2017年03月13日

アナログ・レコードの音質改善

アナログ・レコードを聴くにはCDに比べて手間暇がかかると巷で思われているが、まったくそのとおりと断言できる。
ターンテーブルにレコードをおいてカートリッジを溝にはめれば音がでるのは間違いないが、いろいろな問題が起こってくるのが普通だ。
問題が起きても気にしない御人もおられるのも確かだが、こと、より良い音質で音楽を聴くといった点では無頓着すぎると言える。
どんなに高価なオーディオ装置をもってしても、勝手に良い音とはいかないところがアナログ的なところなのだ。
アナログ・レコードを聴くにあたって抱える問題点は様々あるが、レコード自体の問題とレコードを再生する側の問題点とがあり一様ではない。
レコード自体の問題点では、その製造過程から発生するものとして、プレス・ミスや不純物の混入などがある。
再生側の問題としては、保存方法の誤りからくるカビの付着、静電気による微粒ゴミの吸着、カートリッジのスタイラスの汚れやセッティングの誤りなどがある。
このような問題点をしっかりクリアーしないことには安心して音楽に浸ることが叶わないのが辛いところだ。
しかしながら、問題全てを一挙にクリアーは出来ないとしても、やれば相応の効果がある方法があるのだ。
それは、レコードを洗浄することに他ならず、レコードを聴くと言った意味においても一番大切なことでもある。
2017_03_13_9999.jpg切り抜き.jpg
洗濯船では、VPIとハンル、この二種の洗浄機を酷使してアナログ・レコード全てのクリーニングに取り組んでいる。
2017_03_13_9999_1.jpg切り抜き.jpg
クリーニングによる音質改善効果は普通のリスナーでも判別できるほどだ。
VPIでは、カビの付着や不純物のある盤を主に洗浄し、ハンルでは、マイクロ・グルーヴ内の微粒ゴミの除去を中心に洗浄している。
それぞれの機器や洗浄液によって音質改善効果にはちがいがあるものの総じて良い方向に向かうことになる。
ときに、盤によっては両方の洗浄が必要になることもある。
さらに、プレスミスなど両方の洗浄でもダメな場合は、拡大鏡を使用して極細のピンで削り取ることもある。
特に新品盤と輸入盤は要注意なので購入後は必ず洗浄することにしている。
アナログ・レコードに詰まっている音の全てを引き出したいとの思いでいるが、まだ道半ばといったところだろう。洗浄以外にも沢山やることが残っているのが現実だ。
もう一点大切なことを付け加えると洗浄後、再生前後に静電気の除去をするとノイズの軽減が図れる。
手間暇かけるとそれ相応にこたえてくれるのがアナログ・レコードの優しさというものだ。
高級なカートリッジに変えても音質がいまいちな御人がおられたなら、一度レコードを洗浄してみることをお勧めします。
今日、洗浄機に乗せられてしまったのは、TIMEのショウボート。
2017_03_13_9999_2.jpg切り抜き.jpg
ピッカピカになって今晩ターンテーブルに乗ることになり、ミシシッピー川を渡り歩くショウの演奏を堪能しよう。
posted by みのさん at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の座標軸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179076869

この記事へのトラックバック