2019年04月15日

古より稀なり

杜甫曰く、人生七十年
古より 稀なり
と、
歯が折れないように、よく噛み締めよう。
最近、不幸の手紙が届いた。
中身は、新しい保険証。
太い字で、2割と書いてある。
何でも、来月の一日から使用できるらしい。
今日は一日中大風が吹きまくり、接ぎ木した鉢などが入っていたビニール温室もろとも吹き飛ばし、中がぐちゃぐちゃになってしまった。
大荒れの日であったが、我の日らしいく、ぴったりでもある。
何かが変わるのかと言えば、なんでもない。
稀人になってしまっただけだ。
カタクリが開きかけてきた。
DSCN4485.JPG
ショウジョバカマは開花した。
DSCN4487.JPG
春の嵐は、白馬ではこの季の行事なのだ。

posted by みのさん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185865285

この記事へのトラックバック