2017年11月01日

深まりゆく秋

11月に入った今朝は寒くなった。
午前7時時点での外気温は2℃と寒いはずだ。それでも日中の外気温は16℃まで上昇し、昨日の5℃に比べたらとても過ごし易い。
この頃の寒暖差の影響からか白馬山麓の紅葉も一段と色づきが増したように感じ、見渡せば紅葉の真っただ中に生活している幸せを享受している。
洗濯船の裏庭も日を増すごとに色鮮やかになってきている。
2017_11_01_2860.JPG
この季節を写し込むために選んだ今日のレンズは、世界の標準と勝手に思っているカールツァイス・ブラナー50mmF1.4だ。
2017_11_01_2862.JPG
曇りがちの雑木林での紅葉をほぼ完ぺきにとらえている。あとは自己の腕前が及ばないのが悔しいところだ。
このレンズの描写も素晴らしく、キャノンのズームレンズとは比較にならないので、これはこれで困ってしまうのだが、所与のものとして受け入れるしかない。
2017_11_01_2889.JPG
薔薇の色合いも深みがあり、万能レンズと言える。
便利なデジタルカメラを使用していると益々銀塩カメラの出番が無くなってしまう。



posted by みのさん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181453436

この記事へのトラックバック