2018年10月29日

冷え込み

今朝は冷え込みが強くなって手足が辛い。
わが家の紅葉(もみじ)は、色とりどりになっていて、赤から黄色、または緑色とにぎやかだ。
DSCN3498.JPG
今日は、白黒つけるのではなくて、赤・黄・緑の葉をよーく観察して、品種を特定してみることにした。
結果は、葉の変種(裂片の数違いや色など)の多い、全てオオモミジから変種した、日本海側や北日本のヤマモミジだった。
DSCN3503.JPG
確かに、大町市から佐野坂を越えると、植層が一変して日本海側になってしまう。
白馬の紅葉前線は変わっていて、標高の高い方から下ってくるのは普通としても、日本海側の北から南に下がってくるという、普通の前線移動の南から北に上るのとは間逆になっている。
DSCN3512.JPG
毎日、絶景を堪能できるのだが、冷え性らしく氷のようになった手先が、行動を鈍らせてしまう。
イロハモミジが一本くらいあってもよいと思うのだが。
posted by みのさん at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184799045

この記事へのトラックバック