2021年01月30日

白馬村のコロナ

今日は長野県内で12名の感染者がありました。
そのうちの9名が白馬村です。
小さな村が突出しているのはどうしてでしょう。
posted by みのさん at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

ビリーホリディとエディットピアフ

今日のSP盤のコーティングとコーティングを剥がす作業は、世界の大御所といっても過言ではないお二人です。
最初は、ビリーホリディからはじめましたが、コドモアの「奇妙な果実」になるころには、圧倒的な歌唱に打ちひしがれてしまうことになり、作業ははかどりません。
ビリーホリディDSC00929.jpg
コドモアのレーベルは、SP盤の製作施設をもっていないので、大手のコロンビアレコードとデッカレコードに委託していましたが、音質的にはコロンビアで製作されたSP盤のほうが優れているように思います。
また、コロンビア・レコードで発売されたビリーホリディのSP盤の音質は、良いものもありますがあまりよくないのもあり、バラツキが大きいように感じています。
コドモアのなかでは、「イエスタディズ」がとても気に入っています。
ピアフDSC00930.jpg
次に、エディットピアフにうつりましたが、これもはかどりません。
フランスのコロンビア「バラ色の人生」は、素晴らしい音質の歌唱にひれ伏すことになります。
面白いのは、エディットピアフのデッカのSP盤の音質ですが、本場ということもあり、コロンビアを凌駕するほどです。
困ったことに、大御所の後は続くことが難しくなり、今日の作業はこれで打ち止めです。
実は、コドモアのレコード販売店の近くにブルーノートの会社があって、ブルーノートのSP盤はコドモアの販売店で取り扱ってもらっていたそうです。販売網を持っていなかったブルーノートの繁栄は、コドモアがあったからこそであり、ここからスタートできたのは幸運だったといえるでしょう。
posted by みのさん at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2021年01月29日

今日のコロナ状況

今日の白馬村でのコロナ感染数は、県内の感染数中の半数を占めてダントツ一位になりました。
危機的な状況のままです。

posted by みのさん at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 告知板

チャーリーパーカー

ジャズの世界でパーカーといえばチャーリーパーカーは当たり前になっている。
パーカーを知らないでジャズを語るなどはあり得ないのが普通であった。
今となっては、せいぜい万年筆のパーカー程度が良いところだろうが、忘れ去られてしまうことがあってはいけない。
古いスタイルのジャズからモダン・ジャズへの過渡期にすべてのジャズ演奏家に影響を与えたばかりでなく、モダン・ジャズの演奏家からすれば神様のような存在になった偉人といえる演奏家である。
LPやCDでパーカーの演奏を聴こうとすると、古い録音の所為で劣化してしまった音質面に問題があって、よく聞き取れないことが多く、本来の演奏に程遠いことから敬遠されてしまうことになる。
本当にもったいないことなのだが、手がないことはないのだ。
それは、オリジナル音源であるSP盤を聞けばパーカーがわかるというものだ。
そういうことで、ブルーノートのSP盤のコーティングとコーティングを剥がす作業が終了したので、次にチャーリーパーカーに手を付けることにした。
DSCN0914トリミング.jpg
全ジャズ愛好家万人にお勧めできるのは、「チャーリーパーカー ウィズ ストリングス」だ。
ここでは普通のチャーリーパーカーを聴くことができる。
サイドメンも豪華で、バディリッチやレイブラウン、ミッチ・ミラーのストリングス指揮で、申し分ない演奏になっている。
普通ではないチャーリーパーカーもこれあり、あまりお勧めできないが、怖いもの見たさで一度だけ聴くこともよい経験になるかもしれない。
DSCN0916トリミング.jpg
ずばり、ダイアルの「ラバー・マン」で、チャーリーパーカーの発狂寸前の演奏ということになっている。この直後、サイドメンに殴り掛かり病院に搬送入院したといわれている。
トリミングDSCN0918.jpg
当時はやっていた薬の効きすぎでなのだが、薬の犠牲者になってしまったマイルスデイビスとの演奏も聞きごたえがあるので一聴の価値があるのは言うまでもない。
コーティングしながらチャーリーパーカーの演奏を聴いていると時間の経過を忘れてしまって困る。
まあー、今日は雪降りなので狂気の世界に浸るのもタマにはよいかもしれない。

posted by みのさん at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2021年01月28日

白馬村のコロナ感染状況

県の最高警戒レベル5になって一週間になりますが、本日も白馬村内で7名の感染者があり、県下で一番多くになりました。
収束の気配の見えない中での宿泊業としては、感染リスクを避けるために自主的に休業することでの対応にすることにします。
posted by みのさん at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

BLUE NOTE

いよいよSP盤のコーティングにとりかかりはじめて二日目になった。
初日は、HMVの小型蓄音機を使用して、美空ひばり、エディトピアフ、諏訪根自子などのSP盤を作業した。
二日目は我が家の家宝に手を出すことにして、敬意を表して1927年製ビクトローラーを使用してブルーノート・レコードのコーティングと剥がす作業を行った。
因みに、HMVとビクトローラーの音質の違いは、HMVのホーンは金属製であるのに対し、ビクトローラーのホーンは木製であるので、自ずとその違いが音になって襲ってくることになる。
家宝は沢山ある(本当か?)のだが、一番は、BLUE NOTE の第一回発売 12インチ BN1(ルイスの「メランコリー/ソリチュード」)のコーティングとコーティングを剥がす作業を行った。 
DSC00925.JPG
このSP盤は、1939年1月6日のブルーノート誕生に合わせて、アルフレッド・ライオンがマンハッタンの貸しスタジオでアモンズのソロ9曲、ルイスのソロ8曲、二人のデュエット2曲の計19曲をレコーディングしたもののうちの第一回発売の2曲で、同時に、BN2として(アモンズの「ブギウギストンプ/ブギウギブルース」)が、少部数おそらく各25枚市販されたといわれている。当時としては割れやすく高価な12インチ盤は商売に不向きであったが、ライオンはミュージシャンの録音時間のほうを優先することにしたことによる。
また、ラベルの色が赤・黒なのは、ライオンのドイツ訛りの英語を印刷会社が聞き違えたためだったらしい。 
この第一回発売の2枚がライオンがおもっていたよりも売り上げが好調だったので、翌年の1940年に各25枚を再販売したといわれ、この時点から青・白のラベルになったとのことだ。
DSC00928.JPG
我が家の二番目の家宝は、この青・白ラベルになったBN2に他ならない。
この12インチ盤は、56盤までの番号があるが、我が家では残念なことに数枚だけの収集に終わっている。
この後、ブルーノートのSP盤は、10インチになり500盤台、1500/1600盤台、ほんの少数の1200盤台と続いた。
面白いことに、我が家のBN1とBN2では、再販のBN2のほうの音質が若干優れていて、おそらく製盤会社がBN1がデッカで、BN2がコロンビアではないかと思う。これは、ビリーホリディーのコドモア「奇妙な果実」のSP盤がそうであったので、なぜか納得してしまう。
それはそうとしてSP盤のコーティングと剥がす作業は、一日あたり10枚程度が適当なので、はかどらない事といったらありゃしない。
焦らずゆっくりとやっていこうと思っている。暇なことでもあるし。

posted by みのさん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2021年01月27日

CDからSPへ

CD音楽ソフトのデーター面の清掃と保護及び音質向上を図るため、コーティング剤の添付と同時に波動転写を実施していたが、ほぼ全てが完了した。
この効果はすばらしいもので、CD再生時の読み取りエラーの激減と虚数領域の波動の相乗効果での音質向上が聞きとれることになった。今まで何となくぼけていた音が鮮明になったり、デジタルらしい優れた音質が音楽をよりらしく描き出してくれるようになった。
良い録音のアナログ・レコードに大きく水をあけられていたCDデジタルも、そう捨てたものではない事を確認できたので、大変喜ばしい出来事だ。
ただし、そうはいってもアナログ・レコードに刻まれている際限のみ極みが見えない音とはまだまだ隔たりがあるのが事実なのだが、デジタルの音の良いところはそれはそれで聴きごたえがあって素晴らしい。
次に着手するのはSP盤になる。
DSC00918.JPG
アナログ盤の大御所といえるSP盤は、レコードされた溝幅がLP盤より大きいことと、針圧の大きい鉄針などによる摩耗が激しく針も盤も再生の度にどんどん消耗していく。
これを軽減するための盤面のコーティングはとても有効なので、実施しない手はない。
しかも音質についても相当の向上効果が認められ、波動転写とあいまってびっくりするような音に出会うことになる。
元々濃い音を再生するSP盤がより実体感を持つことになり、電気再生のオーディオ機器の存在意義が問われることになるので、まずいことになってしまう。
地下のデットな部屋のJBLが何とかSP音源に迫ったのも束の間、また差を開けられることになったようだ。
問題があるとすればその手順で、コーティング後に余分なコーティングを剥がすために、鉄針でいちいち再生しはぎとる作業が必要なことだ。
これにより多くの作業時間が必要になるとともに、片面に一本必要な鉄針の消耗数がおびただしいことになり、心中穏やかとは言えなくなってしまうのは貧乏性の所為であるためで仕方ない。
まあー、暇なのでよい音のためには忍耐することが肝要だろう。
さて、LP盤については溝幅の細さとあいまって、コーティングを剥がすためのカートリッジの選定が難しく、その時間も長くとることになるので躊躇しているところだ。
とりあえずはSP盤に気合いを入れていくことにしよう。


posted by みのさん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2021年01月24日

ついに公表する

白馬村のコロナ警戒レベルが5にひきあげられ、なお毎日のように陽性者がでていますので、厳重なコロナ対策を必要とするのですが、白馬村では他人事のよう手を打とうとはしません。
エコーランド地区においても、数名の陽性者がでていますが、噂話でしか伝わってきません。
この噂に出てくるお店を概観すれは、「さもありなん」と思ってしまうのは、日ごろの状況がそう思わせるためです。きちんとしたコロナ対策をしているとは到底考えられないのですから、変に納得してしまうことになります。
県の時短や酒類提供店への休業要請の中、この範囲を松川の南、平川の北、東は大糸線の区画内、とした線引き理由も明かさずじまいです。
この線引き範囲内にあるスキー場は、八方尾根スキー場だけですから、陽性者を多数輩出していることは村内にいればだれでも分かりますが、八方尾根スキー場はまだ隠し通していました。
しかしながら、諦めたのでしょうか、今日になって新聞誌上で公表になりました。
エイブル五竜スキー場では、当に陽性者が出た際、働いていた場所など公表していました。この後は徹底的な感染予防に努めるとしていましたが、まだ陽性者を出しています。
他の村内スキー場でも同様であろうと考えるのは無理がないとおもいますが、線引きの外側になります。
村を含めて隠蔽する体質が抜けきらないので、コロナ対策が後手後手にまわってしまい、どうにもならなくなってから仕方なく公表することになったのでしょうが、これも全てではありません。
村内全体でのコロナ対策を実行しなければ、封じ込めることはかなわないでしょうし、私たちの観光業の疲弊は取り返しのつかないところへ追い込まれてしまいます。
県の時短と一部の休業要請では、お茶を濁しているとしか思えません。
今、一部の酒類提供業者に一日あたり4万円支給といった経済効果を優先するようなことで、村内の観光関係業者は救えるのでしょうか。
村長をはじめとして村役場は真面目に手を打ってほしいものです。
追記;今日はついに県内の感染者数中で白馬村は11名となりトップに躍り出ました。
   

posted by みのさん at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2021年01月21日

満天の青空

皮肉にも、県独自のコロナ警戒宣言のレベルが最上位の5に引き上げられた白馬村は、青空がいっぱいに広がる好天気になった。大都市の松本市とかたを並べる形になったことになる。
DSCN1255切り抜き.jpg
この一年にわたるコロナ禍の影響で、少なくなった観光客やスキー客(特に外国人)に増して、飲食店の時短営業の勧告や酒類提供店の営業取りやめなどが発令されるとのことだが、これでコロナを封じ込めるとは誰も思わないだろう。
観光に携わる関係者は勿論のこと、疲弊の増長はあらゆる産業を巻き込むことになり、今までお客をお客とも思っていなかったり、地元の観光関係業者を無視してきた慢心は音をたてて崩れていくことだろう。
また、go toキャンペーンに踊らされた村議会議員が、金に目がくらみ強引に押し進めようとしたその策(ゴーツー商店街の補助金を使って2月14日まで地区に550万円のイルミネーションを設置するというもの。しかも当面150万円立替することになっている。)は、地区の活性化にはならないばかりかイルミネーション業者に金が動くだけで、地区の役員会で当然反対した。議員が墓穴を掘ったも当然といえよう。地元の役員が反対決定したgo toキャンペーンを自己の権力と金の力で強引にひっくり返そうと企むその姿勢は、糾弾されて当然な行為であることを承知すべきだ。
また、コロナの感染をひた隠しにしているスキー場の経営者なども同罪であろう。
これからの二週間はレベル5が維持されるので、つつましく生きていくことにしよう。
青空のある限り。


posted by みのさん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月20日

白馬村にコロナ警戒レベル5の発令がありました。

今日も白馬村で4人のコロナ感染陽性者がでましたが、同時に県独自の警戒レベルが最高の5にひきあげられ、飲食提供店への時間短縮要請と酒類提供店への休業要請が発出されました。
白馬村内では連日、陽性者があり、特に観光に関わる寮からでていますので、この季節はスキー場にほかありません。
今日から二週間は警戒レベル5になりますので要注意になります。
洗濯船では、自主的に防衛しますので、この間のご利用はご遠慮いただきますので、よろしくご留意ください。

posted by みのさん at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2021年01月16日

ボタン雪

きょうの朝方は雨降りになってしまった。
しかしながら暫くすると雪模様にかわりはじめたが、大きな雪になって落ちてきた。
DSCN0907.JPG
ボタン雪といっているが、外気温がプラスの所為で雪が粒のように大きくなってしまっているのだろう。
DSCN0908.JPG
こうしたことから落下すると直ぐに溶けてしまい積雪にはならない。
なかなか乙な雪見になっている。



posted by みのさん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月14日

大荒れ模様

今日は朝から青空がでたものの雪交じりの雨降りになり、屋根や木々にこびりついている雪塊が次から次と落下している。
そうこうしているうちに、今度は強風が吹き荒れて千切れた枝が吹き飛んでいる有様だ。
雪塊も飛んでくるので室外に出るのは危険極まりないので、室内でおとなしくしていることにした。
この状況の中にあって外気温が10℃近くまで上昇している。
雪はどんどん解けて道路はぐしゃぐしゃ状態になっていて走りづらいことになっている。
しかも、ちぎれとんだ枝が散乱していて大荒れ模様を演出している。
大荒れはこれだけでは収まらない。
長野県では、医療非常事態宣言を発令し、南信州には圏域に特別警報を発出した。
とどめは、今日の白馬村からは5名のコロナ陽性者でて、長野県内のベスト3にまで躍進している。
風は夕刻にはおさまったが、コロナはどうなるのだろうか。
posted by みのさん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月11日

コロナ感染拡大中

今日は穏やかな連休最終日になりました。
とは言え、昨日も白馬村ではコロナの陽性反応者が3人でています。これは長野市を上回っていることになります。
今までの公式な発表ではありますが、総計で20人に迫らんとしています。
発生場所については、メディアなどには出てきていませんが、集客への影響を及ぼさないようにしているふしがあります。
しかしながら、良くない噂や話は自ずとつたわってくるものですから、隠し通すことは容易ではありません。
新潟県では、スキー場のアルバイトが感染したとはっきり言っていて、それなりの対応のしようがありますが、白馬では隠しているのが実情ですからどうなるのでしょうか。
このところの大雪で村内の各ゲレンデには十分な雪がありますが、私としてはリスクを冒してまで滑りに行く勇気は持ち合わせていません。
なお、洗濯船にお泊りのお客様への送迎は、申し訳ありませんがコロナ禍が収まるまで取りやめさせていただきますので、ご承知おきください。

posted by みのさん at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2021年01月09日

除雪の毎日

日本海側、特に北陸の大雪は白馬山麓までの影響は少なかったようで、毎日20から30cm程度の降雪量になっている。
それでも毎日の積み重ねが見た目の積雪量を多く見積もることになってしまう。
これは除雪機で飛ばした雪も重なっているので、割り引かなければ本当のところはわからない。
DSCN0885.JPG
雪の問題は量ではなくて質にあって、このところの雪質が湿雪であるため、木々の枝にこびりついてしまっていることだ。
このため、持ちこたえられない枝は折れてしまい落下してくるので、道路をふさいだり、運の悪い車はフロントガラスを突き破ってくることもある。
DSCN0889.JPG
枝についている雪塊も氷と化しているので、直撃を受けると車がへこむこともあるし、頭にあたたっりすると痛いだけでは済まない。ヘルメットが必要になってきている。
屋根に積もっている雪塊はもっと始末が悪く、雪崩状態で落ちてくるとその下にいる人は確実に死に至ることになる。
今年も除雪による事故が多発しているので、十分な注意をしながらでないといけない。
ことコロナに至っては、このところ白馬では毎日のように感染者が出るようになり、スキー場内での感染も視野に入れておかないといけないので、買い物を含めて外出の自粛と感染防止対策をしていかなければいけなくなっている。
一都三県に緊急事態宣言出された日にも関わらず、東京在住の方からご宿泊の予約がはいったが、緊急事態の意味が理解できない人のようであり、懲りないお客様を迎える施設としては戦々恐々になっている。
経済活動や自尊心優先ではコロナを封じ込めない状況であるにもかかわらず、ワクチン神話にすがる政策と自己を非凡人と思い込んでいる多くの洗脳された国民では、逼迫した状況からの脱出は無理だと言い切れる。
詰まる所は過去の積み重ねた経験を酷使して自己防衛するしか手はないのだろう。
これまでの自己の積み重ねが問われているということだ。
静かではあるが緊張の毎日が続く。

posted by みのさん at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月07日

低域の再構築

本業は休業状態をよいことに、趣味の世界がどんどん躍進しているのは如何なものか。
とは、全然思っていない有様なので後悔なんぞもあり得ない。
こんなんだから、今まで躊躇していたことも一気に実行することにし、成果はすこぶる良い方向に向かって猛進している。
音楽ソフトに至っては、量子力学を応用した波動転写が、ソフト本来に備わっている音楽に関わる音質の描写に相応の効果が表出されるようになり、満足度が相当高くなってきた。
特にCDの音質向上は目を見張るものがあり、デジタルの本来の凄みが音楽の音として聴けるようになったのは僥倖というほかはない。これまでは、CDの音が音楽的な弱点として耳に付いていて、よい音質のアナログ・レコードに歯が立たなかった。
しかしながら、良いことばかりではないのはこの世の常であり、今度はオーディオ機器の音のバランスに問題が発生してきた。
これはとりもなおさず、機器の調整が未熟なためで、やり直しを迫られることになる。
DSC00915.JPG
今回は、デットな部屋のJBLスピーカーの音質に異変が発生し、端的に言ってしまうと音が面白く無くなってしまったのだ。
原因は直ぐにぴんときて、46cmツインのスーパーウーハーにあることが、天の声からも寄せられた。
この46cmツインについては、音があやふやでM9500の35cmツインウーハーと上手く繋がらなかったので、スピーカーケーブルをウェスタン16AWG撚り線をあてがうだけで、きっちりと調整していないのだった。
これでは性能が発揮できないのは当たり前なので、今回はしっかり気合を入れてスピーカーケーブルをグレードアップした。
DSC00916.JPG
まず、ウェスタン16AWGのプラス側スピーカーケーブル長の真ん中あたりに、ベルデンの16AWGエナメル単線(写真下)を15cm×10本を束ねて挿入した。これは左右のプラス側ケーブルとも同様にした。
次に、マイナス側には、ロシア製キュービックワイヤー3.5×5.0mm(写真上)長さ20cm一本を、スピーカーケーブル長の真ん中あたりに左右ケーブルそれぞれに挿入した。
この効果はてきめんで、いきなりでてきた音に腰を抜かすことになった。
期待値はたかかったものの、マイナス側にはキュービックワイヤーを一本だけとりあえず挿入したまでのことで、本来は二本挿入しようとしていたのだった。
音楽が踊り始めたので面白くなってきた。
ジャズが生き生き、私もイキイキ。
超高域バランスはイマイチ。
これは問題なく調整可能な領域だからウキウキしてしまう。
このまま一本で我慢できるかは神のみぞ知るところだ。
ソフトとオーディオ機器が仲良くなってきた。



posted by みのさん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | デットな部屋

2021年01月02日

連鎖

今日は小雪程度の雪降りになっている。
DSCN0868.JPG
時折風神がやってきては枝に乗っている雪塊を落とすので、静寂のなかにあって落下音が雷鳴のようにこだまする。
昨日からの降雪量はせいぜい10p程度なので、かべを構築していく除雪車もお休みなので、こちらも除雪機を使っての除雪するまでもなく今日はお休みにした。
今日は新聞がお休みで、郵便配達もお休みだし、JR大糸線もお休みと、連鎖になっている。
ついでに日本中お休みしたらよいのに、と思うのは毎年のことだから仕方がない。
DSCN0874.JPG
久しぶりに新年の初めから雪景色になって、モノトーンに染まる美しさを堪能できるのは喜ばしい。
ツララに至ってはどんどん成長していて2mに迫らんかなとなっている。
すでに一昨年の降雪量を超えたのではないかと思うぐらいだ。
DSCN0869.JPG
洗濯船へのかわいい訪問客も、入れ替わりながらひっきりなしに来てくれるで食事の用意が忙しい。
今季はスキーをお休みにしたので、運動不足にならないようにしないといけないのだが、スノーシューで散歩するのが良いかもしれない。


posted by みのさん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月01日

やってきた年

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。
6回目の年男を迎えてしまったけれど実感はなくて、まだまだ修行中の身であることのほうが勝っている。
昨今は、オーディオの機器とソフトへの量子力学の応用は奥が深く、考えながらのことだけに音と音楽への反応が新鮮に感じられている。また、蘚苔類と地衣類の観察、日本の神話と歴史の関係究明、縄文時代以前への回顧、白馬山麓めぐりガイドの継続などなど、暇を持て余す余裕はない。
ところで、夜明け前の午前4時ごろになって白馬村に大雪警報が発令された。
3時頃には除雪車がきて道路の雪を押し分けていった後になってなんとピントの外れた発令なのだろう。 
今回は40pほどの降雪だったので、ほかの宿に宿泊しているお客の車が道路でスタックしてしまったり、駐車場から出られなくなっていたりしていた。
風物詩と言ってしまえばお客様には申し訳ないが、雪を甘く見ていると動けなくなることは雪国では普通のことだ。
大雪が予想されるときは、事前にタイヤにチェーンを捲いておくものなのだ。
我が家では年末年始は動かないことにしているので、なんともなく過ごす事が出来ている。
とりあえず駐車場と玄関までの通路、車庫前、洗濯船前の道路の拡張(除雪車が築づいていった壁を崩さないと道路の幅がせまくなってしまうため)など除雪は実施した。
今回の降雪で雪国らしくなってきた。
DSCN0860.JPG
庭に出現する綿帽子はかわいらしい。
posted by みのさん at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風