2018年04月03日

あんずの里は花盛り

4月に入って千曲あんずの里からの便りによると、1日に開花宣言と第63回あんずまつりの開催開始とあったので、少しお花の観賞には早いかもしれないと思いつつ出かけてみることにした。
2018_04_03_3541.JPG
白馬洗濯船からは車で順調に走ると片道70分程度の距離なので、思い立ったら行ける距離ではある。
あんずの里は森地区と倉科地区とがあるが、眺望の良い森地区の方が有名になっている。
2018_04_03_3527.JPG
見晴らしの良い上平展望台近隣の駐車場は混雑必至なので、手前の駐車場に止めて此処から少しばかり登っていくことにした。
2018_04_03_3501.JPG
駐車場から見えるあんずの花だけでも満開の様相となっている。
この道沿いには露店のお店が点々と並び、お祭りらしい雰囲気になっていたが、あんずの花があまりにも素晴らしいので、目立たなくなってしまっている。
2018_04_03_3512.JPG
少しずつ高台に登っていくと、どんどん花一杯に包まれていくので、満開のジャストなタイミングに出会ったようだ。
2018_04_03_3520.JPG
樹齢250年の古木は一段と見栄えがして、あんずの里を見守っているようだ。
2018_04_03_3513.JPG
駐車場に戻ってから直ぐ向かいにある、立派な門構えの曹洞宗禅透院には、何故かトトロがいた。
2018_04_03_3576.JPG
大小のトトロとネコバス、真っ黒くろすけ達。
2018_04_03_3572.JPG
寄り道は、桜の信濃三十三番札所の観龍寺までいったところ、桜も満開になっていた。
2018_04_03_3584.JPG
丁度、お寺の清掃なのか扉が開いていて、木造千手観音菩薩像を見ることができた。
あんず祭りは15日までとなっているのだが、明日からの天候は下り坂なので、花は持たないかもしれない。
お土産にあんずを買ってきたのはもちろんだが、売り子のお嬢さんに、「ポテト・サラダにあんずを刻んで入れると美味しいよ。」と、いったら、「今度やってみよう。」と還ってきた。 
桃色が目に焼き付いて離れなくなってしまった。
posted by みのさん at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182879729

この記事へのトラックバック