2018年06月30日

Swing Ville

梅雨明けしてからの豪雨は凄かった。
携帯に知らせてくる大雨予報では、100mmを超える予報があったりして、次から次へと雨雲の襲来となった。
このような事でメゲテはいられないので、雨音を音楽の一部として受け入れて、気持ちをスイングさせるべく取りだしたのは、この二枚。
swingin`with REE WEE
YES INDEED!
sWing VIlle レコードの、2008 と 2009 盤だ。
とても良く似た安易なジャケットであることと、ベースのウェンデル・マーシャルと、ドラムスのオージー・ジョンソンは両盤に共通で、これも安易なのではと勘繰りたくなる。
2008 盤では、
2018_06_30_4985.jpg1.jpg
ピー・ウイ・ラッセルのクラリネット、バック・クレイトンのトランペット、トミー・フラナガンのピアノで、何とか期待できる顔ぶれにはなっている。
2009 盤は、
2018_06_30_4986.jpg2.jpg
クラウド・ホプキンスのピアノ、バディー・テイトのテナー・サックス、エメット・ベリーのトランペットで、これで大丈夫だろうかとの不安がよぎってしまう。
このような時には不安な方から聞くのが鉄則としている。
果たせるかな、一曲目の、スウィグしなけりゃ意味ないね からしっかりスウィングしていて、音質もよい。
次の、柳よ泣いておくれ もどうかと思うがスウィングしている。
続いては、期待をもって針を落とすと、ほぼ同じような音質でスウィングしてくるではないか。
カートリッジは、シュアータイプV、プレーヤーは、ダイヤトーン、マッキントッシュのスピーカーでの再生。
モダン・ジャズとしては、アレンジを含めて少々古くさく感じてしまうが、ゆったりと味わうには手ごろで穏やかな気持ちにしてくれる。
私が未だ青二才のころには、こんなのジャズじゃない と意気巻いたりしたが、今では聴けるようになった。
swing ville は大手の PRESTIGE 傘下のレーベルであり、レコーディングは、ルディ・バンゲルダーなので、音的にはジャズらしい演奏になっている。
このアルバムをRIAAカーブで再生すると冴えない音になってしまうが、columbia カーブで再生すれば問題ない。
バンゲルダーのブルー・ノート録音は、AES カーブであるの対し、プレステージ系では、コロンビアカーブになっていることは、そのまま音質の差に表れていると思う。
雨音は音楽に馴染んでしまっていて全く気にならない。
音量が勝ったと、別の言い方もある。



posted by みのさん at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブな部屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183682978

この記事へのトラックバック