2015年09月03日

桔梗ヶ原

昨日は久しぶりに青空になったのもつかの間で今日は早くも下り坂となり重い雲が垂れ込めている。
洗濯船の標高とさほど変わらない海抜700m程度の信州塩尻の桔梗ヶ原一帯は一面にわたって葡萄畑の様相をしている。
ここは信州ワインの一大産地であり、なかでも老舗の井筒ワインと五一ワインは信州ブランドを代表している。
国道19号線の桔梗ヶ原交差点を少し入ったところにこの老舗の2店が左右に並んでいるのもとても解りやすいし、何しろ葡萄の木が太くて大きな房の葡萄が美味しそうに垂れ下っているのは爽快だ。
両店の味比べも試飲で容易だ。
井筒ワインの試飲は全てのワインではないがセルフ・サービスで実質飲み放題となる。
道路を渡って50m先には五一ワインがあり、ここでの試飲はレストランのワイン・グラスで普通の量が入っている。10種類ほどの試飲ができるので実質ボトル1本無料になる勘定だ。
これは老舗店の自信の裏返しととるのは早計だろうか。
国産葡萄100%使用のお勧めのワインはこれ。
〇井筒ワイン
 白 ナイヤガラを主原料 
やや甘口  爽快な味わいとフルーティーな香り
 2015_09_03_9999_6.jpg切り抜き.jpg 
 赤 コンコードを主原料 
中口  やわらかな渋みと程良い酸味、個性的な香り
 2015_09_03_9999_5.jpg切り抜き.jpg 
 赤 コンコードを主原料(予約醸造品) 
中口 きれいでスッキリとした飲み口、タンクの下から自然に流れ出る(フリーラン)製法をもちいている
 2015_09_03_9999_4.jpg切り抜き.jpg

〇五一ワイン
 白 塩尻セイベル9110
中口 酸味と甘みのバランスとスッキリとした口当たり
 2015_09_03_9999_2.jpg切り抜き.jpg 
 赤 塩尻マスカットベリーA  
中口  日本固有の葡萄、控えめな渋み
 2015_09_03_9999_1.jpg切り抜き.jpg

以上の厳選信州ワインを安価にて数本ご用意していますのでお越しの際にご用命ください。
なお、売り切れもしくは自家消費済みの場合はご容赦ください。
2015_09_03_9999_20.JPG
洗濯船の桔梗ヶ原は満開になっている。



  
           
posted by みのさん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162830733

この記事へのトラックバック