2020年05月06日

非常事態宣言の延長

非常事態宣言の延長をうけて、長野県独自の宿泊施設への休業要請も引き続いています。
今回は、何故か二段構えになっていて、15日までは従前通りとし、16〜31日までは、遠回しの言いぶりになっていて、県内のお客様については休業に当てはめないとのこと。
それでも受け入れの際は、適切な感染予防の徹底を依頼することや、県外への営業活動は行わないよう求めたり、県外からの利用を控えるよう周知の依頼など、特措法に基づかない措置を求めてきています。
これは緩和措置を滲ませておいて風当たりを和らげるための措置に他ならないだろう。
実質的には、5月一杯までの休業要請であるが、保証的な予算措置を取らないための方便としか思えない。
県は自らの首を絞めつけていることを確認すべきなのだが、時間が解決してくれるとでも思っているのだろうか。
とにもかくにも、洗濯船は5月中一杯休業します。
これは当然最終的な意味あいではなく、当面の様子見であることを申し添えておきます。
お客様には大変な迷惑でありますが、日本全体が日和見ですので、如何ともし難いのが辛いところです。
posted by みのさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187454585

この記事へのトラックバック