2018年07月15日

桔梗などなど

昨日より暑くなってしまった白馬では、日陰に入ると微風とともに暑さが和らがれ一息つけるようになる。
それでも30℃を超える日が続くと、気力・体力ともに放射熱にうわばれてしまい、どっと座り込むことになる。
此方の都合とは打って変わって、花たちは元気いっぱいのようだ。
洗濯船の看板下の鉢植え桔梗が涼しそうにあっという間に開花した。
2018_07_15_5152.JPG
紋白蝶も喜んでくれている。
北海道産のユリも何時もの場所から出てくるなりどんどん育ち、これも見る間に開花してしまった。
2018_07_15_5148.JPG
このほかに、しのぶれど や
2018_07_15_5145.JPG
エバーゴールト、
2018_07_15_5143.JPG
シュトラウス、
2018_07_15_5138.JPG
バビロン
2018_07_15_5146.JPG
などや、
宴、
2018_07_15_5147.JPG
黒真珠は全面開花して異才をはなっている。
2018_07_15_5135.JPG
ダリアは、3回目の開花になる。
2018_07_15_5153.JPG
色々な花たちが咲き誇っているが、熱中症注意報が発令されているので、庭の手入れは止めて日陰に避難しておこう。

posted by みのさん at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年07月14日

黒真珠

今日は昨日に増して気温が上昇し、30℃に到達してしまった。
こうなると作業の効率はガタ落ちしてしまうのが何時もの事なのだが、そうも言っては居られない事情もこれありなので、自分を鞭打ち叱咤激励しながら何とかすることにする。
怪しげな薔薇が遂に開花した。
2018_07_14_5134.JPG
名前も怪しい黒真珠と言う。
私には昨日の鬼女より深く沈んだ感じが、戸隠の足神様「おまん」を連想してしまうが、これも考え過ぎかもしれない。紅葉の手下となってあらん限りの狼藉をはたらいたが、追いつめられた際、岩の窪みに溜まった水に顔を写したところ、そこには醜い鬼がいたので、恐ろしくなって仏門に入ってのち自がいしたとのことだ。
こののち、優秀な能力の持ち主のことから、足の神様になってしまったそうだ。
正に神のような容姿が美しい黒真珠。
何処から来たのかと言えば、京成薔薇園からなのだ。
posted by みのさん at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年07月13日

どうやら本当に夏が来たらしい。
強い日差しが照りつけ暑くて汗が噴き出してくる。
日当たりのよい紫陽花は花も葉もぐったりしているので、たっぷりと水を捲いておいた。
今日は地植えの薔薇、宴が開花してくれた。
2018_07_13_5067.JPG
真っ赤なビロードのような花が何とも言えない気品を漂わせている。
2018_07_13_5073.JPG
鬼無里に伝わる鬼女紅葉が、平維茂を宴でかどわかそうとしたシーンが思い浮かんできてしまうのは、考え過ぎだろう。
昨日の松本駅周辺は35℃にもなっていたが、白馬に帰ってくると21℃と外気温差が大きく、自律神経失調症のわが身では持ち応えることは至難になっている。
当然ながらオーディオの音も耳に入らないので、早々に切り上げることにした。
今日の白馬は28℃まで上昇し汗もかいたので、体調は回復傾向になった。
数が減ってしまった綺麗なヒョウモンチョウが訪れてくれている。
2018_07_13_5084.JPG
明日は、もう一人の鬼女が開花しそうだ。
posted by みのさん at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年07月09日

ヨハンシュトラウス

降り続いた雨もやっとのことであがり、今日は久しぶりの日射しになった。
これも長くは続かない予報で、午後からは小雨模様になるとしている。
シットリとしたやや高湿度のためかムシムシしている。
鉢植えの四季咲きヨハンシュトラウスが、今年二回目の開花をした。
2018_07_09_5052.JPG
蕾を沢山付けているので、これから次々に開花していくことだろう。
2018_07_09_5054.JPG
軽快なワルツにのって庭作業をすることにしよう。
posted by みのさん at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年07月03日

ストロベリー・アイス

今日も昨日よりは幾分マシなのだが、引き続いて暑い!。
マシなのは外気温が30℃に満たないことと、湿度が少し下がった事、時折風が吹いてくれて家の中を通り抜けていくこと、など。
もう我慢できないので、今日から上着は半そでのTシャツにした。
小鳥たちは暑さを感じないのか、涼しそうに囀っているではないか。
仕方ないので鉢植えや庭に水撒きして涼しさを呼び込むことにした。
鉢植えの薔薇で、何とも美味しく涼しそうなストロベリー・アイスが、三輪揃って開花して風に揺らいでいる。
2018_07_03_5046.JPG
美味しそうなのだが、涼しそうとは言い切れないのは、暑さで想像力が欠如しているのかも知れない。
2018_07_03_5045.JPG
そうだった。アイスを食べれば涼しくなるではないか。
しかしながら、食べ終わった後に襲ってくる暑さには、どう対処したらよいのだろうか。
今、風が通り過ぎて涼しさを運んできてくれた。
posted by みのさん at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年07月01日

ノバーリス

早い梅雨明けとともに豪雨に見舞われたかと思えば、7月の初日だと言うのに暑い夏がきてしまった。
外気温が28度にもなると、庭での作業は汗をかき蚊を呼び寄せることになる。
こうした中で二年ぶりにノバーリスが一輪開花してくれた。
2018_07_01_4988.JPG
蕾は四輪あったのだが、念のため三つの蕾は摘出し、一輪だけにしたものだ。
なぜならば、三年前の豪雪で根本付近から折れてしまい、再生不可能かと思っていたところ、今年になって新芽が成長してきて蕾を付けてくれた。
ドイツ産の紫色の希少種だったので、とても嬉しい。
2018_07_01_4993.JPG
洗濯船の庭でも喜んでくれているようだ。
posted by みのさん at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月29日

ザ・ラーク・アセンディング

梅雨の最中なので仕方が無いのだが、中々スッキリとしない天候で、何時雨が落ちてきてもおかしくない空の雲景色になっている。
そうこうしているうちに梅雨明け宣言がでてしまったが、未だ6月ではないか。
白馬としては湿度の高い状況が続いているので、気温の割には蒸し暑さを感じる。
今日は、由緒ある英国生まれの薔薇、ザ・ラーク・アセンディングが開花した。
2018_06_29_4943.JPG
品の良いアプリコット系で、これも品の良い香りを漂わせている。
2018_06_29_4940.JPG
此処の場所は、今冬に無断で侵入した若い外国人のグループに踏み荒らされたところで、何本かの薔薇が雪がかぶっていた雪囲いの上から容赦なく踏まれて短く切り詰めていた枝が無残にも折れてしまっていた。
直ぐそばには蔓バラ用のポールがあり、個々に雪囲いのポールがあるなかで、花壇であることぐらい誰の目でも明らかなのにだ。
外国人にかぎったことではないのだろうが、無粋・無神経、ハイテンションな人達には怒りが湧いてくる。
このようなことがあったので相当心配していたのだが、やっと一輪だけ開花してくれたのでとてもうれしい。
今年一年かけて枝・株が成長してくれれば、もとに戻るかもしれないので見守っている。
posted by みのさん at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月27日

山紫陽花

雨に似合う花は、何といっても紫陽花が筆頭になるだろう。
紫陽花の中でも、小ぶりで可愛らしく咲くのは、山紫陽花に他ならない。
2018_06_27_4910.JPG
昨日、どろんこ遊びで制作したのは、山紫陽花の苔玉だ。
2018_06_27_4904.JPG
今日のような湿り気の多い日には、より一層お似合いだ。
問題は今日の雨。
どしゃ降りは勘弁してほしいものだ。
posted by みのさん at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月24日

ニュードーン

朝から陽が射す絶好の行楽日和の日曜日になった。
風はあるものの、外気温も20℃を超えた程度の丁度良い塩梅だ。
地植えのニュードーンが白雪姫のような花を咲かしている。
2018_06_24_4869.JPG
枝違いの蕾も膨らんできていて、開花まではもうすぐだ。
2018_06_24_4870.JPG
直ぐ近くのフラワーガールは、賑やかに咲きほこってい。
2018_06_24_4874.JPG
満開と言えば、玄関への登り階段わきのボタンキンバイが、風に揺らいで楽しそうにしている。
2018_06_24_4888.JPG
咲いた薔薇は、せっせと切り花にしているので、室内を明るくしてくれている。
花を終わらせた薔薇にはお礼肥をあげなくてはいけないのだが、先のばしにしてしまっているので、心に引っかかっているのでそのうちに。
静かで落ち着いた白馬山麓になっていてゆったりできる。
posted by みのさん at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月21日

ジュビレ・デュ・プリンセス・ドウ・モナコ

明け方まで降り続いていた雨も、夜明けとともにあがった。
日中は陽が射してきて好天気になったが、湿度が高い所為か蒸し暑く、汗がにじみ出てきて疲労困ぱいになった。脱水症にならないように水分の補給をするのが肝心だ。
軒先に避難していた鉢植えの薔薇は、陽に当てながら水やりをする必要がある。
2018_06_21_4838.JPG
モナコ姉妹の姉ということにしているジュビレ・デュが綺麗に開花した。
2018_06_21_4841.JPG
妹のピンク色とは違い赤色の気品ある色気を振りまいてくれる。
posted by みのさん at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月20日

ササユリ

昨夜半からのまとまった雨降りは、本当に久しぶりと感じてしまった。
この雨降りの所為か、池のモリアオガエルさんも久しぶりに鳴きだしたものだ。
地植えで開花中の薔薇には気の毒だったが、このお湿りで一気に蕾を膨らませたものも多い。
こうした中、正に一気に開花したのは、ササユリで、薄暗い空間にほのかな色彩が映えている。
2018_06_18_4827.JPG
開花している時間がけっこう長いので、当然だが楽しみも長いので嬉しい。
2018_06_18_4830.JPG
紫陽花がそろそろ花を咲かせ始めた。
2018_06_18_4829.JPG
昨年よりも二週間程度遅くなっていたりしているが、開花時期がずれてしまっている多くの花は、異常気象の所為だろうか。
posted by みのさん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月19日

ヒマラヤの青いケシ

梅雨が中休みしている間に、白馬五竜高山植物園まで散歩してくることにした。
この植物園に行けば、大概の高山植物が手軽に観察できるので、老若男女が気楽に訪れてくる。
最大の呼び物は、何と言っても「ヒマラヤの青いケシ」だろうが、7月が花の開花になっている。
2018_06_17_4596.JPG
せっかく訪れた観光客に気の毒だろうと言う気づかいからか、開花させた鉢植えのヒマラヤの青いケシを植物園の入口に置いてあった。
2018_06_17_4779.JPG
それでも、園内にはたった一輪だけ開花していて、鉢植えとは趣が少し違って見えたが、思いすごしだろうか。
園内を散策し始めると、わが家ではとっくに終わっているシラネアオイが名残惜しいかのように咲いている。
2018_06_17_4595.JPG
ヒメシャクナゲは丁度の見ごろだ。
2018_06_17_4603.JPG
園内の上から順に下りてくることにして、とりあえず地蔵の頭まで登ることにした。
2018_06_17_4620.JPG
この途中には、八方ウスユキソウがこの時季咲いていてくれる。
2018_06_17_4626.JPG
また、サラサドウダン躑躅も満開状態になっていた。
2018_06_17_4662.JPG
足元にはコイワカガミもひっそりと咲いていた。
2018_06_17_4665.JPG
ワタスゲの穂が風にゆらいでいる。
2018_06_17_4681.JPG
今年はコバイケソウの当たり年らしい。
2018_06_17_4684.JPG
いよいよ園内を下り始めると、丁度コマクサが一面に咲き乱れていた。
2018_06_17_4732.JPG
写真を撮っていると、一人で訪れていたご婦人が、「白花のコマクサは、ここにある一輪しか咲いていないの。」と、言う。
そんなことは無いだろうと思って下っていくと、なんてことは無い彼方此方で咲いているではないか。
2018_06_17_4728.JPG
一体どこを見ているのだろうと思ってしまう。
固まって咲いているのはチングルマだ。
2018_06_17_4767.JPG
場所によっては終わってしまったものもあるが、白い絨毯のようだ。
白馬岳の頂上近くで咲いているウルップソウは、とても目立つ。
2018_06_17_4726.JPG
此処でまた、写真を撮っていると、一眼レフカメラをぶら下げた一人で訪れていたであろう男性が、「チョウノスケソウが終わってしまっいて、この近くで少し咲いているのだが、遠いので望遠レンズでも近ずけない。せっかく来たのに残念だ。」と、話しかけてくる。
確かにチョウノスケソウの開花は、北アルプスを縦走していても、中々お目にかかれない。
私の望遠だと、まあまあの大きさまで接近できるのだが、それでも大きくは写らない。
のんびりゆったりと、下っていると、またもや何てことは無い、チョウノスケソウは目の前に咲いているではないか。
2018_06_17_4755.JPG
よく見ていないのだろうか、視野が狭いのか、思い込みが激しいのか、解らない人達に遭遇してしまった。
アツモリソウが咲いていたが、中国産だったのが残念。
2018_06_17_4782.JPG
このほかにも色々と少しずつ開花していて、めを楽しませてくれた。
この日は植物園の横から飛び立って、青空に乱舞しているスカイダイバーが、花を添えてくれた。
2018_06_17_4694.JPG
ゴンドラの終点、アルプス平駅展望台で360°のパノラマを眺めながらのソフトクリームは格別だ。
2018_06_17_4586.JPG
絶好の観察日和だった。
posted by みのさん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月13日

マツカワローズ

明け方まで降り続いた雨もようやくあがり、時折風が吹き抜けていくものの、日差しがでてきました。
今年に入ってから新しくわが家の仲間入りをした、鉢植えのマツカワローズの蕾が開いてきました。
2018_06_13_4551.JPG
この薔薇は、平成12年に松川村の中学生が海外の研修スクールの際、イギリスのセント・オールバンズを訪問した時に、松川村との交流の懸け橋として、英国王位バラ協会より「マツカワ」と命名され村に贈呈されたものです。
2018_06_13_4550.JPG
シュラブ系の四季咲きで白系の小ぶりな清楚な花を咲かせます。
来年になったら、フェンスに蔓バラのように這わせてみたいとおもっています。
明日は、白馬在住オーストラリア人のアレックスさんへのオーディオクリニックに出かけるので、庭の手入れはお休みになります。
posted by みのさん at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月12日

ユトリロ

今日も昨日に倣って不安定な天候になっている。
晴れ間がのぞいたかと思うと、すかさず雨がバラバラと落ちてきて、雷さんまで張り切っている。
このような時は家の中で大人しくしていることに限る。
勿論、オーディオに電源の投入などもってのほかだ。
このような時でも、モーリス・ユトリロが慰めてくれる。
2018_06_12_4527.JPG
昨日までの硬い蕾からぱっと花開いてくれた。
2018_06_12_4526.JPG
何とも言えない色彩感覚が湿めきった空間に華やいでいる。
思えば、この薔薇の購入がきっかけで、色々な薔薇に手をそめてしまったのだった。
posted by みのさん at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月11日

夢乙女

思っていたような雨降りにはならなくて、丁度良いお湿りといった具合になっている。
こんなものだから、あめが降ったりやんだりしている合い間をみて、鉢植えの薔薇を軒先から出したり、しまったりして、数が多いのでけっこう忙しくなっている。
このような状況とは全くもって関係ないかのように、地植えの蔓系の薔薇、夢乙女の一番花が開花した。
2018_06_11_4515.JPG
小さな蕾を沢山付けているので、これから賑やかになっていくだろう。
この薔薇の花の特徴は、カップ咲きから始まって徐々に開いていきながら、けっこう長い時間咲き続けることだ。
長い蔓に添って一斉にピンク色の花が開く様は、乙女の乱舞を思わせる。
posted by みのさん at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月10日

大山蓮華U

台風の影響からか曇り空から時々雨粒が落ちてくる。
今夜半から本格的な雨降りの予報がでているので、開花している鉢植えの薔薇は軒下に避難させた。
地植えの花たちは避難できないので、耐えてもらうしかないのが辛いところだ。
一本目の開花した大山蓮華の三つの花は順に全て咲き終わって、種を作ろうとしている。
もっとも、開花しているのは2日ばかりなので、あっという間になる。
二つの蕾を付けた二本目の大山蓮華は、一つ目の蕾が昨日に花開いた。
2018_06_09_4493.JPG
雨を避けるためか、下向きに開いている様が何ともいじらしい感じがする。


posted by みのさん at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月08日

アンクルウォルター

今日も気温が上昇して、なんだかんだで暑い。
頼まれていた珈琲の焙煎は、午前中に済ましてしまい、午後に発送できるようにしておく。
大山蓮華は、一本目についた蕾の三つ目が開花しはじめようとしている。
二本目の蕾は二つついたが、そのうちの一つ目の花が無事開花した。
残りの大山蓮華は未だ三年目なので、来年以降の開花を期待することになる。
地植えの薔薇の中でも、つる性でありながら、色・容姿・大きさとも申し分ないアンクルウォルターが、今日開花した。
2018_06_08_4469.JPG
多くの花を咲かせる訳ではないが、ベルベットのような深紅が輝いている。
2018_06_08_4468.JPG
他の地植えでは、アイスバークが蕾をひろげた。
2018_06_08_4472.JPG
もうひとつの名前である、白雪姫のとおり、純白のドレスのような小さめの花が可愛らしい。
鉢植えの薔薇とともに饗宴はこれからも続いていくようだ。
そうこうしているうちに俄かに曇ってきた。
遠くから雷鳴が風に運ばれてきている。
何時雨が降り出してもいいように準備をしておこう。
posted by みのさん at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年06月02日

黄エビネ

6月に入ってからの晴天続きで庭いじりなどの作業がいろいろと捗るので有難い。
薔薇の蕾もぐんぐん膨らんできていて、薔薇専用の肥料が今日到着したので、開花後も万全と言える。
3年を過ぎた鉢植えの薔薇は、太くなったので地植えしていくことにしている。
降雪対策をしっかりしなければいけないのが、悩み多きところだが、此方もだんだん知恵が付いてきているので、何とかなるだろう。
希少な黄エビネ
2018_05_31_4439.JPG
池のほとりでは、普通のエビネより少し遅れて黄エビネが咲いている。
普通のエビネ
2018_05_29_4398.JPG
なんとも涼しげな色合いで周りの緑に映えている。
どちらも湿り気のある日陰が好きなのは私と同類だ。
posted by みのさん at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年05月31日

キスゲ

お昼すぎまで降り続いていた雨もようやくひと段落となりました。
午後からは日射しがでてきたりしています。
今日はキスゲが一輪先行して咲きだしました。
2018_05_31_4427.JPG
春から細かい虫が付かないように、注意しながら薬を散布していましたので、とても順調に生育しているようです。
洗濯船の看板の左支柱に寄り添っている蔓バラのカクテルも開花して、華やかな存在感があります。
2018_05_30_4404.JPG
薄暗い中にあってキスゲとともにとても目立ちます。
キスゲの直ぐ近くの、昨日蕾を膨らませ始めた大山蓮華はついに開花しました。
2018_05_31_4435.JPG
次の蕾も開き始めています。
2018_05_31_4429.JPG
久しぶりのまとまった雨ふりで植物群は生き生きしています。
遠くで雷鳴が響いていますのでウキウキしてはいられません。
posted by みのさん at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年05月30日

大山蓮華

雨に似合う花はそれほど多くはありません。
その中にあって最高位を称されるのが大山蓮華に他ならなく、またの名を深山蓮華とも言われています。
それもそのはずで、梅雨時に咲くことから、深山に分け入っても中々お目にかかることはできないものなのです。
同じように梅雨時に開花する日本第二位の標高を有する、南アルプス北岳頂上直下に咲く北岳草も中々目にすることは叶わない花です。
今現在、大山蓮華と言われている植物は3種類あって、国産と韓国産、中国産に分かれています。
この中で、贔屓眼にみても国産が花が可憐で小さく、うつむき加減で咲く姿と開花日数が僅か1〜2日程度と短く、清純と気品を兼ね備えていて、たまったものではありません。
このためか希少性と相まって茶道の世界では特に珍重されているとのことです。
学名をマグノリア・シーボルディー・ジャポニカと言う木蓮属の低木で、乾燥と葉焼けするほどの日射しには弱く、明るい林緑の湿り気を保てる場所に生育し、移植すると枯れるといった気難しさをもっています。
この大山蓮華が苦節6年目になる今年になって、ついに洗濯船で蕾が付き開花しようとしています。
2018_05_30_4407.JPG
白馬花の会から3年苗を2本購入してから3年の月日がかかりました。
この間、大雪の影響で一本の苗の先端が折れてしまいましたが、養生をしたお陰で立派に成長し、蕾がつくことができました。
白馬の梅雨入りには未だ間がありますが、蕾の一つ一つが膨らんで開花しようとしています。
今日は丁度の梅雨のような天候ですので、開花を逃さないように注視していなければいけません。


posted by みのさん at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑