日に引き続いて今日も暑い。
DSC02965.JPG
洗濯船の庭での30℃超えは、いたって厳しいものがある。
木々の日陰の中ですらこの状況なので、日当たり抜群の箇所(ほとんどの家は木々を残らずに切り倒してしまっている場合が多い)は、熱射となっていることだろう。
このような時は体が暑さに順応するまでおとなしくしている方が賢明というものだ。
そうはいっても、用事ができてしまったりして思い通りにゆかないものなのだが、頑張らないようにして過ごす事にしている。
DSC02968.JPG
いつものことだが、花さんたちに和ませてもらっている。
DSC02969.JPG
午後になって少しばかり風が吹いてきたので、暑さも和らいだような気がするが、気だけかもしれない。
戸隠升麻が種袋をつけたので収穫した。
暫くしてから種を取り出して鉢に蒔こうとおもう。

posted by みのさん at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月24日

徹然桜(てつねんざくら)

白馬村の桜は最盛期を迎えて華やかになっています。
今年の桜は色合いも濃く見ごたえ充分です。
DSC02646.JPG
伝行山の徹然桜も積雪のため一部分で枝折れしましたが、元気にしだれています。
しかしながら、今現在咲いている桜は残念ながら連休までは持たないと思います。
我が家のヤマザクラは未だ蕾が膨らんだぐらいなので連休には咲くのではないかと期待していますが、色合いが白っぽいのであまりめだちません。
いよいよグリーンシーズン突入です。
5月4日は、例年ですと「塩の道まつり」ですが、コロナの影響で二年お休みになりました。
今年は200名限定募集で、白馬マイスターと歩く塩の道ツアーと称して開催することになりました。
私はマイスターとしてご案内することになりました。
このため洗濯船はお休みします。

posted by みのさん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月03日

またもや駅弁まつり

いつの間にか四月になっているのに気が付いたのには驚きだ。
ボンヤリしていたら今日は午後から雨降りになってきていて、雪降りはどこかにいってしまったのだろうか。
これはこれとして、今日は駅弁まつりだ。
案内には「関西」となっていたようだが、実態は北海道と東北の駅弁を購入してしまった。
右から、八戸、千歳空港、旭川の駅弁。
DSC02527駅弁まつり.jpg
駅弁は雲丹・イクラが入っている方が手に取りやすいので、自ずから北よりになってしまうことが多い。
本当は列車の車窓から景色を見ながら食べる方が美味しいのだが贅沢は言えない。
車窓からの景観を想像しながらだべることにしよう。

posted by みのさん at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月25日

春が近くまで

今日は風もなく暖かで春うららのようだ。
朝方は冷え込んだものの日中は気温も上昇してきて雪解け後の地面が温められたのだろう、フクジュソウが一輪だけ開花した。
DSC02523.JPG
去年まではこの場所にはいなかったはずなので、どこかから飛んできたのだろうか。
何時もの場所では雪割草が開花している。
DSC02525.JPG
この花も庭の彼方此方で咲きだすので踏まないように注意しなくてはいけない。
今年はまだまだ残雪が多いので、順番に咲きだすだろうから花のシーズンがいつもより長くなるかもしれない。
春が近くにまでやってきているらしい。

posted by みのさん at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月16日

風に乗って

今日は薄曇りになって青空が霞んでいる。
DSC02442.JPG
此のところ風が運んできた砂が白い雪を薄茶色にしていて、汚れているように見えてしまう。
特にスキーゲレンデに縞状になった砂粒は美しくないし、滑りに支障が出るので困る。
遠くの北アルプスの眺望では砂色は確認できないし、霞んでいることもあり景観の支障とはならないのが幸いだ。
お昼ごろになると風がでてきて、時折強風になるのでそのたびにゴンドラがストップし一時的に宙づり状態になる。
ゲレンデの雪質はこのところの暖かさで「腐れ雪」になってきていて、気持ちよさにおいては半減している。
それでも今シーズンは雪の量が豊富なので今しばらくはスキー滑走はできそうだ。
DSC02461.JPG
私は今回でスキーシーズンを終えることにしようとおもっている。
スキーリフトのシーズン券があるので、天候によっては写真撮影に出かけるかもしれない。
その時はスノーシューを履いて散歩することになるだろう。

posted by みのさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記