2018年12月12日

地衣類いろいろ

名前はコケとついているが、古の分類の名残なので、致し方ない。
昨夜から降り始めた雪ではあったが、夜が明けると早々に融けてなくなった。
洗濯船の苔庭の整備は一段落したので、今日は寒い中ではあるが、庭の地衣類を紹介すべく歩き回ったりした。
樹の幹や岩に生えているので、何時でも何処でも観察できることもあり、普段はあまり気にかけないことが多い。
しかしながら、その生体は菌と藻とが共生していると言った不思議な美しさがあり、マクロレンズを通して見なければならない猥雑さをもってしても、侮りがたいのだ。
本来は顕微鏡を使用して、名前を確認しなければはっきりしないのだが、曖昧なところで名前を特定しているので、程良い加減と諦めてほしい。
ゴンゲンゴケ
DSCN3883.JPG
センシゴケ
DSCN3884.JPG
ナミガタウメノキゴケ
DSCN3885.JPG
ヤリノホゴケ
DSCN3902.JPG
チャシブゴケ
DSCN3931.JPG
チャシブゴケ レカノラメガロケイラ
DSCN3904.JPG
ハコネイボゴケ
DSCN3907.JPG
モジゴケ
DSCN3925.JPG
サネゴケ
DSCN3926.JPG
クサビラゴケ
DSCN3941.JPG
トゲカワホリゴケ
DSCN3953.JPG
ダイダイゴケ
DSCN3951.JPG
オオカノゴケ
DSCN3957.JPG
未だ未だ得体の知れない地衣類があるのだけれど、今後の課題としておこう。
30倍のルーペぐらいでは解らないのだ。
お陰で風邪が悪化したではないか。
posted by みのさん at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185185982

この記事へのトラックバック