2020年01月18日

可笑しい人達

今日のニュースで、年末、宿泊施設に同時に宿泊予約を5件しておき、当日何処にも現れなく、100万円程の損害を受けたとの話があったが、
このような話はかいきょにいとまがないほどだ。
これは、単にいたずらや悪ふざけでは片付けられない深刻な問題であるにも関わらず、同時複数予約している当事者にとっては、ほんの軽い気持ちなのだろうか。
レストランの無断キャンセルも、報道されていて大きな問題になっているのだが、街頭インタビューで、若い子が「私もやった事あります。」と、言っているのをみると、政治家や国家公務員を鏡にして、無責任な国民性に邁進しているのだと思わざるを得なくなる。
多重予約の被害は、白馬近隣でも頻発していて、無断キャンセルの無い外国人へと宿泊施設が向かうのも無理からぬところがある。
とうに崩壊している倫理観や欠如した責任感、自尊心のみ後生大事にしている可笑しな日本人の蔓延は、日本の崩壊へと進んでいるのは間違いないところだ。これをグローバル化というのだろう。
宿泊施設としての防御は、幾つかの手立てはあるのだが、ギスギスした世の中を助長することになるので、せっかく旅に出て非日常を得たい人達に水を差すことにもなり、気が進まない。
信頼関係を喪失した世の中にはなってほしくは無いが、もう手遅れかもしれない。

posted by みのさん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187052149

この記事へのトラックバック