2021年03月11日

蘭・乱・濫

今日はコロナ禍を忘れさせるほどの穏やかな日和になった。
忘れられないのは10年前の地震と津波、原子力発電所の事故で、まだ脳裏に焼き付いている。
自然災害はとにもかくにも、人災は地球規模で横溢している有様で、人間の愚かさはドウシヨウモナイところに到達しているのだろうか。
人類が滅亡するまで世界平和はあり得ないのは、すでに常識になっているのだから、思い煩うことをしても無駄だろうからしないことにする。
DSC00959.JPG
このところの気温の高さが室内の蘭を開花させている。
未だ三月の中旬に入ったばかりなのだが、ユキツバキと石楠花の薦囲いを外すことにした。
一度や二度、雪降りになるかもしれないが、大雪にはならないだろうと踏んでいる。
景色に鮮やかなグリーン色が入ると春が感じられてくる。
本格的な春の到来はヤマザクラの開花になるだろう。
大分雪解けがすすんでいる。
小さな世界での平和はとても貴重だ。
posted by みのさん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188479858

この記事へのトラックバック