2018年03月18日

閑散として

今日の日曜日は昨日に引き続き青空がいっぱいに広がる好天気となった。
バックカントリーのお客様を、八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場まで送って行った。
パックカントリー・スキーはコース外に入るため、ゴンドラ乗り場でリフト券を買う際、冬山登山届を提出する必要があるのだ。これは、栂池自然園へのゴンドラ乗車と同様になっている。提出しない場合はゴンドラへの乗車が原則できないと言うことになっている。
異様だったのは、日曜日と言うのに、ゴンドラに乗車するための列が無いのだ。
ちらほらとスキーヤーは居るのだが、平日でもない日曜日に並んでいないとは如何したことだ。
ゴンドラは普通に稼働しているが、人が少なく閑散としている。
思い返せば、外国人は2月の終わりごろからせっせと帰国している。
エコーランドの中心の通りも、外国人の姿はめっきり減って、人通りが無く閑散としている。
他のスキー場では如何だったのか、小耳にはさんだところ、大町市の鹿島槍スキー場では、今日は小学生のリフト料金が無料になる特別な日だった。ところが、全くと言っていいほど小学生とその親ごさんたちは姿を見せなかったのだそうだ。このため、鹿島槍スキー場全体が閑散としていたとのことだ。
洗濯船は何時も閑散としているので、なんてことはないが、困るところが多々あるのではないか。
そろそろ、スノーシューで静かな栂池自然園でも散歩してみるかな。
posted by みのさん at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182729256

この記事へのトラックバック