2019年08月24日

オオシラヒゲソウ

今日は天候が回復基調の所為か、こちらの心身も回復基調となっているようだ。
背中や腰の痛みが大分和らいだような気がしてきた。
とどのつまりは、気圧と湿度、特に温度に左右されていると言うことだろう。
世間では、このような症状を気象病と言い、治療方法は生活習慣を変えることとしている。
まあー、グウタラナ生活をしているのはまちがいないのだが、そうは言われてもドウシヨウモナイのが性格の成せる技なのだ。
DSCN5110.JPG
今回、白馬山麓巡りガイド養成の掲示板に、オオシラヒゲソウの投稿があったので、回復基調でもあることもあり、観察しに行ってきた。
場所はエコーランド地区からそう遠くない深空地区押切辺りだ。
大方、この花の好みの場所をめざしていったところ、ドンピシャに出くわしたものだ。
清流に沿って所々に開花していて、とても可愛い清楚な花姿をしている。
夏のこの季に咲いてくれてるのもとても貴重だ。
実は、洗濯船の庭にもシラヒゲソウが開花していて、オオシラヒゲソウに比べると花の大きさが幾分小さいようだ。
このような花が開発地の近くで観察できるなんて、自然環境もまだまだ捨てたものではないと感心してしまう。
ぐうたら人生も何とかしたいが、環境がいくらよくても性格は治らないのが植物よりも弱いところだ。
posted by みのさん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186467014

この記事へのトラックバック