2019年06月07日

歴史紀行(西浜七谷のうち能生谷・早川谷・西海谷・根知谷)

梅雨入りの前日となった昨日は、白馬公民館の歴史紀行「糸魚川の自然と歴史探訪」に参加してきた。
講師は何時もの田中元二先生だが、歴史紀行なのでサンダル履きのいたって軽装なのが、この講座の特色になっている。
そうは言っても、参加者のほうは、それなりの装備になるのも何時もの事だ。
今回は白馬から国道148号線で小谷村を抜けて、新潟県に入り、一番手前側の根知谷から始まった。
根知谷では、根知城の直下にあるしっかり苔むした「村上」義清の墓」に行き、信州坂城の領主時代での武田晴信(のちの信玄)との合戦や、その後城を追われ上杉謙信を頼り、根知谷の根知城を捲かされたことなどの説明を聞いた。
DSCN4729.JPG
この塚の前での田中元二先生の話は武田信玄に及び、白馬村にあった城などを攻め落としたことに関連して、打ち取った大将などの首を晒し、とても残酷・非情なことをした武将であることを強調されたが、賛同することはとても出来ない話しだ。
そもそも戦国の世は、敵の大将を打ち取った証として、大将の首を晒すのは常識となっていた。晒した首を首実験して本物の大将であれば、この戦いを正当化でき、負けた方が罪人となるのが戦国時代なのだ。
小田信長も晒し首を何度も行っていて、本能寺の変では、自分の首が晒されることを避けるために、自害ののちに跡かたも無くなるように焼き切ったと言われている。このことから、光秀は首が無いためにこの謀反を正当化できず、秀吉は「信長様は生きているので、謀反の光秀を討とうと」配下を結集することができた。
この点に関しては、認識違いであることを明言しておきたい。
その後は、根知谷の奥に行き、千国街道沿いにある「杉之当」にいった。
ここは平家の落人伝説の集落と伝えられていて、そこにある大きな杉の木を目当てに集落を作ったので「杉之当」という地名になったのだそうだ。
DSCN4734.JPG
現在の大杉は、昨年2本のうち一本が折れてしまい、跡かたずけされていないので無残なことになっていて、杉の真下の岩洞にある白山社には近寄れなくなっている。
続いて、西海谷の「羅漢和尚の墓」にいった。
DSCN4745.JPG
今回、この紀行に参加した最大の目的と言ってよいほどであり、中々個人で行くには道のり厳しく期待していたのだ。
写真などでは知ってはいたのだが、初めて目にしたものは想像をはるかに超えたお墓であった。
即身成仏を願ってこの岩穴に籠った羅漢和尚だが、成仏できずに這い出してしまった話があるが、庶民的でもあり、さもありなん だろう。
感激を後にして、来海沢(くるみざわ)に行いき、ここは天台宗系の山王社(日吉神社)になっている。
山王も日吉も猿に縁が深い。
狛犬ならぬ狛猿が迎えてくれた。
DSCN4759.JPG
次は真光寺に行き、大銀杏と境内の阿弥陀堂にある如来に参拝をした。
DSCN4764.JPG
元は七堂伽藍の揃った大きな寺があったとのことだ。
池があり、その縁には稚児塚があるが、素通りしてしまった。
次に、早川谷に入り、月不見の池で昼食になった。
DSCN4768.JPG
この地は、焼岳火山の噴火と地下から噴出した溶岩(凝灰角礫岩)で出来た地形なので、特に変わっている。
これは、溶岩の進行が、余りにもゆっくりだったためと、傾斜の緩くなったところで止まった事によるものだろうと言われている。
また、水深の浅くなっていた池の中にある岩にはその後がくっきり刻まれていたが、水深が浅くなったのは、池の水漏れ対策として池底をコンクリートで覆ったところ、水源まで覆ってしまい浅くなったとのことだ。
浅知恵とはこのことだ。
昼食の後に、真言宗豊山派の日光寺に行き、納骨堂の謂れなどの話などを聞いた。
京の都からは北東の鬼門にあり、行基上人に銘じて作らせたとの話がある。
幾度の火災があり、本堂は何回となく建てられているが、少し離れた阿弥陀堂だけは火災に遭わず往時の姿をとどめている。
ここの堂の境内でのお祭り、「日光寺けんか祭り」は、よく知られている。
直ぐ近くにある「田沼藩陣屋跡」を見送り、能生谷へは景観の良い高倉経由で入るが、今日は霞がかかっていて何も見えなかったのが残念だった。
能生谷に入ってからは、日本海方面に向かい、海岸沿いの筒石集落と漁港、船小屋を散策した。
DSCN4770.JPG
北国街道沿の筒石集落の生活空間は、これぞ歴史的な街並みであり圧巻であった。
見慣れた海沿いの糸魚川市もよいが、谷あいに存在する史跡と集落は見逃してはならないところが多い。
もっとよく散策して、平地人にこれを語りて戦慄せしめれば と思っているが、何時のことになるやら。


posted by みのさん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月31日

白馬山麓めぐり1

28日の山麓めぐりは、佐野坂スキー場駐車場をスタートして、堀之内西光寺跡まで、およそ10qの行程で行われた。
参加人数も全体で25名程になり、まあまあ賑やかに巡ることができた。
最初の巡り先である佐野坂十二社は、駐車場の直ぐ脇にあり、わずか数十歩の距離なのだが、訪れたことのある人は思いのほか少なくて、この社の説明に少しばかり時間を費やしてしまった。
この社でお勧めの石仏は、何といっても十二支8仏石像と善光寺三尊石仏なのだ。
千手観音は、子で12月生まれ
2019_05_30_5996.JPG
虚空菩薩は、丑・寅で1・2月生まれ
2019_05_30_5997.JPG
文殊菩薩は、卯で3月生まれ
2019_05_30_5998.JPG
普賢菩薩は、辰・巳で4・5月生まれ
2019_05_30_5999.JPG
勢至菩薩は、午で6月生まれ
2019_05_30_6000.JPG
大日如来は、未・申で7・8月生まれ
2019_05_30_6001.JPG
不動明王は、酉で9月生まれ
2019_05_30_6002.JPG
阿弥陀如来は、戌・亥で10・11月生まれ
2019_05_30_6003.JPG
の、それぞれが守護神になっている。
この十二支像は、大変珍しく全国的にみても少ない。
私の知る限りでは、四国八十八巡礼の第40番、観自在寺にあるものしか知らない。
2019_05_30_5994.JPG
善光寺三尊は、中央に阿弥陀如来、脇侍の右は、観音菩薩。左には、勢至菩薩がいて、これを善光寺様式としている。
白馬には、塩島の専念寺にあるものと2体のみになっている。
ここの十二社は狭くて小さいながらも39基もの石仏があり、見どころ満載になっているのだが、知名度は低い。
2019_05_30_5993.JPG
時間の関係もあり、紹介はしなかったが、参加者のお一人のご婦人から、珍しいと尋ねられた石仏があり、後日、飯綱権現であることを確認した。白いキツネに乗っていたので間違い。
2019_05_30_5992.JPG
今回は、もうひとつ面白い石仏があったのだが、お話すると、とても長くなってしまうので先のばしにしたこの庚申塔は、青面金剛像を刻むものだ。この先何度もお会いできるのでお楽しみといったところ。
このほか、西国・坂東・秩父巡礼の痕跡と祈念石像が多数あって、このツアーの参加者は知らず知らずのうちに巡拝していることになる。
つまるところ、この先の極楽往生は約束されたも同然だろう。

posted by みのさん at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月24日

双体道祖神

昨日は、来週実施の「白馬山麓めぐり」ガイド予定コースを午後から下見をしてきた。
村内の南端の佐野から出発して、東側の山麓を堀之内まで、約9qの行程になる予定だ。
途中、内山地区にある南北二つの道祖神のうち、北村の道祖神の場所を確認出来ないでいたが、丁度畑仕事をしていたご婦人に尋ねたところ、少しばかり奥まったところに鎮座していた。
DSCN4695.JPG
道祖神の直ぐ近くで作業していた方に、ここは昔の古道であったこと、光背があるので像に雨がかからなくなっている、神城地震で転げ落ちてしまい、元の所に持ちあげるのに大変だった、などお話を伺うことができたので、しっかり確認できたのが幸いだった。
この道祖神は、厚みのある大きな岩に掘られていて、素晴らしい出来栄えで、見ごたえ十分な風格を持っていると感じた。
双体道祖神のお二人の顔は、畑仕事のご婦人と作業中にもかかわらずお話をしてくれた男性のように、とても優しい表情だったのが印象的だった。
また、この道祖神からお別れする際に、ご婦人から「いつも後ろの方から見守ってくれています。」とのお話があり、感銘をうけてしまった。
来週、皆さんをご案内してくるのが、とても楽しみになった。
posted by みのさん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月20日

青鬼集落から善光寺古道で通集落へ

今日は下り坂の天気予報だったが、白馬村公民館のガイド養成講習会で、田中欣一先生と塩島から青鬼集落へ行き、その後、今は滅多に使われていない善光寺古道を通って、通(かよう)集落まで下りてきた。
姫川から1.5qほど東側の山麓を上り詰めて青鬼に着く。
DSCN4684.JPG
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている集落で、正に桃源郷と言えるほどの山村景観が残されている貴重なところだ。
集落に入って直ぐの所に向麻(むこうあそ)石仏群があり、ここの双体道祖神が素晴らしい。
DSCN4670.JPG
また、庚申塔の青面金剛像の彫りもとても良く見ごたえがある。
DSCN4675.JPG
この青面金剛は、帝釈天の化身であって、東寺展で撮影した帝釈天の写真が印象に残っていたので感慨が深くなった。
集落の中ほどにある、お善鬼の館で一休みし、青鬼下堰の展望広場まで行き、馬場遺跡を俯瞰した。
DSCN4677.JPG
そこから引き返して青鬼神社への長い階段を登ったところで昼飯休憩となった。
DSCN4688.JPG
昼食後に阿弥陀堂石仏群に行き、木地師の銘の掘られている庚申塔や力石を散策した。
阿弥陀堂の脇の善光寺古道を暫く登り、途中から通集落への下り道を通り集落まで下りてきた。
DSCN4692.JPG
通薬師堂を開けていただいたので、薬師観音を拝ませてもらうことができた。
今回はここまでで講習会を打ち切った。
雨が落ちてくる前に終了できたので、祟られなかったのは幸いだった。
青鬼集落に行く途中で、笹の花が咲いているのを見つけた。
DSCN4669.JPG
とてもめずらしいことで、笹は花が咲くと枯れてしまうと言われている。また、不吉な事が起こるとも言われている。
やっぱり祟られているのかもしれない。
posted by みのさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月11日

今日は暖かさを通り越して暑い。
もう季節外れと言えてしまうほど開花が遅れたわが家の桜が、やっとのことで満開になった。
2019_05_11_5799.JPG
周りを見渡せば、やっぱり同じ品種である山桜が満開にになっているので、我が家だけが特殊では無いので安心した。
一方で、まだ小さいながらも同時季に開花した裏庭の一本の桜は八重咲きだ。
2019_05_11_5810.JPG
鳥だと思うのだが、何処から運んできたのか解らないので山桜では無いと思うし、若干濃い色合いのように感じる。
そういえば、八重桜も開花が遅く、丁度良い咲き具合になっていた。
とにもかくにも目出度いので、今晩は裏庭の美味しい食べごろの山菜コシアブラを天麩羅にしよう。
これですっかり春らしくなった。
posted by みのさん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月30日

シットリとした中での芽生え

四月の最終日は、小雨降るシットリとした空気の中に包まれた。
2019_04_30_5675.JPG
裏庭の森の中では、若芽が芽生え始めていて、何とも言えない色彩感がうまれている。
2019_04_30_5673.JPG
大山桜の花は、未だ何とかもちこたえていて、花と葉の二重奏をかなでているようだ。
2019_04_30_5659.JPG
明日からは、メイとサツキの活躍する季節に突入する。
posted by みのさん at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月27日

なごり雪 のような

予報通り、お昼過ぎからは雪降りになった。
しかも、横殴りの吹雪のようでもあり、ほぼやけくそのように、舞っている。
しかしながら、外気温が思っていたほど下がることが無かったので、降り積もることにはならないだろう。
開花した大山桜は、これしきの雪ぐらいではびくともせずに、濃いピンクを漂わせている。
二年前、庭の彼方此方に蒔いたシラネアオイやトガクシショウマ、白花のエンレイソウなどの芽が出てきた。
発芽に二年かかることは聞いてはいたが、本当だったので、驚きと嬉しさが入り混じった感慨がわき上がり、自然界の不思議さを垣間見ているようだ。
今日の雪降りが最後になることを祈念しつつ、イルカのなごり雪を口ずさもうではないか。
もうひとつ、桜には「やすらえ 花や」と、元気づけることも忘れてはいない。
それにしても、大型やけくそ連休の初日は寒い。
posted by みのさん at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月24日

花祭り

本日、時折降り注ぐ小雨の中にあって、白馬の大山桜がほぼ一斉に咲き始めた。
このような事は珍しくて、何処もかしこも濃い目のピンクに、西行法師ではないが見入ってしまうほどだ。
本来ならば、色づき始めてから、数日ごに開花し始めるのだが、この時を待っていたかのように開花し始めたので、感激もひとしおだ。
貞麟寺や伝行山のしだれ桜が気になるところだが、天候不順なので明日お見舞いにいくことにしよう。
今日のところは、一人で花祭りをしよう。
「やすらえ 花や、やすらえ 花や」

posted by みのさん at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月15日

古より稀なり

杜甫曰く、人生七十年
古より 稀なり
と、
歯が折れないように、よく噛み締めよう。
最近、不幸の手紙が届いた。
中身は、新しい保険証。
太い字で、2割と書いてある。
何でも、来月の一日から使用できるらしい。
今日は一日中大風が吹きまくり、接ぎ木した鉢などが入っていたビニール温室もろとも吹き飛ばし、中がぐちゃぐちゃになってしまった。
大荒れの日であったが、我の日らしいく、ぴったりでもある。
何かが変わるのかと言えば、なんでもない。
稀人になってしまっただけだ。
カタクリが開きかけてきた。
DSCN4485.JPG
ショウジョバカマは開花した。
DSCN4487.JPG
春の嵐は、白馬ではこの季の行事なのだ。

posted by みのさん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月13日

暖かい日

今朝は霜の心配もいらなくなって気が楽になった。
日中もぐんぐん気温が上昇してきて、体が動きやすくなったように感じる。
こんな事だからか、植え替え、挿し木と順調に進んだので、筋肉痛は別にして余裕も出てきた。
とはいえ、日の出ている時間帯が長くなったのは事実なのだが、白馬村の西方には雪を抱いた北アルプスが高くそびえているので、日の入りは早い。
DSCN4472.JPG
ひが傾き始めると陰影が深くなり、思いがけない情景に巡り合えるので油断してはいけない。
自然の妙にはいつも驚かされる。
posted by みのさん at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月12日

桜咲く

今日は天候が回復傾向にあり、外気温も上昇してきたので、庭での作業もやる気がでてきたようだ。
ずぅーっと気になっていたことをやるには、この期を逃すのはよろしくないので、直ぐに支度をして始めることにした。
二つの大きな鉢植えの樹を地植えすることなのだが、樹高は2mくらいになっていて、鉢の中では根詰まりしているのは疑いようが無い。
大変なのは、穴掘りなのだ。
ここの地べたは、掘れば石ばかり出てくる、平川の扇状地で、河原といってもよいほどなのだ。
当然普通のスコップでは役に立たないので、頑丈なスコップで臨まなければいけない。
凡そ一時間ほど費やして植え替え用の穴を掘り上げ、土壌改良用の土と培養の土と腐葉土、赤玉土、鹿沼土に肥料と骨粉を混ぜ入れて、樹を鉢から外して植えこんだ。
ここで疲れてきたので、午前の部は終了とする。
午後からは、場所を変えて、同じように掘り上げ、土や肥料をいれ込み、ここも鉢から外して植えこんだものだ。
ここで、疲れはピークとなり今日の作業は終わり。
何故か筋肉痛が直ぐに来てしまった。
DSCN4447.JPG
室内では、折れてしまった山桜の枝を花瓶に挿しておいたのだが、今朝がたは玄関近くで、午後には二階で開花し始めた。
室外の花瓶の蕾は未だ硬く締っているので、開花は一カ月後ぐらいになるだろう。
DSCN4459.JPG
イワウチワは、午後の西日も嫌いでは無いようで、はしゃいでいるようだ。
posted by みのさん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月06日

芽を醒ます

昨日に続いて日が射しているので、今日も庭仕事にせっせと精を出さなければいけない。
ただし、風がやや強く吹きすさぶ中、花粉の量も半端が無いほど舞っているので、防御マスクは必携だ。
DSCN4417.JPG
ユキワリソウが花束のように固まって咲いている。
DSCN4420.JPG
節分草は昨日より大きく花開いた。
この時季は、花の植物にとっての植え替え時なので、何としてもやり遂げなければいけないのだ。
特に、鉢植えから地植えにするのは、このタイミングが重要なので、わき目も振らず穴掘りを続けていく。
新しい土とたっぷりの水で、直ぐに芽が動き出すのが解るくらいだ。
薔薇の冬囲いを外すと、既に芽を醒ましていて、開花を急いでいるようだ。
それにしても午前中一杯で、疲労満杯になってしまい、力が出なくなってしまうのは、困ってしまうがどうしようもない。
しかも、夜更かしの朝寝坊の癖はもう治らない。
寝ぼけ顔もどうしようもないが、眼を醒ますのは苦手だ。

posted by みのさん at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月05日

気温上昇

今日は朝方から日が射し始めると、どんどん外気温が上昇していき、お昼ごろには18℃辺りにまでになった。
真冬の日射しとは違っていて、強く照りつけているように感じる。
未だこれから何日かは雪が降るようなのだが、薦をかけている植物が蒸れてしまうので、急きょ外すことにした。
外したとたんに椿は気持ちよさそうに風になびいているし、石楠花は大きく枝・葉をひろげて伸び伸びとしている。
大山蓮華はそろそろ動き始めようかとしているようだし、薔薇は新芽が既に活動していた。
庭では、フクジュソウが溌剌としている。
DSCN4402.JPG
セツブンソウは初めての開花だそうだ。
DSCN4403.JPG
一方で、早くに開花したフクジュソウは、幾度となく雪降りにみまわられてしまい、ぼろぼろになってしまっている。
DSCN4412.JPG
まるで自分のことのようで、看過できない。
白馬には杉林が多いのだが、落ちている小枝には、一杯の花粉がついていて見るに堪えない。
posted by みのさん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月02日

大雪

今日は朝方から時間が経つにつれ、だんだんと雪足が強くなってきた。
DSCN4399.JPG
小康状態になったのは夕刻近くになってからで、辺り一面まっしろになってしまったものだ。
この影響でJR大糸線は、白馬・南小谷間で運転を見合わせている。
昨日は、冷える中での庭作業で体調が悪くなったので、今日は完全休養日とした。
それでも、地下のデットな部屋での音の調整は行われている。
時間をかけた分、大分良い方向へ向かったようだ。

posted by みのさん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月01日

造形美

あっという間の3月が過ぎ去って、新年度への突入となった。
巷では新しい門出が横溢していて目出度いが、一方では外国人に頼らなければ生産性の上らない国力は、如何したものかと悲しんでみても始まらないのが現実だろう。
何時も第三者的俯瞰している自分が、当事者でもあることはさておいているのだから、始末に悪い。
今日も雪が舞降っていて、外での作業は寒くて辛い。
雪の重さで折れてしまった枝の修復作業をしておかないと、枝が枯れてしまうので、猶予はないのだ。
長時間にわたって頑張ると体をより壊すので、適当に切り上げることにした。
雪は積もる場所によってさまざまな模様を見せてくれる。
DSCN4390.JPG
洗濯船の玄関上の屋根に、自然の造形美をつくってくれた。
湿気の多い雪のなせる技ともいえるもので、直ぐ様崩れて落下する運命なのだが、一瞬の造形はひきつけてやまない。
DSCN4391.JPG
巧い具合に屋根の左右に出来たので、面白さも二倍だ。
本音は、雪はもういいから暖かくなってほしい。
新元号は「令和」らしいが、エイブリルフールの話ではないのでしょうね。
posted by みのさん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月30日

雨が降っている

雷様も付いてきている。
八方尾根スキー場では、ジャパン・パラ大会が開催されているのだが、何とも悲しいことに涙雨に打たれているようだ。
この加湿な雪質では、実力の持っている選手が実力どおり強く、順当な成績となるだろう。
応援するにも、スキー・ウェアーよりも雨合羽でなければ、ずぶ濡れになること間違いなしだ。
私としては、遠く室内から窓越しで応援している。
風邪をひいて肺炎などになったら、目も当てられないことになってしまう。
雪はどんどん溶けていく。
posted by みのさん at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月28日

雪が降っている ほんの少しだけど

昨夜は騒がしかったので、何度も目が覚めてしまい機嫌はやや悪い。
原因は、雷さんが暴れはじめて、けたたましい騒音を発していたのと、降り始めた湿雪が、次から次へと屋根から一階の庇屋根に落ちてくる騒音の二重奏にある。
わが家では全く目を覚まさない太い神経の方が間々いるのだが、か細い神経のわが身としては寝てもたってもいられないのだ。
半ば半分諦めて、止むまで待とう不如帰の心境でいるうちに、少しは静かになったのか、何時の間にか寝込んでいた。
DSCN4384.JPG
こんなんで、今日は冬の三月に相成り、木々に真っ白な華が付いていて、風物詩がまいもどってきた。
DSCN4387.JPG
お隣は、ここ数日の暖かさに惑わされて、スタッドレス・タイヤを普通タイヤに履き替えてしまったとのことだ。
私としては、小心者で気が小さいことが幸いして、タイヤ交換を先送りしていたので、動じることは全く無い。
今日の雪は、雪を融かす雪になっている。
posted by みのさん at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月26日

スプリングエフェメラル

今日も暖かい。
雪解けがますますすすんでいる。
山麓のほとんどが、日に日に雪に覆われた面積を縮小していて、のこり僅かとなってきている。
雪解けまじかに咲く雪椿を小谷村に見に行ったのだが、まだ蕾は固かった。
DSCN4361.JPG
洗濯船の庭では、可愛い春の妖精たちが咲きだしていて、季節の移り変わりを肌で感じることができる。
DSCN4376.JPG
天気予報によると、今後暫くは安定しない天候が続くとのことだが、木々の芽ぶきもはじまっていて、確実に春に向かっている。
DSCN4374.JPG
花粉の季節でもあるのが、ちと辛いところだ。
posted by みのさん at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月25日

空は青いぞヤッホッホー

朝から真っ青な青空が一面に広がっている。
DSCN4320.JPG
昨日までとは違って気温が高くなるようで、寒暖差注意とのことである。
ゆっくりとはしていられない事情もこれあり、とるものは取って岩岳スキー場まで車を走らせ、ゴンドラに飛び乗った。
急ぐ理由というのは、雪質が悪くなる前に滑走することに他ならない。
雪質が劣化すると、スキーが滑らなくなるばかりか、急ブレーキがかかるようになり、高速滑走時には危険極まりないのだ。
とりあえずのところ、滑り始めのころは良く締っている雪質だったので快調に斜面を滑り降りられた。
そうこうしているうちに、午前11時を廻った辺りから徐々にブレーキ現象が現れてきた。
お昼の鐘が響いた頃には、急ブレーキとともにスキーが停止してしまうほどになってきてしまった。
こうなっては長居は無用なので、一気にといっても、滑れる場所は限られているし、自動ブレーキに悩みながら下山してきた。
そうした中でも、今日の眺望は格別であったので、岩岳スキー場に行った甲斐はあったというものだ。
スキーヤーばかりでは無く、観光のお客様もゴンドラに乗ってきて、景観を楽しまれていた。
DSCN4344.JPG
真っ青な空には、午後に入ってから薄い雲が現れ始めてきた。
ヤッホッホーと言いたくなるのは何時もの事だ。
posted by みのさん at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月24日

樹氷現る

暫く暖かい日が続いていたと思ったら、昨日からいきなり冷え込みがきつくなり、夜半から降りだした雪は明け方までに凡そ10cm程度の積雪になっていた。
久しぶりの新雪なのでここは滑らない手は無いと、いそいそと岩岳スキー場まで出かけてきた。
予報では晴れとなっているのだが、厚い雲に覆われていて北アルプスの眺望は無い。
こうなるとスキーの魅力も半減してしまうのだが、楽しみは他に見出すしかない。
DSCN4305.JPG
頂上付近には立派な樹氷が出現して、薄鼠色の雲のキャンパスの中、幻想的な雰囲気を醸し出している。
DSCN4315.JPG
これも自然の妙というものなのであるから、大いに楽しむことに越したことは無い。
DSCN4310.JPG
本当のことを言えば、パックは青空のほうがよいのだが、厚い雲は微塵とも動かないので諦めが肝心だ。
それはそうと、昨日はやけにヘリコプターが洗濯船の上空を何回も飛行していたが、八方尾根から唐松岳への登山者であろう3名が滑落したとの情報があり、内一名は未発見とのことである。
一昨日までの暖かさで融け始めた雪が、昨日の冷え込みと風でクラフトしてアイスバーン状態になってしまったことは疑う余地も無い。
ちょっとしたことで滑落してしまうことは間々あり、冬山登山の技術や装備に加え、体力とともに細かな注意・判断力が生死を分けることの常識を良く噛みしめてから行動してほしいものだ。
スキー場の斜面でさえ、降り積もった10cmの新雪の下は硬いアイスバーンになっていて、切れるエッジが利かないことががる。
アイゼンの爪とピッケルの歯の許容範囲であったかどうか、この範囲内で自身の行動を制御すべきで、自信過剰は事故の元だ。
これは自分自身への問いかけでもある。

posted by みのさん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記