2020年06月29日

鬼矢柄(オニノヤガラ)

今日は晴天になり外気温も丁度良い塩梅なので気持ちが良い。
洗濯船の庭では新しい植物が生えてきて、仲間入りしたりしている。
DSCN0416.JPG
植えた覚えのないところから、いきなり顔を出してくるので意表を突かれてしまうのは何時もの事なのだが。
今回は変わった植物がひょっこり出てきてので、暫く観察することにした。
葉が全くないにもかかわらず花を咲かせようとしているので、腐生蘭との目星をつけて野草図鑑を引っ張り出してみたところ、ナラタケ菌と共生する鬼矢柄ということになった。
わが家では初めてお会いすることになったので嬉しさもひとしおだ。
ナラの木の多い庭なので今後も長いおつきあいができそうだ。
DSCN0407.JPG
一部の紫陽花は開花しているが、大方の紫陽花は花芽が膨らんできて梅雨らしくなっている。
DSCN0412.JPG
今年の残念なことは、大山蓮華の花が綺麗に咲かないことだ。
葉も縮れてしまったりしてよくない。
如何したことかと思っていたら、同じ大山蓮華の花を咲かせている御人とこの話をしたら同じようによくないとの事だった。
微妙な気候変動のせいなのか、原因は不明である。
DSCN0413.JPG
何とも無い花もあり、戸隠升麻は何時も通り咲いて種を沢山付けている。
そういえば、今年は近くに遊びに来る小鳥たちが代わっている。
気象現象の変化を鬼がそうさせているのかも知れない。
白馬近隣は鬼が多いところでもあったりする。
posted by みのさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年06月23日

産卵始まる

毎日のようにモリアオガエルが鳴いている。
時には音楽に合わせるかのように鳴くので、どうも聴こえているようだ。
好きな傾向は、静かなピアノ・トリオよりも元気なベイシー楽団のほうだ。
クラシック音楽になると、鳴き声も大人しい。
産卵前の何時もの出来ごとなので、そろそろ散乱したかどうか見に行ったのだが、木の上では無く池の岩淵に産卵していた。
DSCN0393.JPG
最近は木の上まで上がるのが面倒になったのかもしれない。
面倒な事が嫌な性格は、ここの住人と同じなので文句も言えない。
今年は薔薇の生育が順調なので明るくて良い。
DSCN0370.JPG
早池峰薄雪草は満開中。
DSCN0381.JPG
梅雨は中休みになって今日は暑くて堪りません。
昨年は6月中に梅雨明けしてしまったのだが、今年はどうなるのだろう。
posted by みのさん at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月20日

間の抜けた事

今週の水曜日にやっとのことでアベノマスクが配達されてきた。
一家にたった二枚だけで、しかも小さくて子供用なのかと思わんばかりで、これでどうしろと言うのだろうか。
今の世の中全てに言えるのかもしれないが、形だけ整えればよしとして、的外れなど関係ないとでも言っているような姿勢が丸見えだ。
始めからコロナ禍の収束は相当の時間がかかるとしておきながら、安部首相とその仲良しグループの取り巻き、厚生労働省の利権、お金への異常な執着のための抜け穴企業の一時的な設立など、が露呈していて見苦しいこと甚だしく、世の反面教師として申し分なかった。
せめて3カ月分として、一人100枚くらいのマスクを配布すべきであろうし、非常事態宣言も今までの成果として右へ習う事だけが先行してお金で解決しようしている浅ましさが、見苦しいことといったら。
世の中マスクだらけの人々が横行している奇怪差は、安全・安心とは大きくかけ離れていて、見るに堪えない情景だ。
根本的な今日の生活システムの改編無くして防ぐことは不可能と思うが、御用学者の「想定外」の決まり文句を鵜呑みにしていては、防ぎようがない。
間の抜けた人達とは決別して、自己防衛方法を真っ当に考え、そのための備えを充実していくことが、今のところの最良の策だろう。
小さな会社であっても、まじめな製品をこつこつ作っているので、探し当てるようにしている。
大きな宣伝はしていないので探すのは大変なのだが、注意深くしていれば何時か当るはずだ。
posted by みのさん at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月15日

早池峰オダマキ

昨日は警報がでて大変な大雨振りで、気温も低くうすら寒い陽気の一日だった。
まるで白馬の梅雨末期を彷彿するようなどしゃ降りになった。
一転、今日は晴れて気温が高くなり、薄ら暑くなっている。
裏庭では枯れ木が一本わが家の庭に倒れこんでしまっていたので片付けることになった。
大雨を予想して薔薇の花は室内に避難させたものの、次から次と咲きだしているのでまかない切れないでいる。
DSCN0355.JPG
アイスバーグは、あっという間に満開になった。
こんな中で、咲きだし始めたのは早池峰オダマキだ。
DSCN0366.JPG
早池峰は薄雪草が有名なのだが、隣で既に咲いていてそろそろ終わりに近づいているようだが、このオダマキは、普通のオダマキより一回り小さくて、薄紫色もほんわりしていて可愛い。
少し湿気を含んだ風が通り抜けて行くので気持ちは健やかになっている。
紫陽花の花芽が出てきて、梅雨らしくなってきている。


posted by みのさん at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年06月13日

モリアオガエルくんが、また

本格的な雨降りなっている今日この頃。
DSCN0344.JPG
薔薇の鉢植えを避難し損ねていまったところ、モリアオガエルくんが何時ものようにお気に入りである薔薇の花に入ってしまった。
とりわけ大きな花が好みのようで、直ぐ近くに咲いている少しばかり小さめの花では無かったのが微笑ましいのだが。
きっと花にとっては迷惑な事だと思う。
DSCN0353.JPG
せっかく咲いた花が雨に打たれているのは可哀想なので、動かして軒下に入れられるものは入れて、地植えと鉢植えの花を室内の花瓶へと移動してもらった。
DSCN0349.JPG
お陰で洗濯船館内は、大げさにいえば薔薇のテンドウと化している。
そうこうしているうちに、モリアオガエルさんの花はだんだんと下向きになっていき、ついには蛙さんが落下してしまったではないか。
やっぱり迷惑だったらしい。
暫く休館にしていた所為か、季節感が心身に伴わなくなっているようでシャキっとしない。
湿度が高いことも影響しているのかもしれない。
posted by みのさん at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月09日

ヨハンシュトラウス

ついに30℃に到達してしまった。
白馬では猛暑と言えるし、洗濯船では酷暑になる。
外での作業はほどほどにして室内に立て篭もることにする。最近はステイ・ルームとも言う。
彼方此方の薔薇が蕾から開きだしていて目移りが激しくなり焦点が定まらないのは困った事だ。
DSCN0337.JPG
玄関の階段ではヨハンシュトラウスが、最初の2輪を咲かせ始めている。
上品なクリーム色が気品を漂わせていて、気温の高さを感じさせない。
DSCN0341.JPG
地植えのゴルテルゼは華やかなのだが、暑さを感じてしまう。
DSCN0339.JPG
スカーレット・オハラのような花は、気品と暑さが同居しているようでもある。
何はともあれ、マッキントッシュの部屋のステイ・ルームでポルカ・マーチでも聴くことにしよう。
吹き抜ける風はやや暑さを含んでいるようだ。
そういえば、早池峰薄雪草は涼しそうにしていた。
DSCN0342.JPG
posted by みのさん at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年06月08日

ティディベア

外気温が25℃を超えるあたりから暑さが身に滲みてくるこの頃。
今日は我慢の限界点である28℃まで後少しの所まで上昇した。
朝方の外気温が12℃だったので15℃の気温差は身に堪える。
このようななかにあって元気いっぱいなのは薔薇たちで、
DSCN0326.JPG
地植えのティディベアは一挙に開花してしまった。
DSCN0331.JPG
鉢植えのモナコお姉さんも早々と開花しようとしている。
DSCN0334.JPG
一昨年の降雪で散々痛められていた地植えの薔薇も丈は伸びないものの、次から次と花芽をつけていて開花までもうすぐだ。
暑いのが好きな薔薇は元気で良いのだが、滲みたり堪えたりする我が身としては、いたたまれなくなってきていて地下室に避難することが多くなっている。
それでも、花が終わってしまったクレマチスなどに「お礼肥」として肥料を蒔いたりして、最小限のお礼は忘れることはしない。
来期への投資が重要なのだ。
これも身に滲みている。

posted by みのさん at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年06月07日

タカネマツムシソウ

DSCN0317.JPG
洗濯船の高嶺松虫草が咲き始めている。
八方尾根の自然研究路や八方池辺りでは8月ごになると咲いているのが見られる。
DSCN0319.JPG
一方では、ニッコウキスゲも一輪だけだが咲き始めた。
このところ高温が続いたためだろうか、少しばかり気が早いような気がするが、まあー自粛することは無いだろう。
DSCN0318.JPG
今週の後半から梅雨入りするような雰囲気だが、アヤメはこの季にぴったりだ。
薔薇の蕾も膨らんできているので華やかになっている。
posted by みのさん at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年06月04日

カクテル

今日は暑いけれどとても穏やかな日になった。
コロナ禍どこ吹く風といったところだ。
そうは言っても自粛が解除されたのに伴い、観光地ゆえに人の往来が多くなると必然的にリスクも上昇するのが生業だろう。
過信したマスク常用者が蔓延しているので、これも必然的に疑心暗鬼にならざるを得ない。
マスクをしていないと攻撃的な態度をしてくる輩がいたりして、金太郎飴的な正義感しか持ち合わせていないお粗末な人はが多いのは日本の行く末を物語っている。
これはこれとして、洗濯船はいよいよ薔薇のシーズンに入ってきた。
DSCN0294.JPG
ハマナスは別として、カクテルが一輪鮮やかに咲きだした。
虫食いは一部私の責任ではあるが、問題にならないほど映えている。
他の薔薇たちも蕾を膨らませてきていて、直ぐに咲き誇ることだろう。

posted by みのさん at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年06月02日

営業は再開しましたが。

5月いっぱいまで県からの自粛要請もあり休業していましたが、6月1日からとりあえず営業を再開しました。
そうは言っても、コロナ禍が収束していない中、幾ら非常事態宣言が解除されても、感染のリスクは何時どんな時に襲ってくるのか、かいもく見当がつきません。
国や政府、各地方公共団体や白馬村などから宿泊施設向けコロナ対応マニュアルなどが発表されていますが、まるで医療機関のような対応方法が書かれていて、零細宿泊施設ではとても現実的とは思えない過剰なものです。
そうであるならば、いっそ検査で陰性結果になった証明書を持っている人だけ予約を受け付けるようにしたいものです。
そして、ご宿泊前・中・後の部屋やお風呂、トイレを始め、入口から通路・階段・洗面に至るまで全館消毒の手間暇と消耗品にかかる負担金などを考えれば、感染予防費として5割増し相当の料金を受領しなければ業としてやってはいけないでしょう。
リスクを冒してまで宿泊施設が営業していく道理はありません。
とりあえずは、暫くの間お客様の来館は少ないでしょうから現状通り(当然としてコロナ感染にたいして出来うることはしている。)としていますが、お盆や年末年始の繁忙がリスク増大につながりますので、宿泊施設としての防衛を模索していくつもりです。
特に、冬季のインフルの流行に合わせたコロナの蔓延が予想出来ますので、次のスキー・シーズンは、雪不足も考えられることから今まで通りとはいきません。
何処をみてもマスクだらけの人と人、マスクをすれば大丈夫と思っているのか、マスクが日常の必需品であるかのような風潮。
コロナ禍は、いみじくも人のおぞましさまで暴きだしてしまったようだ。

posted by みのさん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板