2017年05月19日

修那羅山安宮神社

石仏の多い長野県にあって一番のインパクトがあるのは麻績の修那羅山(しょならさん)だろう。
2017_05_19_9999_2.JPG
鬼神
白馬の塩の道の石仏群の多くは高遠の名工の手に依るものが多く存在していて、その彫の良さは美術品のごとく輝いている。
しかしながら、修那羅山は素人が作製したようなものから名工のものまで様々なのだが、正に素朴さとユーモアに満ちていて文化が蔓延している。
何回でも訪れてみたい。
posted by みのさん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179795153

この記事へのトラックバック