2020年06月29日

鬼矢柄(オニノヤガラ)

今日は晴天になり外気温も丁度良い塩梅なので気持ちが良い。
洗濯船の庭では新しい植物が生えてきて、仲間入りしたりしている。
DSCN0416.JPG
植えた覚えのないところから、いきなり顔を出してくるので意表を突かれてしまうのは何時もの事なのだが。
今回は変わった植物がひょっこり出てきてので、暫く観察することにした。
葉が全くないにもかかわらず花を咲かせようとしているので、腐生蘭との目星をつけて野草図鑑を引っ張り出してみたところ、ナラタケ菌と共生する鬼矢柄ということになった。
わが家では初めてお会いすることになったので嬉しさもひとしおだ。
ナラの木の多い庭なので今後も長いおつきあいができそうだ。
DSCN0407.JPG
一部の紫陽花は開花しているが、大方の紫陽花は花芽が膨らんできて梅雨らしくなっている。
DSCN0412.JPG
今年の残念なことは、大山蓮華の花が綺麗に咲かないことだ。
葉も縮れてしまったりしてよくない。
如何したことかと思っていたら、同じ大山蓮華の花を咲かせている御人とこの話をしたら同じようによくないとの事だった。
微妙な気候変動のせいなのか、原因は不明である。
DSCN0413.JPG
何とも無い花もあり、戸隠升麻は何時も通り咲いて種を沢山付けている。
そういえば、今年は近くに遊びに来る小鳥たちが代わっている。
気象現象の変化を鬼がそうさせているのかも知れない。
白馬近隣は鬼が多いところでもあったりする。
posted by みのさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187646599

この記事へのトラックバック