2020年08月04日

プリンセス・ドゥ・モナコ

今日は暑くて暑くて参ってしまう。
外気温が30℃辺りまで上昇すると、白馬では猛暑となる。
風も穏やかで湿気の多い重い空気が垂れ込めているようだ。
コロナの感染リスクを物ともしない若い合宿生が屯しているが、白馬ではコロナ感染のリスクが少ないとでも思っているのだろうか。
白馬のような辺鄙なところでは、一度でも蔓延するならば色々な意味において致命傷となってしまうことだろう。
とにもかくにも、この暑さをものともしない薔薇が彼方此方で蕾を膨らませ、あるいは開花し始めている。
DSCN0516.JPG
玄関の脇にある鉢植えのモナコ妃が、すーっと開花してくれた。
未だモリアオガエルさんは気づいていないようなので、花も安泰にしている。
次に控えているヨハンシュトラウスの薔薇の花は大きめなので、モリアオガエルさんの恰好の休み場所になってしまうことだろう。
余りに暑いので何もやる気が起きないばかりか、思考回路がダウンしてしまったようで、やることが思い出せない。
歳は取りたくないものだと言い訳している自分がいて、本当に歳を取ってしまったようだ。
posted by みのさん at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187772489

この記事へのトラックバック