2014年08月18日

スーパーなツィーター

悪天候続きだったお盆でしたが今日は久しぶりの青空が臨めました。
GEMのスーパー・ツィーターの片方はダイヤフラムが往ってしまったので交換することになりました。
が、お盆中はカン・サウンド・ラボがお休みだったようなので暫く時間がかかるようです。
一本のダイヤフラム交換が75,600円もの費用がかかるのはSPの価格からすれば安価なのかもしれませんが、10年程度の寿命ではコストパフォーマンスとしてはどうでしょうか。JBLが丈夫なのかも知れませんが性能一辺倒(スーパー)で長持ちしないのでは安心して使用できません。しかも、バランス的に2本同時に交換を勧めてくるのはおかしな話です。実はこのGEMは購入後2年目ごろに一度破損したことがありました。連続200ワットの入力が補償されていたのですが、200ワット近い入力にダイヤフラムが持ちませんでした。それからはせいぜい100ワット程度の最大入力にしていましたが、持ち応えられなかったようです。
とりあえず、当たり前ですが破損していない片方は交換しないで、破損した1本の交換を依頼しました。
そんなこんな時は普通のスーパー・ツィーターを引っ張り出してきて以前の音に戻るのが何時ものことです。
22AWGウェスタンケーブルを半田で留めてあります。
2014_08_18_9999_1.JPG
M9500の背後に隠しておいた秘密のアンプも日の目をみましたので4ウェイのアンプ群が物々しいです。
2014_08_18_9999.JPG
バランス的にはこのSP音の方が聴きやすいと思います。
GEMがもどってきても正位置に戻れるかは保証のかぎりではありません。

posted by みのさん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | デットな部屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102517410

この記事へのトラックバック