2018年02月22日

天気晴天なれど雲多し

きょうの白馬山麓は、空いっぱいに青空が広がり清々しい。
絶好の写真撮影日和なので、ここは一眼レフカメラをリュックに入れて、岩岳スキー場目がけて繰り出した。
一眼レフとバカチョンカメラとの違いは、「写した」か「写った」かの違いで、撮影者の心構えに大きく影響してくる。安易な撮影には安易な結果が伴うのは致し方ないが、まぐれ当たりを少しは期待したりする。
写真撮影を目的にするときは、スキーの板もそれようにするので、高速系からバランス系に乗り換えるのが流儀になっている。
いそいそとゴンドラに乗りこみ、はやる気持ちを抑えて、眼前に拡がる北アルプスの眺望を心待ちしていた。
頂上近くまで来ると、下界とは裏腹で厚い雲が北アルプスを覆っていて、眺望が無い。
2000_01_01_3275.JPG
ガッカリしてもしょうがないので、雲群から外れている鹿島槍ヶ岳方面を狙って撮影することにした。
2000_01_01_3229.JPG
八方尾根スキー場を経て遠くに浮かぶ槍も中々オツなものだと言い聞かせる。
切り替えついでに、北アルプスとは反対の東側の山塊方向にも眼を向けてみる。
百名山の雨飾り山は独立峰のように眺望できる。
2000_01_01_3290.JPG
戸隠方面の高妻山なども峻立している。
2000_01_01_3265.JPG
何処にカメラを向けても絵になるので、撮影者の技量を試されているようだ。
だんだん撮影からスキー滑走に比重が移動してきたようなので、コブ斜面を滑った後に頂上から一気かかんに下界まで高速滑走で下りてきた。
思い通りにはいかないものだ。
posted by みのさん at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182481401

この記事へのトラックバック