2019年02月09日

好対照な連休の初日

例年通り二月の連休は、洗濯船も例外では無くどの宿も満員御礼になってしまう。
予約が出来ていないお客様からの問い合わせが、昨日まで続いてあったのも例年どおりだった。
ゲレンデの状況は、昨年と比べて雪の絶対量が少ないことと、高めの気温が雪質を悪くしていることだろう。
中々まとまった降雪が無いので、除雪する側としては楽なのだが、スキー・スポーツを行う側から見れば、楽しさが減退してしまうことになる。
今日の連休の初日は、少しばかりの道路での渋滞があったりするが、好対照なのは、八方尾根スキー場の駐車場が何処も満杯にならなく、ゲレンデはガラガラなのに対し、言って見ればマイナーな岩岳スキー場の方が混み合っていて、リフト券の購入に長蛇の列をつくっている。
また、平日のゲレンデは外国人が7〜8割を占めているが、連休になるとさすがに日本人が巻き返して4割ほどになるようだ。
明日は、午後から日本人の割合が減少するので、普段の通りにもどるだろう。
posted by みのさん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185528763

この記事へのトラックバック