2018年11月21日

やや厳しい冷え込み

今朝の冷え込みは、少しばかり厳しくなった。
裏庭の杜は、ほとんどの木々の葉が落ちたので、北アルプスの見通しがよくなっている。
白馬岳の稜線が真っ白になっていて、いよいよ冬の到来を感じる。
それでも日中になると、暖かくなってきて風もなく余り寒さを感じない。
このお陰で、雪囲い作業が捗ったので、なんとも有難いものだ。
昨年は降雪が早かったので、大慌てしたり、諦めたりしたが、今年はじっくり作業ができる。
DSCN3793.JPG
午後から景色を眺めに散歩したが、唐松の黄色の上に積雪した白馬三山が鎮座している。
朝方は真っ白だったのだが、直ぐに融けてしまったように、山肌が鮮やかだ。
明日から下り坂の予報になっていて、山麓は初雪になるかもしれない。
posted by みのさん at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185018370

この記事へのトラックバック