2015年12月16日

かつ玄本店

松本に行ったついでに気になっていた「かつ玄本店」に寄ってきた。
「麓庵かつ玄」の味わいはまあまあだったので、本店の味は一体どうなのかを知りたかった訳だ。
松本城の近くにありこじんまりした店構えは麓庵とは正反対だが、古さを演出した雰囲気は一緒になっている。松本深志高校で使用していた椅子や古い民家の梁で作ったテーブルなど木の文化を保存しているのはとても感じ良い。
さて、肝心のとんかつの味なのだが、私は頑張って「とんかつ五重奏」にした。何となく音楽に関係あるネーミングに気持ちがいってしまったのだ。内容は、エゴマの葉と薄いロース肉を交互に、おそらく五重にはさんで揚げたものだろう。エゴマの葉の独特の癖のある味とロース肉のハーモニーはそれほど良くないと感じた。私の主観では新鮮な大葉や佐賀産の初摘み海苔のほうがロース肉にはよいのではないかと思う。
奥さんのほうは「串カツ三昧」を注文した。三昧といっても一本ずつで、串カツ、エビカツ、鳥カツの三種類になっている。それぞれつまみ食いさせてもらったが、ごく普通の串カツ以上でも以下でもないと思った。
問題は二つあって、ひとつはキャベツの千切りが機械切のようであり硬かった。よくいえば腰のある噛みごたえ十分のキャベツなのだが、物には限度があり、味わい的にはいかがなものかと思う。いま一つは、「からし」が市販品ひとつひとつ小さくパックされたものを使用していてとんかつを甘くみている。「からし」ぐらい溶いたばかりの新鮮なものを使えと言いたい。こだわりのとんかつ専門店を標榜するなら当然のことだろうと思うし、これを手抜きと言うのは言い過ぎなのだろうか。
本店の熟年調理人と愛想のないサービスと麓庵の少しばかり本店より生きの良い若いサービスとで、どちらか迷うがどちらもコストパフォーマンス的にはどっちもどっちだろう。それでも品数の多さと駐車場の広さで麓庵に軍配があがると思う。
なかなか感激できる味わいには到達できず、探訪は続く。
posted by みのさん at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170004566

この記事へのトラックバック