2016年08月18日

Cosmopolite

1954年ごろに録音された BENNY CARTER のCLEF RECOTDS10インチアルバム。
共演者にはオスカー・ピーターソン、バディ・リッチ、レイ・ブラウン、バーニー・ケッセルなど豪華な布陣となっている。
2016_08_18_9999_4.jpg切り抜き.jpg
演奏曲目は、
A面
@I GET A KICK OUT OF YOU
ASTREET SCENE
BPICK YOURSELF UP
CIMAGINATION
B面
@I`VE GOT THE WORLD ON A STRING
AGONE WITH THE WIND
BLONG AGO AND FAR AWAY
C I`VE GOT IT BAD AND THAT AIN`T GOOD
であり、いずれの演奏もベニー・カーターのふくよかなサックスがこれでもかと噴出してくる。
最近といっても大分以前になったりしているが、CDとして発売された際のライナー・ノートにはオスカー・ピーターソンとの双頭アルバムであるとの記載があったが、このジャケットや演奏を聞けばベニー・カーターのアルバムであることは間違いないところだ。ピーターソンのピアノやその他の演奏陣もカーターのサックスの邪魔をしないように演奏している。
デビット・ストーン・マーチンの優れたイラストとノーマン・グランツの姿勢が端的に表れているとっておきの1枚。
優秀な音質も捨てがたい。
posted by みのさん at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | とっておきの一枚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176525544

この記事へのトラックバック