2015年07月15日

白馬岩岳MTBコース新設!

今日も灼熱の白馬になり往き倒れにならないようにしなければいけない。
国内最高のロケーション!!
信州白馬村で最高のMTBツアー!!
小さな文字で森の中を涼しく・すがすがしく体感!
大きく、クロスコース
小さな文字でパノラマ絶景・解放感・爽快感抜群(ガイドツアーのみ)
これも大きく、ダウンヒルコース
とのふれこみで岩岳のMTBコースが新設された。
img011.jpg
数年前には岩岳スキー場内を使用したスラローム・コースがあったのですが何時の間にか消滅してしまっていた。
この新コースの体験会が開催されたのでとにもかくにも参加してみることにした。
案じていたとおり私が最年長参加者らしく講師や周りの参加者がいたく親切だったのは気の所為にしておこう。
体験会なので一般の易しいクロスコースを勝手に想定していたのだが、外れてガイド・ツアーの案内付きのみ解放されたダウンヒルコースを降りてくることを受付後の説明で初めて知った。
マウンテンバイクとヘルメット、グローブを借りてプロテクターは無視して装着しなかった。
なにしろ灼熱なのだから。
岩岳の駐車場ばMTBの乗り方、ブレーキの仕方などの事前説明を受け、その場で乗って感触を確かめる。
その後、早速ゴンドラで岩岳山頂に行き、ネズコの杜の脇から頂上ゆり園下までは乗車禁止区域なので自転車とともに歩く。
スタート地点に着いたのはいいのだがイキナリ、バンク・カーブから4連続ウエーブでバイクが空中に飛び出す(パンフの右真ん中左の写真のとおり)。
講師の方からのアドバイスは、「もっとスピードを抑えてください。」とのことだったので、二回目はゆったりと舐めるようにウェーブを通過した。なんてことはない、雪のコブ斜面を滑るのと一緒だ。違うのは岩とか根っ子とか砂利とか轍なのでコントロールが儘ならないだけだ。
途中、講師が危険と思われる場所に入る前に止まり、巧い通過の仕方など説明したのだが講師の直ぐ後にトライした方は見事に爆沈して擦り傷をつくっていた。私はというと無謀なことは極力避ける慎重な性格なので難なくクリアーした。
その後、講師から今日は特別だとかいってダウンヒル・コースとはとても言えない藪の中や崖を自転車を支えにして下るという暴挙にでた。まあー、ガイドがいなければ絶対に通ることのないところに行けたのは貴重ではある。なんでもカモシカに遭遇できる場所なのだとか。
そうこうしているうちに別荘地どんぐりにでて舗装道路を快適に下ってきた。
どんぐりの入り口から少し車道脇路を往き今度は整備されている散策路(クロス・コース)を快適に走る。
そこでも岩や根っ子が確実にあるので気を抜くと小川に転落する恐れがある。
岩岳の駐車場に戻ってきたのは丁度2時間後。
体験会のアンケートを記入するとジェラード無料券がもらえるのでつられて記入したのは言うまでもない。
抹茶のジェラードをほうばり灼熱から解放された。
洗濯船にお泊りのお客様で岩岳MTBコースの滑走をご希望があればお取り次ぎをしますのでお申し付けください。営業は雪が降るまでで、MTB、ヘルメットなどレンタル付きで楽しめます。
なお、私にガイドをお申し出になってもその時の気力・体力等に依りますがスリルを味わうことはできませんのでご承知おきください。
ロードも良いがさりとてマウンテンも捨てがたい。
posted by みのさん at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/152902683

この記事へのトラックバック