2015年11月18日

麓庵かつ玄

松本市島内にある「麓庵かつ玄」に通院の帰りに寄ってきた。
ここは諏訪のSPUさんが今年の杜の会に参加の際、松本空港にDUKEさんを迎えに行き、パラゴンさんと3人で昼食をしてきたところ、と小耳にはさんだ場所に違いないと見当をつけていた。
国道19号線沿いの山側にある趣のある古民家に入るとそこは庄屋のお屋敷に見間違うほどで庭が素晴らしく手入れされている。丁度紅葉の見ごろに行きあたり苔庭などの緑との対比が鮮やかに眼にはいってくる。
やっと入口を探しあてて入るも、ここが本当にかつ玄かどうか釈然としないので尋ねてみたりしたものだ。なにしろ玄関横には大根が干すために並べられていたりしてお店の雰囲気は無い。
大きなテーブルに自家製の漬物4品が出されて、館内からの紅葉庭園の観賞とこれをつまみながらしばしかつを待つ。
奮発して「特選ヒレかつ」にしたが、何が特選なのかは解らずじまいで、質(味)・量ともかつ専門店の平均レベルでお値段は高級だと感じた。神田の二葉や和光のヒレかつなどには遠く及ばない。これはおそらく食感の違いが影響しているのかも知れない。かつ玄のヒレかつは薄く斬っている所為(この方が見た目ボリューム感がでる)なのかも知れない。せっかく岩塩でたべても味わい深くないのでは感動が薄くなってしまう。最後のデザートにしても硬すぎるアイスや味・香りのない紅茶ゼリーでは興ざめしてしまう。丁度よい塩梅で提供するのがよい店のしるしだと思うし、店内には「塩梅」の暖簾がかかっていたではないか。
しかしながら、ここ「麓庵かつ玄」はとんかつだけでは語れない多くの感動が点在しているのも確かだ。出されてくる一つ一つの料理にはきちんと心意気がはいっていて、白いご飯と炊き込みご飯の2種類を用意したり、季節の旬野菜を味わうことができる。器も陶・磁器なので美味しくいただける。
ここでは「かつ」を中心としたトータルとしての会席料理に古民家と庭園といった至極の時・空間を満喫できることに間違いない。
次に行くことがあれば、かつ3種盛りと季節を何時にするかだが本店の味も確かめたい。
あーっ、庭園の景色に見とれた所為で特選ヒレかつの写真を忘れてしまった。

posted by みのさん at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168052869

この記事へのトラックバック