2017年12月03日

信州ハイエンド・オーディオ・ビジュアル・フェア

松本市のロイヤルオーディオ主催のフェアが、12月2〜3日に松本めいてつショーホールで開催された。
多くの後援と出展メーカーが勢ぞろいし、県下最大と銘打つこのフェアーは84回を数える。
img029.jpg
せっかくなので、九州から参加のニイノニーノ2さんのご尊顔を拝すことも兼ねてゆっくりとはできないが出かけてみた。
駐車場に車を置き、会場横を通っていると中から盛大に音が漏れてくる。嫌な予感を抱えつつ中に入ると案の定、会場内は騒音の館と化していた。
多くのブースが所せましとある中で、彼方此方で俺が俺がで音量を上げるものだから、オーディオで音楽を聴くといった事はお構いなしの騒音だらけで、1m離れたブースのスタッフとの会話が成り立たない有様だ。
各ブースともせいぜい2〜3m程度の試聴距離であるにもかかわらず、会場全体に響き渡る音量を出す神経はいかがなものだろうか。もっとオーディオの試聴らしく繊細な音出しはできないものかと思うが、自己主張した方が勝ちとの今時のメーカースタッフの心情なのか。
頭も耳もおかしくなってしまうので、ニイノさんの所でえさ箱あさりをして、長居は無用と早々に退散することにした。
結局のところ今年は試聴皆無という結果になってしまった。
昨年はもっと節度というものがあって、一つのブースが視聴者のため音量を上げると、他のブースは遠慮して音量を下げて、各出展メーカーが個々を盛り上げながらのフェアーだった。
つまるところのハイエンド・オーディオも地に落ちたものだと、こちらの肩も床に落ちる。


posted by みのさん at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の聴こえてくる風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181745414

この記事へのトラックバック