2016年11月25日

ベルト交換

このところの寒さの影響からか、オープンリールテープ・デッキのティアックX−10M(2トラ38)が再生できなくなってしまった。早送り・早巻き戻しはできるのだが、ピンチ・ローラーに挟まれたテープはびくとも動かない。
長年の無駄の多い経験を生かせば、ベルトの断裂が起きたのではとの判断から、早速デッキを降ろして裏ぶたを解放してみた。
裏ぶたや基盤、モーターなどを外さないとベルトまで届かない面倒な構造になっているため、21本のネジを丹念に確実に外していくことになる。
たどり着いた先には、思っていた通り切れたベルトが寂しくぶら下がっていた。
2016_11_25_9999_3.JPG
真ん中左右のフライ・ホイール状にベルトをかけてヘッドの左右でテープの安定走行を行うものだ。
思えばうん十年も健気に稼働していてくれたベルトなのだが、白馬の寒さが堪えたのだろう。
ベルトを交換しようにもティアックには当の昔から純正品は無い。
そこで、岐阜にこの種のベルトを作製してくれる人がいるのでお願いしたら、有難いことになんと一日で作製してくれることになった。しかもとても安価なのだ。
ベルトが到着するまでは清掃、オイル添付などして待つことにしよう。
これからも暫く頑張ってもらわなければいけないので、綺麗にしておくことにこしたことはない。

posted by みのさん at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブな部屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177807390

この記事へのトラックバック