2020年05月31日

ハマナスの咲く頃

今日ははっきりしない天候になっている。
曇天かと思えば日が射してきたり、雨粒が落ちてきたりしている。
そろそろオオテマリとフジの花は終盤をむかえていて、辺り一面花弁がしきつめられている。
そうした中でも、今季一番目となるハマナスの花が交代するかのように咲き誇こっていて曇天の中で映えている。
DSCN0286.JPG
クレマチスは、モンタナが咲きだした。
DSCN0291.JPG
吾妻菊も曇天の中でも映える花だ。
DSCN0276.JPG
辺りでは、雑草扱いされている野草のハルジオンとヒメジオンが混生して咲いていて、眼を楽しませてくれる。
何もしないうちに五月も晦日となった。
洗濯船は、一応のところ今日まで休業しているが、明日からは通常の営業とすることにしている。
とりあえず、コロナ対策は完備しているので、重篤以外であれば蔓延や感染は防御出来ると思う。
三密などの接触機会を無くすのが万全であるのは勿論なのだが、洗濯船のような零細宿泊業では難しい無理な相談だ。
当然、最善策は尽くすことになる。

posted by みのさん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187548223

この記事へのトラックバック