2018年09月05日

フレンチ・レース

暴風・大雨は、明け方ごろには収まりつつあって、日差しがでてきた。
周りには予想していた通り、小枝やドングリの実などが散乱して、跡かたずけに精をだす。
避難させておいた鉢植えも、指定の場所に戻して何時もの安住をとりもどした所。
このような時にも、名前とは裏腹のアメリカ生まれ四季咲き、フレンチ・レースが初開花した。
DSCN3155.JPG
シャンソン人形(いかにも古い!!)のようなフランス乙女の気品を感じさせている。
一方、ヨハンシュトラウスも新しい蕾が花開いて、ワルツを踊りだしそうだ。
DSCN3153.JPG
今回、気が付いた暴風での被害は、背の高い鉢植え樹が一つ横倒しになっただけで、風対策は功を奏したといえよう。万全の体制とはいかなかったが、まあー、この際良しとしよう。
問題は、低気圧の接近による体調不良に続き、湿気の多い空気による心身の満身創痍である我が身だけだ。
posted by みのさん at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184350154

この記事へのトラックバック