2017年06月18日

だんだん花盛りに

今日は晴れの天気予報が全く外れて火曜日以来の朝から曇天になった。
こんな日こそ花々の撮影にはもってこいだ。
花の撮影に限らず撮影するに当たっていろいろと道具を持ち出し美しくしようとするのが一般化しているようだが、ありのままの状態に勝るものはないと思っている。作為に満ちた写真が感動を呼び起こすのであれば、それは不自然さを忘れてしまったことに他ならないだろう。
これは写真を撮るマナーにも通じているのは疑いようのないことだ。
常識を逸脱しても撮影したい場所に入りこんだり、物を移動させたり壊したり、対象に対して付加したり、他人の三脚を撤去して自分の三脚を立てたり、場合によっては常識人の顔をして他人をののしったり、いとまがないほどである。しかも、ほとんどが高齢者であり、グループであることが始末に負えない。
良い光の加減を求める努力なしに楽して特別な成果を望んでいる姿は、即席の料理や豪華な食材の料理をグルメと言うのと同様に本当は味気ないものなのだと言うことを気づかなければいけないのではないだろうか。
ある程度の高齢になって自己制御のできない衆が撮影した写真では本当の感動は生まれてこないだろう。
こころを打つ映像には作為が感じられないものだが、こうしたことに限らず作為的な事柄が日本中に蔓延しているようで情けない。
しかしながら、他人事と言うまでも無く何時か自分がとの思いがあるのも事実なので、常に反面教師として戒めていよう。
元に戻って、昨日まで硬い蕾と思っていた野茨がいよいよ咲きだした。清楚であり、逞しくもあり、強い薔薇は何時でも美しい。
2017_06_18_1686.JPG
薔薇は他にも
カクテル、
2017_06_18_1677.JPG
テディベア、
2017_06_18_1678.JPG
アイス・バーグ、
2017_06_18_1676.JPG
シュトラウス、
2017_06_18_1692.JPG
忍ぶれど、
2017_06_14_1601.JPG
ラビィーニャ、
2017_06_18_1675.JPG
などが咲いている。
また、
キスゲ、
2017_06_18_1679.JPG
クレマチス、
2017_06_17_1638.JPG
ハマナス、
2017_06_17_1645.JPG
など
2017_06_18_1694.JPG
など
2017_06_18_1669.JPG
いよいよ花盛りになってきた。
posted by みのさん at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真は作法

2015年07月26日

キャノン100mmマクロ

きょうは朝から微風・快晴の好天気になった。
外気温はどんどん上昇して昼ごろには30℃に達してしまった。
それでも湿度がそこそこ低いので蒸し暑さはいくらか和らいでいる。
今回はキャノンの100mmマクロ・レンズを持ち出しEOS7Dに装着して撮影してみた。
2015_07_26_9999_7.JPG
アンジェラの発色はさすが単焦点レンズらしく美しい。
2015_07_26_9999_9.JPG
フラワーガールの発色も落ち着いている。
2015_07_26_9999_15.JPG
ザ・ラーク・アセンディングの透き通るような色はカールツァイスには及ばないがよくでていると思う。
カールツァイスとは違いある程度露出を絞ったほうが良いが、その範囲は広く花の撮影に限定すれば万能レンズといえる。
2015_07_26_9999_22.JPG
希少な屋久島ショウマが開花した。
2015_07_26_9999_50.JPG
北アルプスにかかっていた雲が取り払われて久しぶりに夏山が姿をあらわした。
posted by みのさん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真は作法

2015年07月21日

カールツァイス・プラナー85mm

今回はカールツァイスレンズ群の中でも特に名玉として知られているプラナー85mmレンズで撮影してみました。
キャノンのデジタルカメラ7Dに互換マウントを介し装着して撮影するのは全回と同様。
2015_07_21_9999_29.JPG
このレンズを一躍有名にしたのはポートレイトの分野です。
美しい映り込みがモデルさんたちに評判・人気となり、このレンズを使用することを条件に撮影許可するモデルさんが後をたえなかったとのことです。
2015_07_21_9999_22.JPG
この美しい映り込みはカールツァイス・レンズ全般にいえることなのですが、キャノンやニコン・レンズとはレンズの絞り方が全く違います。キャノンやニコンはできる限り絞り込んで使った方が輪郭が鮮明になり色の滲みが少なく美しい色彩になりますが、カールツァイス・レンズは絞り込みをしないでできる限り解放値あたりで撮影をします。色の滲み込みがたいへん美しいのでパックから被写体が浮かび上がります。
2015_07_21_9999_10.JPG
私は人間を撮影するのは嫌なのですが、たまには撮影せざるを得ないことがあり仕方なく適当にシャッターを切りますが、シャッターをあっという間に押すので被写体が不満を言います。
マニュアル・レンズには被写体との距離が大体解ればピントを合わせる必要などないのです。このことを知らないのは仕方ないのですが、出来上がった写真を見て、「これは私ではない。」と言うのは止めてほしいものです。写真は事実・真実を写しとっているのですから。
posted by みのさん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真は作法

2015年07月19日

カールツァイス・プラナー60mmマクロ

昨今はデジタル写真の環境・便利・合理性と安くて速いことの浸透によりアナログ的な銀塩写真は衰退の一歩を辿っている。
それでもなかなか捨てきれない性分なのか未だに銀塩写真で撮ることへの愛着は尽きない。
今回はデジタル・カメラのキャノンEOS7Dにアダプターを介してカールツァイス・レンズを装着し撮影してみた。
2015_07_19_9999_1.JPG
60mmのマクロ・ブラナーはそのボケ味で一斉を風靡しましたが、デジタル・カメラでの使用でどうなるのか試してみた結果、私自信のボケ味とは当然比較にならないがコンタックス・カメラで撮影したボケ味とそん色ないことが確認できた。
2015_07_19_9999_20.JPG
キャノンやニコン・レンズとはベクトルを異にする滲みのある発色の美しさは格別。
カールツァイスはどちらかというと絞りは解放の方が発色が良い。
これだからカールツァイス・レンズはまだまだ捨てきれない。
posted by みのさん at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真は作法