2020年09月29日

シャジン

今朝は寒くて目が覚めてしまった。
一けた台の外気温は体が未だなじんでいないので余計に寒く感じてしまうのだろう。
それでもお昼ごろになると20℃を超えてきたので暖かく感じてしまったほどだ。
DSC00770.JPG
庭では白色のシャジンが開花した。
DSC00772.JPG
少し前には青いシャジンが開花したので、揃い踏みになっている。
DSC00773.JPG
そういえば白色のシュウメイギクも咲いていて、これも赤と揃い踏みしている。
この季節は花の数が少なくなって寂しいのだけれど、かわいい花たちが周囲を明るくしてくれている。
暑さに弱い体なのだが寒さにも弱いので、どうしようもない。

posted by みのさん at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年09月23日

熊棚

今日は快適な天候になって、どんぐりもせっせと落ちてくる。
昨日きれいに拾い上げた苔庭なのだが、今日にいたってはあちこちに点在している有様だ。
仕方がないので繰り返し拾い集めることにする。
まだ序の口といったところだろう、これからが本番となりどんぐりの雨が降る。
ところで、我が家の裏庭では最近になって熊棚ができた。
DSCN0699.JPG
熊の寝床ともいうようだが、ほんの10メートルほど入ったところの楢木の頂上近くに二つある。
一匹なのか二匹なのかはわからないが、とにもかくにも近くに来ていることは確実だろう。
昨年は、我が家の駐車場に特大のウンチをしていた熊さんがいたが、同じ熊さんかもしれない。
とりあえずは、庭に足跡やフンの形跡がないので、裏の杜の中に生息域を確保していると思う。
これから食べ物が少なくなってくると、我が家の庭の大きな楢木の上を寝床にするかもしれない。
なんといっても、我が家はどんぐりが豊作なので、目をつけることは十分にあり得るだろう。
熊さん避けスプレーを購入しないといけないかも。

posted by みのさん at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月21日

シュウメイギク

この頃は晩夏を通り越したように空気が冷気を帯びているような気がしている。
暑さにも寒さにも敏感な体質の所為か体がうおさおしているので落ち着かない。
DSC00764.JPG
庭は秋の気配を察知したのか赤色のシュウメイ菊が咲きだした。
DSC00765.JPG
周りでは萩も風に揺らいでいて初秋らしくなっている。
大変なのは楢木がどんぐりを生産していて、これでもかと落としてくる。
芽が出ないうちにさっさと拾いあつめなければいけない。
そうこうしているうちに、落ち葉の雨降りがやってきてしまうからだ。
この連休は県外ナンバーの車が多く走っていて、彼方此方人手が増えているようなので気分も落ち着かない。
何はともあれ、やるべきことはやらなければいけないので、自分への活をいれることにしよう。

posted by みのさん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年09月19日

シラネセンキュウ

昨日は一日中の雨模様で、庭の苔や草花が生き生きしている。
池のメダカは子供が生まれていて、何とか親メダカやヤゴなどの天敵に食べられないでいる。
毎日の餌やりが功しているのだと思うがあてにはならないので、少しずつ室内の水槽へ転居してもらっているところだ。
今日は曇天になり外気温もあがらなく体感温度がうすら寒く感じるので早々と室内に退去してしまったものだ。
DSC00758.JPG
そうした中でも、シラネセンキュウが開花してあたりを明るくしてくれている。
DSC00760.JPG
知らないうちにあちこちに出没してくるので油断はできない。
しっとりとした緑は心地が良い。
それにしてもカールツァイスレンズの描写は素晴らしい。
私のボケはどうにもならないが、描写のボケ加減は何とも言えないほどだ。


posted by みのさん at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年09月16日

白色の不如帰

今日は曇天になり昨日よりも外気温がたかくなった。
とは言っても20℃を少し超えたぐらいで、猛暑に比べれば薄ら寒いくらいだ。特に朝方は15℃くらいなので寒く感じてしまう。
こうなると身体のほうが不調になってきてどうもいけない。
身体がおかしくなると精神も引きずられてしまい満身創痍になる。
やることは沢山あるのだが、困ったことに山積み状態になっている。
この現実を慰めてくれるのは何時も庭の花たちで感謝の例えようがない。
不如帰は何時もの通りしっかり開花し始めているので一安心だ。
DSCN0693.JPG
これから数珠繋ぎになることだろう。
アケボノソウはそろそろ終わりになりそうだ。
ぼーっとしてもいられないので、庭の掃除でもしよう。
どんぐりが落ち始めているので芽の出ないうちに拾い集めなければいけない。
昨年は裏庭に捨てたので熊さんの食事場になってしまった。もう少し遠くに捨てに行かなければいけないのが辛いところだ。
どんぐりの次には落ち葉拾いがあるのでゆっくりはしていられない。

posted by みのさん at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年09月12日

白根センキュウ

昨日の豪雨はすごかった。
短い時間に一気に雨粒がおちてきた。
このところ北アルプス側の山々の中腹で山崩れが発生しているようで川が濁っている。
特に平川の濁り方は尋常ではない。
砂防ダムにも崩れた土砂が堆積してしまったようで、急遽取り除き作業が開始されたようだ。
濁った川の流れが災害の前触れであることは、従前の災害でも経験済だ。
最近は季節感がなくなってしまったかのような気候になっていて、どうも勝手が違ってしまっている。
DSC00748.JPG
庭では、一株だけシラネセンキュウが咲きはじめたが、ほかの株はまだ沈黙している。
DSC00756.JPG
逆に、とうに咲き終わったはずのシラヒゲソウが一輪だけ開花した。
庭の場所によって体感季節がちがっているのかもしれないが、人だけではなく植物もとまどうばかりだ。
今日の日中の湿度は70%あたりで、まあーまあーすごしやすいが、もう10%程度低いとスピーカーのコーン紙にはとても都合がよいのだが。重い低域よりも軽い低域のほうが気持ちも弾む。

posted by みのさん at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年09月11日

満開に

庭のアケボノソウが満開の状態になった。
DSC00738.JPG
わが身は満身創痍の状態から脱出できそうなところまできたようだが、油断はできないでいる状態だ。
最初は暑いのに汗をかかないので、如何したことかと思っていると、不眠症になり筋肉の硬直があったりして、いかんともしがたい状態におちいった。これは以前にも経験していることなので、対処すべく水分の補給をおこなうことにした。
要するに水分の摂取をほとんどしないことが大きな要因なのだが、昔からのことなのでついわすれてしまっている。
庭の水撒きは忘れないが、いざ自分のこととなると気が回らないのは困ったことだ。
この頃は、アケボノソウ他への水分補給と同じように忘れないようにしよう。

posted by みのさん at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月04日

アケボノソウ

朝から陽射しがあったものの、お昼ごろになると雨が落ち始めてきた。
北アルプスの稜線には黒い雲が横たわっていて、視界は利かなくなっていた。
そうこうしているうちに、大雨の予報があり勢いよい雨脚がやってきた。
しかしながら、これも長続きをすることは無いようで、丁度良いお湿りになった。
DSCN0661.JPG
ごごの曇天の中で開花したのはアケボノソウで、夜明けの星のマークがいつものようにかがやいているようだ。
洗濯船の庭は居心地が良いようで、どんどん増えている。
DSCN0660.JPG
たくさんの蕾を持っているので、これからにぎやかになることだろう。
このところ、雷さんが居座っているので、オーディオの電源を入れるのに躊躇している。
来週は白馬山麓のガイドがあるので、話の内容を精査しておくことにしよう。
白馬に由緒のある三つの諏訪社のうち、二つに行くので「お頭」の話をすることにはしている。
そのほかに、坂東・西国・秩父三十三観音霊場のすべてが揃っている観音原石仏公苑にも行くので、話すことはたくさんある。
何時ものことだが、一日の行程の中時間が足りなくなってしまうのが常で、端折ってしまっているのが辛いところだ。
心配は天候で台風10号の影響のないことを神頼みしておこう。


posted by みのさん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年09月03日

台風の季節

今日は朝からどんよりとしていて蒸し暑い。
今年は異常気象なのか、もしくは、このような亜熱帯的な気象になっていくのか、どうなることやらなのだが、こと高山系の植物にとってはよくない傾向になっている。
せっかく花芽がついても開花前になると茶色く変色してしまい枯れてしまう。
最近では、大山蓮華や蓮華升麻の花が咲ききれないうちに枯れてしまっている。
そのほかでは、花芽さえもつけないものがあり、早々に立ち枯れてしまうものもある。
まことに困ったことだが自然の摂理には逆らいようがない。
そうした中でも山麓界隈では、何時もの通り季節の訪れを感じさせてくれる花たちは健在だ。
DSCN0648.JPG
我が家では秋の気配を教えてくれる萩がいつものように開花し始めてくれた。
DSCN0653.JPG
台風の影響からか風がやや強くなってきていて、開花中の鉢植えの薔薇は軒下に避難させたり、切り花にして花瓶に入れたので、室内を明るくしてくれている。
DSCN0645.JPG
九月は台風の季節なのだろうが、このところやたらと勢力が強くなっているようで、準備を怠ることがないようにしないといけない。
ちなみに、白馬の人に言わせると「白馬は台風が来たことがない。」というが、昨今はこれも当てはまらなくなるような気がしているが、どうだろうか。
我が家はとりあえず「九月の雨」もあるが、強風への対策はしておくことにしている。
posted by みのさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記