2013年07月30日

外盤A級セレクション

知っている人はよく知っている「長岡鉄男の外盤A級セレクション」。
「1989年発売のベストセラー長岡鉄男の外盤A級セレクション全3巻の第1巻」が「新」が題の頭について何故か今復刻となった。
何が新しいのか広告を見ると、@特別付録としてSACDHybridサウンド・サンプラーがついている。A値段が3,990円と3倍超となっている。
復刻の理由として「音の良いアナログ・ディスクを知りたいとの要望に応えて・・」とあるが。
手元にある「長岡鉄男の外盤A級セレクション1」を見てみると発行日は1984年7月16日に第1刷が発行されている。定価は1,200円。
2013_07_29_9999_1切り抜き.jpg
ここには、「買って損をしないものばかり100枚を厳選する。今始めなければ手遅れになる外盤コレクションのための緊急書き下ろし」と長岡先生が暴れている。
レコード・ジャケットの写真は自らマミヤ67の中判銀塩カメラを使用して撮影し、特注のリアルタイム・スペクトラム・アナライザー(スペアナ)にピーク・ホールドをかけてこれも撮影している。これ程の手間暇をかけて文章内容から全て自ら手がけたこの本は正しく長岡教祖たりえる所以だ。
しかしながら問題も多々あったのは事実。音の良いアナログ・レコードは良いのだが本当に聴きたいレコードは果してこの中に何枚あるのか。音の良いレコード収集マニアだけを対象にしているのならばそれはそれで良いとおもうのだが、相当間口が広いとおもっている私でも100枚中に5枚程度あるかないか、それもかなり異端の部類に入るものばかり。特にジャズは極端に少ないのはどうしたことか。ジャズであっても音の良い外盤は相当数存在していると思うのだが摩訶不思議。
また、ここでの外盤は「オリジナル盤限定」ではないことも挙げられる。安く手に入れられやすい外盤を厳選したのであるから当然ではあるが、さらに音質の優れたオリジナル盤の存在を見逃すこともあるので要注意だ。
ピンク・フロイド/狂気(米HARVEST)
2013_07_29_9999_2切り抜き.jpg
コンフェデレイション(米SHEFFIELD LAB)
2013_07_29_9999_4切り抜き.jpg
チャイコフスキー交響曲第4番(米TELARC)
2013_07_29_9999_10切り抜き.jpg


なお、続編の「長岡鉄男の外盤A級セレクション2」は翌年の1985年10月15日に第1刷が発行されている。ここでも同様な傾向のレコード紹介になっていたので次の「3」は購入しなかった。
2013_07_29_9999_7切り抜き.jpg
森・女・酒(スウェーデンBIS)
2013_07_29_9999_8切り抜き.jpg
グルンブフ(独WERGO)この盤はフリージャズ。
2013_07_29_9999_5切り抜き.jpg

復刻とは直接の関係は無いが第2集の中に長岡教祖自身、「演奏抜群・録音最高」と評しているレコードがある。
ジョージ・クラム/魅入られた風景(米NEW WORLD)
2013_08_01_9999切り抜き.jpg
「魅入られた風景」とは「幽霊のでる風景」のことなのだが、アンダルシア・エルサレム・デルフォイ・バージニアはインディアンと世界各地の場所でクラムが感じとったのだそうだ。
ここで長岡教祖は論評で重大な間違いを犯している。この演奏中全てに渡ってとても静かに低い音がでているのだが、これをSNが悪いとしてしまった。これは間違いでクラムが感じた場所での共通した音を再現しているのです。こういう場所に入り込むと包みこまれる音があることを感じたものだけが解る音が存在するのです。
内容は芸能山城組の「恐山」と良い勝負なのだが演奏は上回っているとおもう。お聴きになりたい方はご来館の折にリクエストください。ただし、お一人でお聴きになるのはお勧めできません。特に感受性のある方は要注意です。

勿論中にはとても聴きやすく音も演奏も程良くサロンでの演奏を彷彿とさせるお勧めのものもあったりする。
セレナータ(独HARMONIA)
2013_08_01_9999_1切り抜き.jpg

番外として「市場ではすでにベスト・セラーなので今更紹介することはない。」としてFMファンで紹介しているがこのセレクションでは取り上げなかった超高音質レコードもあったりする。
アトリウム・ムジケの古代ギリシャの音楽
2013_07_29_9999_9切り抜き.jpg


さて、何故今復刻なのかの答えは何なのだろうか。現在でも当時に引き続き安く手に入るアナログ・ディスクが市場にあるのか、それとも高騰してしまった(手遅れか)高価なアナログ・ディスクであってもよいから手に入れたいのか。音の良いアナログ・レコード・収集マニアが増殖しているのだろうかオーディオ・マニアがアナログの良いソースで良い音の再生を望むようになったかこれも摩訶不思議だ。
CDへの移行が急展開(評論家がこぞってCDの素晴らしさを礼賛)をみせた時期に今のうちにアナログで揃えておこうとする者よりもアナログを廃棄してしまった者が多いのが事実であると思う。
音の良い特殊なジャンルのレコードは今では希少価値になったのだろうか。
まあー、オーディオの再生自体虚像であり、ライブ演奏では体験できない優麗(幽霊)のようなものだろうから。

posted by みのさん at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロ・グルーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71503286

この記事へのトラックバック