2021年06月11日

テディベア

今日も暑い。
昨日はもっと暑かった。
喜んでいるのは薔薇さんだろう。
DSC01460.JPG
野茨は一気に開花して、微香が風に乗ってやってくる。
蕾はどんどん膨らんできているので、あと少ししたら薔薇の園になるかもしれない。
蕾といえば、夏椿も沢山準備している。
DSC01468.JPG
今日は看板の下のテディベアがあっという間に開花してくれた。昨日までは固い蕾だったのにだ。
しかしながら、来週からは天候が崩れるようなので、梅雨入りになってしまうかもしれない。
森の元気な合唱団が心地よい。
posted by みのさん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2021年06月09日

立てば芍薬

今日は暑くて陽射しが強い。
今季一番の外気温28度に達している。
こうなると自ずから動きが緩慢になってしまうので、庭仕事は捗らないのは何時ものことだ。
DSC01416.JPG
昨日から咲きそうな気配を見せていた芍薬が一気に二輪咲きだした。
陽があがるとともにどんどん開いていくのが手に取るように分かる。
DSC01419.JPG
同様に開花し始めたのは野茨で、たくさんの蕾が待機している。
DSC01430.JPG
他ではアイスバーグやハマナスの白い花が目立っている。
DSC01435.JPG
最盛期になっているのはキスゲで、これでもかと咲き誇っている。
春ゼミも最盛期を思わすように彼方此方で鳴いている。
カッコウは時々だが良い声を響かせてくるし、キツツキの木の幹を叩く音も響き渡ってくる。
夜はモリアオガエルが鳴くので、音楽を聴くまでもなく、森の音楽界の演奏会が堪能できる。
オーディオ装置の限界を肌身で知ることになる。

posted by みのさん at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2021年06月06日

カクテルとモリアオガエル

こうといった関係はないのだけれど、カクテルが咲いたのとモリアオガエルが卵を産んだのが同時期なだけの話である。
洗濯船の看板脇のカクテルの一番花が今年も元気に咲いてくれた。
DSC01392.JPG
蕾もスタンバイしているので、そのうちに賑やかになるだろう。
他の薔薇も蕾が大きくなり始めているので、今少し暖かくなってきたら一気に咲き乱れるのではないかと期待値を含め思っている。
薔薇科ではハマナスが最盛期を迎えていて、次から次へと花を開花させている。
DSC01393.JPG
惜しむらくは、開花している期間が短いので、すぐに散ってしまうことだ。
一方でモリアオガエルが、池の淵に卵の塊を産卵している。
DSC01395.JPG
本当は木の上の枝に産卵するのだが、適当な池の上向に張り出した枝が無いためなのか、木に登るのが面倒になったのか知る由はないのだが、最近は横着になったのかもしれない。
天敵の蛇が少なくなったのかもしれないが、全く居ないというわけではないのだが、本当のところはこれもわからない。
風もなく静かな日曜日になった。
posted by みのさん at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月01日

絶好調

今月の初日は好天気の幕開けになった。
こうした中絶好調なのは春ゼミで、あちこちで鳴き声の競演をしている。
春ゼミはヒグラシとほぼ同じ体をしているが、少しだけ小さいように思える。
一見するとどちらなのか区別するのは難しいが、鳴き声が全く違うのと季節が違っているので、よく観察すれば分かるかもしれない。
庭では花々が絶好調になっている。
DSC01360.JPG
残念ながら、我が体調は絶好調に程遠いので競演はままならない。
今日から三年間、県知事からレンジャーの委嘱があったので微力ながら自然環境の保全に協力していこう。
白馬村の姫川源流では、梅花藻(水中や水面で梅のような白い花が咲く)が全滅してしまったようだ。
以前は一面に咲き乱れていたのだが、最近は見かけなくなってしまった。
原因はおそらく人災で、源流を清掃するレンジャーを含む人たちが、底にある苔などをむしり取ってしまった所為だろう。
本人たちは、綺麗にしようとして清掃をしているのだろうが、自然環境に人為的に手を入れるのは逆効果であることを理解していないことになる。
こうした困った善意の押し付けを自然環境にしている人たちのお陰で、自然が人為で消えて行ってしまうのが止まらない。
また、こういう人たちに限って話は通じないので、余り深入りすることはできないし、県の方からも止められている。
体調がよくないのはこういうことが原因なのかもしれない。


posted by みのさん at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記