2015年07月23日

EMT930のメンテナンス

昨年の地震からトラウマ状態だったがやっと抜け出したような気がしている。
最近は普通にアナログ・レコードが聴けているのでそう思うのだが、もし揺れた際には何時でもダッシュできるように心構えしているのは未だ落ち付いていないのかもしれない。
そうは言ってもEMTプレーヤー独特のアイドラーのゴロゴロ音がボリュームを上げると気になって仕方ないので何とかしなければいけないとこれもじっとしていられないのだ。
2015_07_22_9999_17.jpgきりぬき.jpg
地下室は気温が常時低いのでアナログ・プレーヤー関係は過酷な条件のもと稼働させられているのが現実だ。
特に冬場は結露防止(レコードのカビ防止など)のため暖房を控えめにするので室温は低く人間と機器の我慢比べになつている。この状態ではアイドラーのゴム部分が硬化していてゴロゴロ音があっても仕方ないのだが、無い方がよいのに決まっている。
そこで、地下室も7月中旬を過ぎて室温が20℃くらいに上がってきたので完璧にゴロゴロ音を抑えるべきメンテナンスを執行した。
先ずはプレーヤーのオイルを交換する。
2015_07_22_9999.jpgきりぬき.jpg
F1用のモーターオイルからスクワランオイル100%に入れ替えた。一般にはお肌の健康に使用されている深海鮫の肝臓から抽出されたオイルなのだが酸化・変質の心配のないことから昔から厳冬期のカメラのオイルとして使用されていた。
2015_07_22_9999_11.jpgきりぬき.jpg
次に、アイドラーを外してクリーニングする。ここにはパーク・ツールのポリリューブのグリースを入れてワッシャーをステンレスに交換した。このグリースはロード・バイク用なのだが耐摩耗性と熱変化にすぐれている。
2015_07_22_9999_14.jpgきりぬき.jpg
最後にアイドラーをJBLD130スピーカーが刻印されたジッポーライターで炙り、煤を綿棒で掃除して完成。
はたしてこの効果はいかに。
930stプレーヤーの傍にいてもアイドラーのゴロゴロ音は聞こえてこない。
この時点ではほぼ完璧だ。
ヒアリングでは如何かが問題なのだ。
クラシック音楽の弦楽三重奏を静かに聴くとこれは良い。
ボリュームを思い切り上げてみるとスピーカーの右寄りから聞こえてくるではないか。
これは宿命なのか。でも我慢はできない。
室温がもっと上がれば解消してくれるのかと逃げに入るが、逃げ切れないことは充分承知している。
専用電源を外してSNを落とせば一発解消するのだが本末転倒になるのでできない。
まだまだ試行錯誤は続く。
posted by みのさん at 13:01| Comment(7) | TrackBack(0) | デットな部屋
この記事へのコメント
EMTの場合ゴロゴロ音もそうですが、季節の変わり目にモーターから唸り音が聞こえませんか?進相コンデンサの温度係数が原因のようですが、私は夏と冬にモーター横の可変抵抗器で調整をします。これをすると季節が変わったね・・と感じます。
アイドラの硬化についてはゴムのまき直しをした方がいいと思いますがどうですか?値段そんなに高くないですよ。
Posted by ひでくん at 2015年08月06日 15:55
こんにちわ。モーターの唸り音は聞かないですね。いつも室温が低いせいでしょうか。
アイドラの巻き直しは試してみる価値がありそうですね。ありがとうございます。
Posted by みのさん at 2015年08月07日 22:51
プログ拝見いたし、メールしております。私もEMT930使用しておりますが、いっもオイルで悩んであります、スクアラン、純正オイル、モービル1と色々と使用しましたがどれが良いのか判りません。貴方様の今迄の経験でどれが良かったのでしょうか、またシャフトとモータオイルは同じオイルなのでしょうか、別々のオイルでしょうか?体験上のご教授いただけば幸いです。
Posted by 内藤 利彦 at 2016年10月15日 11:09
こんにちわ。私もオイルを散々試しましたが、F1用(一般販売されていないので友人の中に関係者を探す)が一番でした。シャフトとモーターは一緒のオイルです。後は経年劣化の少ないものと温度変化の少ないモーター・オイルをブレンドして粘度が純正オイルと同様になようにしてみるのも一つの方法です。
Posted by みのさん at 2016年10月20日 18:05
こんばんは。私も930使っています。F1用オイルは粘度低そうですね。よく整備された程度の良い930なら良い結果になりそうで羨ましいです。私の所の古い930は、純正くらいの粘度でないと音が荒れてしまいます。
Posted by たまちゃん at 2016年10月20日 22:54
こんにちわ。古いといっても当たり前ですが930全てが古くなりましたね。音の荒れ具合は判断できませんが、シャフトを受ける下にあるボールは交換されていますよね。
Posted by みのさん at 2016年10月26日 10:42
こんにちは、ご教授ありがとうございます。現在シャフトのボールは交換してあります。929アームも軸受けが良くなかったので別の物に交換しました。930は悪い所を交換すると、音の荒れが少しずつ減っていくようですね。あとはモーターを支えるゴムを交換したいのですが、入手できてないです。と言っても現在TSD15をドイツまで修理に出してるので、EMTは聴けないですけどね。確認が遅くなってしまい、すいません。
Posted by たまちゃん at 2016年12月01日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155595801

この記事へのトラックバック