2020年12月31日

ゆく年

今年は何となく大晦日になってしまったようだ。
コロナ禍により4月中旬以降、実質休業状態になっていたのだが、開業以来はじめての年末年始を休業としたので、ゆったりとしている所為だろう。
こんなんだからいつもと違うことをしでかすことになるのは当然といえる。
カラヤンのベートーヴェン交響曲全集東京ライブ盤などをもちだして、第九をマッキントッシュのスピーカーで聞いたりしてしまったものだ。
こんな年末は経験したことがないので新鮮なことといったらありゃしない。
そして、いよいよゆく年がせまってきて、本来ならば長谷寺の除夜の鐘をつくのだが、今年はコロナのために中止になってしまったので叶わず、自宅で音楽を聴いて年越しにすることにした次第だ。
DSC00912トリミング2.jpg
聴くのは、エディ・ヒギンズトリオから「アズ・タイム・ゴー・バイ」にした。
しっとりと落ち着いたゆく年にしよう。
今年お世話になった皆様には感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました。

posted by みのさん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブな部屋

大雪警報の結果

今日の明け方前の4時頃に、白馬村に発令されていた大雪警報は解除され注意報へと所を変えた。
除雪車も出動し、相変わらず昨日の雨で固まった道路の悪雪を道路の左右に振り分け壁を作っていき、この壁を取り払うために道路に沿って住んでいる住人は、除雪機を出動させなければならないし、除雪機を持たない住人はスコップを持ち出さなければ壁を壊せない。この壁を越えて出入りもできることはできるが、若い人はともかく年寄りには酷になる。思いやりは微塵も感じられない。
まったくもって余計なお世話になってしまう白馬の除雪なのだが、どうしようもない慣習になっていて実施者は意にかえさないでいる。
道路の除雪とは、道路の雪を取り払うことであるのは言うまでもないことだが、国道はできているのだが、県道・村道以下になると手抜き除雪が蔓延していて、何のための除雪なのか真剣に考えるべきだ。
ところで、大雪警報の結果だが、我が家の庭で多く見積もっても15p程度の積雪だったので、白馬駅あたりでは10p程度なので、この程度の降雪はなんてことはないのだが、JR大糸線は計画通りの運休にしている。
安全最優先というのだろうが、年末休暇も計画通りにしたことは疑いようがない。
今年一年を象徴しているような大晦日となってしまったようだが致し方ない。
まっとうな人間を育てない国の生末は、政治が鏡となってくれていて、しっかり俯瞰できるので自己防衛していくことが肝要になる。
ただし、明日を思い煩うことはしないようにする。

posted by みのさん at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月30日

大雪警報発令中

今日は午前中から雨降りの最中にも関わらず大雪警報が発令された。
一緒に雪崩注意報もついてきている。
JR大糸線にいたっては、午前中の早いうちに今日の16時以降信濃大町から南小谷駅間の運休と明日31日の16時までの運休を発表する有様だ。
天気予報に合わせた先取りした運行規制といえば聞こえはよいが、少ない観光客を当て込んだ年末休暇と言えなくもない。
午後に入っても雨降りが続いていたが、だんだんと雪交じりになってきている。
外気温も少し下がってきているが、氷点下には届いていない。
時折、風が木々を大きく揺らし始めたので、嵐の到来の予兆かもしれない。
この調子でいけばJR大糸線の運休判断が的を得たことになるので、前言を撤回できるかもしれない。
本当に心配なのは雪崩のほうで、スキー場とその場外にはいっているスキーヤー及び冬山登山者だ。
自己責任とは言うけれども、救助依頼されれば何とかすることになる隊員はたまったものではないだろう。
何もできない身としては、年末年始の事故が無いように祈るばかりだ。
細かい雪が舞ってきて白い世界を演出してきた。
posted by みのさん at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月29日

元気いっぱいな

今日は嵐の前の静けさなのか、風もなく外気温が高くなり穏やかな日になっている。
とりあえず、雪嵐が来ても大丈夫なように、食料の調達や家の周りの片づけになど万端終わらせておいた。
DSC00896.JPG
庭の木々の幹では、時折差し込む日差しに映えて蘚苔類や地衣類が元気にしている。
折れて落ちてしまった枝についている地衣類は拾い集めておいたので大丈夫だ。
「矢でも鉄砲でもやってきやがれ」といったところで、死語になっているかしらん。
今思い出してしまったのだが、メダカさんの今日の食事を忘れてしまっている。
きっと目をむいて怒っていることだろう。
posted by みのさん at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑

2020年12月27日

影の妙

年末年始は大荒れの天気予報になっているが、今日は気温が上昇して風もなく穏やかな天候になっている。
DSCN0848.JPG
屋根の成長したツララもすっかり落ち切ったので、軒下も安全地帯になった。
裏庭には近くの杜から訪ねてきてくれた動物の足跡がくっきり残っていて、元気にしているようで一安心といったところだ。
洗濯船は開業20年目を迎えているのだが、今年末年始は開業以来初めての休業とした。
これは、コロナ禍の収束が見込めない中での営業は無謀すぎるので、最大の稼ぎ時を棒に振ることにしたものだ。
自己防衛は、このほかの選択肢はあり得ないという理由からなのだが、今後しばらくはコロナの収束の見込みがつかないことから、年始以降の防御策を如何にするかが悩みの種となっているが、悩みは尽きないことが想像できるので、暇を持て余すことは無いだろう。
WHOのコロナ担当官の発言に、「コロナウィルスは幼稚で不完全なウィルスなので変異種が多く発生するのだ。」と、話していたが、幼稚で不完全なのはあなたのような人間で、コロナウィルスは、人間の殺菌・消毒防御に対して戦いぬくために変異しているのだ。だからより強力な能力を獲得して人間に立ち向かってきていること、これを侮ってはいけないのだ。
思いあがった人間に対して、鉄槌を下してきていることを思い知るべきだろう。
忖度の蔓延する政治が何もできないのは、政治が国民の鏡なのだから、どうしようもない。
打つ手は自己防衛しかない。
白馬村でも6人の陽性者が出ている。
DSCN0853.JPG
忍び寄るコロナの影は気分がよくないが、雪原に出現する影は素晴らしいデザインになっていて妙といえるほどだ。
今年は初めての静かな年末年始になるので、落ち着いて年神様と語り合えるかもしれない。

posted by みのさん at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月23日

暖かい日

今日は打って変わって暖かくなりました。
DSCN0839.JPG
日差しもあり、どんどん雪解けが進んでいます。
裏庭の景色も変わってきていて、木々の枝に動物が張り付いているような雪塊もあり楽しめます。
DSCN0837.JPG
屋根に張り付いている雪も大分おちましたが、執拗に粘っているのもありますので、軒下にはいかないようにします。
直撃を受けたりすると大けがは間違いのないところですから。
世間はクリスマスのようですが、今年は静かです。
posted by みのさん at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月17日

初出動する

今朝がたには大雪警報が解除されて降雪は落ち着いてきた。
12月の中旬としては、そこそこの降雪量で30〜40cm程度は積もったかと思う。
午前3時頃には今シーズン初の除雪車が家の前を通って行った。
相変わらずの雪かきして左右にふりわけていくだけなので、車や人の出入りができなくなってしまう迷惑行為なのだが、道路だけは車が通れるようになる。
名ばかりの除雪に対して、車も人も出入りができるようにするには、我が家の除雪機を登場させるしかない。
これも今シーズン初のお目見えとなった。
大した量の除雪ではないので、あっさりと午前中で片づけ終えた。
今日は時折陽射しがでてくるが、これも時折突風が吹き荒れてブリザードのごとく視界不良に陥ってしまう。
午後は静かに雪見をしていよう。
posted by みのさん at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月16日

ツララの出来栄え

降り続いている雪は20cm程度までになった。
ただし外気温が高いせいもあって、湿った雪が木々の枝にこびり付いていて、これを落としてやらないといけない。
室内は暖房のお陰で暖かくしているので、雪景色を眺めていればよいことになる。
DSCN0826.JPG
暖気が屋根裏まで行っているようで、ツララの揃い踏み状態が出現している。
DSCN0825.JPG
今年の出来栄えは、最初にしてはなかなか見事といえるが、ツララの間から除くその先の雪景色も一望に値する。
とりあえず、八方尾根や五竜のスキー場が一部分オープンしたようだが、皮肉なことに来客は極めて少ないようだ。
スーパーで買い物をしていると、買い物をしている人数やその買い物の品種や数で凡その見当がついてしまう。
posted by みのさん at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2020年12月14日

雪景色になる

昨夜半から本格的な雪降りになったらしく、今朝がたには久方ぶりの雪景色になっていた。
DSCN0822.JPG
とは言っても、5cm程度なので白馬ではどおってことは無いのだが、もし都心にあっては交通マヒになってしまうだろうと想像できる。
かなり湿った雪の様相である樹氷の発達できそうな雪質なので、これ以上枝にこびりつくと耐えられなくなってしまうだろう。
DSCN0821.JPG
それにしても、白黒へと一変した景色は見ごたえ十分で飽きることは無い。
寒いのでストーブの前で猫のように温まっていよう。


posted by みのさん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2020年12月13日

雪のようす

今朝方は雪交じりの雨模様だったが、だんだん雨交じりの雪に変わっていった。
そうこうしているうちに、ボタン雪になりどんどん落ちてきた。
DSCN0814.JPG
庭の木々に薦を捲く作業は、先週の11日に済ませてあったのでゆったりとしていられる。
スキー場は雪不足に喘いでいるので、たんと降ってほしいところだが、なかなかそうもいかないようだ。
コロナの影響もあってお客様の居ないことをよいことに、オーディオ機器の音質改善が捗り絶好調と言いたいほどだ。
しかしながら、問題が起こってくるのもいつものことで落とし穴がまっている。
マッキントッシュのスピーカー用イコライザーが異変を起こし始めて、時折音像が左寄りに動いてしまうとともに、右の音圧が少なくなってしまうことが、まま起こり始めてしまった。
修理に出せることは確認できたのだが、稼ぎがないときに、その費用が捻出できないので、量子力学の波動転写を使って劣化した部品の再生を試みたところ、万全とまではいかないまでも、何とか聴ける状態まで復旧できた。
イコライザーをアンプ側で入出力の切り替えができるように接続を変更して、イコライザーを使用しないでも聴けるようにもしてみた。
いろいろとやってみるものだと再確認したものだし、落とし穴に嵌まっても軽傷で済ますことができたのでひと安心。

posted by みのさん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録