2012年08月14日

めだかの学校は?

行楽シーズン真っただ中ですがお天気は今一つで、スッキリ晴れたりしてはくれないので困ったものです。ぜひ絶景をご覧いただきたいのですが雲の中に隠れて姿を現さないので山の神風にお願いして雲を飛ばしてもらいましょう。
洗濯船のメダカ達が彼方此方で産卵したので卵だけ室内の水槽に隔離しました。
水槽内にいた親メダカは庭の水連鉢や火鉢に転居してもらうとともに鉢内の卵は室内の水槽に転居してもらいました。
これは卵から子メダカが生まれると親メダカが子メダカを食べてしまうための処置です。
生まれたての子メダカは泳げないので水面に浮遊するのですが、これを親メダカが餌と間違え食べてしまうので困ったものです。
卵を隔離して数日すると可愛い子メダカの誕生です。2〜3日すると泳げるようになりだんだん深くまで回遊できるようになります。
2012_07_30_6312.JPG
一月位するとメダカらしく堂々と泳ぎまわりますが、兄弟を追いかけまわすメダカがいて困ったものです。
2012_07_30_6311.JPG
2〜3月ぐらいで体長が1.5p位になつたら親メダカと一緒にしますが、当初は親メダカに追いかけまわされます。そうこうして2日位すると落ち着いてきて同居ができるようになります。
メダカ達の食事は一日2回を目標としていますが、時々忘れてしまうのでメダカ達に抗議の目を向けられます。それでも一斉に集まってくれるので嬉しくなります。
困ったことに子メダカが沢山生まれたので大きい水槽を新調することになり大きな出費になりました。加えてカブトムシやクワガタの虫籠も水槽に使うことになってしまったのです。
こんなんで子メダカの兄弟たちは彼方此方ではしゃぎまわっています。
勿論めだかの兄弟は「わらべ」です。
2012_07_30_6361.JPG
posted by みのさん at 16:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
めだかの兄弟に似ている曲と言ったらワン・ニャン物語。
Posted by 生後387ヶ月 at 2020年09月04日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57586085

この記事へのトラックバック