2017年09月10日

アザミ

土曜日曜と二日続きの晴れになり観光のお客様も増えているように感じる。
昨日はBMWの二輪車によるパレードがあった所為かオートバイが彼方此方走り回っていて小気味の良い音を響かせていた。
今日は国際トレイルランが開催されていて放送の音が風に乗ってくる。
洗濯船の庭では、どんぐりの落ちる音が絶え間なく聞こえてくるので、仕方なくどんぐり拾いをすることになるなか、ふっと顔を上げるとアザミが咲きだしていた。
2017_09_10_2378.JPG
こうなると直ぐによぎってくるのは、「アザミ嬢のララバイ」だ。
2017_09_10_2387.jpg2.jpg
中島みゆき のデビュー・シングルであり、歌詞の中では「夜咲くアザミ」で、秋に咲くのは「桔梗」ということになっている。
2017_08_29_2309.JPG
鬼の仮面を裏にかぶった若い女性の底しれぬ深い情念を切々と歌う「みゆき嬢のララバイ」はここから始まった。
石川さゆりの「天城峠」は恐ろしく怖い怨念を男に向けて歌い、中島みゆきはどこまでも深く暗い女だけが持っている怨念を自身に向けて歌う。
この二つに共通しているのはその音だ。JBLのSPの音がまとわりついてくる。
演歌とも艶歌ともつかない怨歌は、男の背筋が凍りつき、鬼に睨まれたらおしまいなのだ。
鬼無里には鬼が居なくなったとのことだが、戸隠辺りにはいくつかの鬼の話が伝承している。
油断のないよう心しておくべきだろう。
けっして「鬼さんこちら」などと発してはいけない。
posted by みのさん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の聴こえてくる風景
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180945461

この記事へのトラックバック