2020年05月31日

ハマナスの咲く頃

今日ははっきりしない天候になっている。
曇天かと思えば日が射してきたり、雨粒が落ちてきたりしている。
そろそろオオテマリとフジの花は終盤をむかえていて、辺り一面花弁がしきつめられている。
そうした中でも、今季一番目となるハマナスの花が交代するかのように咲き誇こっていて曇天の中で映えている。
DSCN0286.JPG
クレマチスは、モンタナが咲きだした。
DSCN0291.JPG
吾妻菊も曇天の中でも映える花だ。
DSCN0276.JPG
辺りでは、雑草扱いされている野草のハルジオンとヒメジオンが混生して咲いていて、眼を楽しませてくれる。
何もしないうちに五月も晦日となった。
洗濯船は、一応のところ今日まで休業しているが、明日からは通常の営業とすることにしている。
とりあえず、コロナ対策は完備しているので、重篤以外であれば蔓延や感染は防御出来ると思う。
三密などの接触機会を無くすのが万全であるのは勿論なのだが、洗濯船のような零細宿泊業では難しい無理な相談だ。
当然、最善策は尽くすことになる。

posted by みのさん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月30日

大輪のクレマチス

午前中は日が射していたのだが、午後からは雷さんが騒ぎ始めたので、屋内へと避難することになった。
DSCN0266.JPG
年々咲く花の数が増え続けている大輪のクレマチスが、今年も沢山の花を咲かせてくれている。
背丈も大分伸びたので柱にロープを張ってみたりしている。
既に二か所のクレマチスは相当成長していて、一つは屋根の軒下を這わせているし、
DSCN0246.JPG
もう一つは玄関前の屋根に沿って這っている。
DSCN0250.JPG
どちらも満開になっていて、華やかな事になっている。
DSCN0224.JPG
この他のクレマチスも徐々ではあるが成長過程にあり、先が楽しみになっている。
雷さんが僻んでいるのだろうか。

posted by みのさん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月28日

黒花蝋梅

昨日は気圧の谷の影響からか強風が吹きすさび、木々の葉はひっくり返ったり、どんぐりの穂を始め小枝や若葉が駆けずり回っていた。
今日はそよ風はあるものの、その騒ぎの後片付けをすることになり、ゆっくりしてはいられない。
DSCN0262.JPG
昨年からわが家にやってきた、鉢植えの黒花蝋梅が開花し始めている。
DSCN0261.JPG
昨年は花期が過ぎていたため、売り手も買い手もどの様な花なのかは知らずにいたので、花芽をつけて咲きだしたのを見て驚いたものだ。
想像していた蝋梅とはかなり違っていて、花の大きさと色は初見参になる。
花が終わったなら大きめの鉢に移し、来年の春に根の株分けをして増やそうとかんがえているところ。
穏やかな日射しが新緑を透過する色合いが素晴らしい。
静かな白馬もまた落ち着いてよいものだ。


posted by みのさん at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月26日

大収穫

ほぼ予定通りの3時30分ごろにに雨が落ちてきて、大町市と白馬を結ぶ木崎湖や佐野坂ではどしゃ降りになった。
午後から大町市の合同庁舎が会合があり、その帰りに遭遇したというわけだ。
このどしゃ降りのお陰で、どんぐりの花粉を背負っていた車が思った通り以上綺麗に洗車されたので、都合のよい雨降りとなった。
事は変わって、洗濯船の原木椎茸が続々と出てきて収穫に忙しくなった。
DSCN0258.JPG
やはり収穫間近の方が味・香りが良いので、干しシイタケにならないよう、毎日食さなければいけないので、昨日は天麩羅にしてみた。
これはこれで美味しいのだが、焼きたてのショウガに少しばかり軍配は上がる。
味噌汁の具としても秀逸であるのは間違いはない。
今日は如何しようかと悩みは尽きない。
posted by みのさん at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月22日

ユキザサ

昨日は冷え冷えしていて、少しばかり暖房のお世話になったが、今日は昨日程では無く、時折陽が射すこともある曇りの天候になった。
洗濯船は、4月の上旬以来コロナ感染の拡大を阻止すべく休業し続けてきたが、長野県での警戒宣言も解除され独自の宿泊業への自粛も緩和することになった。こうしたことから、当初の予定通りに、5月いっぱいまでの休業で自粛を解くことになる。
この間、一人のお客様もいないわけで、宿の維持のための必要経費や税負担などは減免されない中、無収入の状態が続き精神的も含めて困窮・疲弊し、実質失業状態になっている。何処の宿泊施設でも同様ではあるが、ヤミで営業している宿やコテージ、自粛要請を無視した宿泊施設などには、都心辺りから避難してきている人達が長期逗留している。
この日本全国緊急事態の中で贅沢は言えないが、未だにアベノマスクや一人10万円、持続化給付金、長野県からの休業補償、商工会からの何故か会員への5万円給付、待てども待てども、どれをとっても音沙汰なしと言ったところで、精神的な憂いは日に日に増長していく。
このまったりした緊急時の手際の悪さは、全てが普段のお役所仕事らしいので笑えてしまう。一生懸命やっていますし、想定外ですので巧く行きませんと、言うのだろう。
長ぱなしになってしまったが、今日の花はユキザサ。
DSC00647.JPG
真っ白な雪のような小さな花が特徴で、葉がササのようから名前が付いたらしい。
この若葉はとても美味しい山菜でもある。
そういえば、ユキザサの花言葉は、「憂いを忘れる」だった。
早く忘れたいのは山々なのだが。
馬頭観音様にも、健忘症をお願いすることにしよう。


posted by みのさん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月21日

赤と白の躑躅

DSCN0249.JPG
あかばなの躑躅に少し遅れて、しろばなの躑躅が咲きだした。
DSCN0221.JPG
今日のようなどんよりとした重めの空気にもよく映えていて見ごたえがあるし、なんだか目出度いきぶんになる。
洗濯船の周りは浅黄色から若い緑色に代わって、降雨の後はまさにみずみずしい景観になっている。
DSCN0228.JPG
緑の季節の到来だ。
未だ暫くは花の季節が続くので楽しみにしている。
問題は、今日の雨ならぬ今日のどんぐりの花粉雨。
マスクをつけて家の前の道路の掃除を決行した。
この様子だと今年のどんぐりは豊作になることだろう。
熊さんも安心だろうから、わが家の庭に出没することは無いだろう。
と、思う。
posted by みのさん at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月17日

ラン・らん・蘭

今日はとても暑く感じてしまう。昨日が寒かった所為でもあるが。
当分、東京方面に出かけることは叶わないようなので、伸びに伸びた頭髪を散髪しにいくことにした。
日曜日と言うにもかかわらず開店していたのはただの一軒だけだったので、ここしかないと予約をいれた。
短めにカットしてもらったので、暑さも少しは和らいだ。
長期休業中の洗濯船ではあるが、庭の花たちは元気模様なので、気持ちが幾分軽くなったような気がしている。
DSC00709.JPG
うつむき加減にしていると、小さな蘭系の花が眼に入ってくる。
深紅のサワラン
DSC00696.JPG
チドリ
DSC00699.JPG
ギンラン
DSC00703.JPG
などがそぉーっと咲いている。
自粛の緩和はあったものの、静かな白馬は今暫く続きそうだ。


posted by みのさん at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月15日

エビネ

朝方の晴れ間は何処かに行ってしまったのだろうか、どんよりとした曇天の一日になってしまった。
アベノマスクも10万円も音沙汰なしなので、気持ちも曇天になっていて、相乗効果を伴い暗い金曜日だ。
長野県は非常事態宣言が解除されたものの、知事からは未だ音沙汰なしで、新聞報道によれば、宿泊業においては、県内の移動は緩和されたが、解除されていない都道府県や県外からのお客様へは自粛を続けるようだ。
何処の宿でも同じで宿泊のお客様は県外からが圧倒的に多いのが実態なので、ほとんど何も変わらないといっても間違いではない。
しかも、これからのインバウンドが見込めないとなるや、掌を返して国内のお客様誘致にシフトするとしているが、場あたり的は否めないだろう。
まあー、文句をいっても始まらないだろうから、庭の花などを愛でて気持ちを維持していくことにしよう。
今日は、曇天の中でも映えるエビネが彼方此方で開花し始めている。
DSC00694.JPG
昨日は気づかなかったが、沢山の花をしっかり付けている。
もうひとつ、曇天に映えるスズランも沢山の花をつりさげている。
DSC00670.JPG
どうも明日は雨模様らしいので、花を開花させている鉢植えの薔薇を軒下に避難させた。
明るい話は、池の落ち葉や枝などをさらったので、綺麗になった。
これでモリアオガエルさんやヤンマ、トンボさんも大丈夫だろう。
posted by みのさん at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月14日

スズラン

昨日の強風は影を潜め穏やかな日になった今日は、散らかり放題になっていた小枝などの片付けに明け暮れた。
そうこうしていると思わぬ発見があったりするのでぼーっとしてはいられない。
DSC00652.JPG
お気に入りのギンランが姿を見せ始めたかと思う間もなく、
DSC00659.JPG
スズランが葉の下ですっかり咲いていたりする。
赤系では雪椿に代わって躑躅が咲きだしてきて辺りを華やかにしているし、
DSC00665.JPG
一本だけ目立ちがりやのチューリップが自己主張している。
DSC00664.JPG
片付けがなかなか捗らない。
暖かくなってきたので薔薇たちが動き始めている。
posted by みのさん at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月13日

クマガイソウ

今日は天候はよいものの、時折風が強く吹きすさび新緑の木々が大きくうごめいている。
花をつけ始めた鉢植えのブルーベリーが横倒しになってしまったりしたので、重石を載せたりして凌ぐことにした。
DSC00643.JPG
何箇所かにクマガイソウが出てきているのだが、花芽を付けているものは少ない。
地下茎で増えて行くのだが、今年は花をお休みにしたのかも知れない。
DSC00645.JPG
他にはイカリソウが彼方此方に咲いている。
DSC00635.JPG
オダマキもそこかしこに出没してきている。
DSC00646.JPG
コイワカガミも満開になっているようだ。
車庫上の藤が咲きだしてきた。
暖かい日が続くようなので、どんどんと咲き誇っていくことだろう。
風で折れて落下した小枝が散乱しているが、片付けは明日にしよう。
若芽があっという間に緑の葉へと変わっていく。
緑の季節を堪能して過ごす贅沢を味わうことにした。
posted by みのさん at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月11日

上品な音V

前代未聞の長期休暇の所為で色々な事を試すがえす実行する余裕が出来たので、妄想は膨らみばなしになっている。
普段は隠しておいた自己の二面性にも気づくことができて、これはこれで自己改変にもなり、思いかけずに新しい発見に至る。
最近の発見は、「上品な音」であって、嫌いであったヨーロッパ貴族の悪趣味に便乗しようと思ったわけではないが、綺麗な透明感を全面に押し出している最近のハイエンド・オーディオとは一線を画すことと言う哲学は毛頭捨てるものではない。
さて、「上品な音」もいよいよ収束すべく、これを最後にしたいと願いつつマッキントッシュXRT22sに接続したスピーカー・ケーブル、+側のニューイングランド、マイナス側のインカ、それぞれの中間に各9cmの味付けを施したものに、スレッショルドのパワーアンプ、イルンゴのフェーダーでドライブしていたものを、パワーアンプにマッキントッシュの真空管アンプ、オクターブのプリアンプと、以前のシステムに戻すことにした。
ここでの問題は、スレッショルドとイルンゴは、いつでもこのシステムを交代出来るようにしておくことにしたので、パワー・アンプがスピーカーの中間に二段となってしまい、見た目も音的にもよろしく無いことだ。
特にマッキントッシュの真空管パワーアンプは発熱が大きいので、上の段に置き上部を解放状態にしておく必要があるのだ。
何はともあれ、セッティングを完了して早速音出しに入った。
二か月近く電源を投入していなかったプリとパワー・アンプだが、おそらく機嫌が悪いだろうと思って恐る恐るスイッチを入れ、CDでの音出しを始めたものだ。
上品な音としてチョイスしたのは、北欧ジャズのピアノトリオ。
最初の音は多少もたつき気味の低音過多であったのだが、2〜3分するとまとまりを見せてきて一曲が終わるころには満足感に包まれてしまった。
上品な音に少しばかり刺激がほしいと思い、+側のケーブルに細めの0.2oのロシアン・ケーブルか、0.4oのSXケーブルを宛がおうと思い用意をしたところで、我に返って思いとどまった。
元のもくあみ、今までの苦労が水の泡、になるところだった。
白馬が天を駆ける白馬らしい音で聴く音楽も捨てたものでは無いと再確認した次第だ。
この交代劇には後遺症があった。
パワーアンプを交代すべく、マッキントッシの真空管アンプは重さが40Kg超。
スレッショルドは37Kgある。
まず、37Kgを上段から下ろしてから40Kg超を、高さ40cmの台上に手で持ちあげて設置したのは良いが、背骨と背筋・腹筋、脚力・腕力・気力を総動員したので、暫く立ち直れなくなってしまった。
もう一人では如何ともし難くなっていることが、現実味を帯びてこころの後遺症として残ってしまった。
もう次は無い。
これを持って「上品な音」の完結としたい。

posted by みのさん at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロ・グルーブ

2020年05月10日

牡丹

今日は雨降りになっている。
DSC00629.JPG
時折雨脚が強くなったりするので、開花している花さんには気の毒だが、周りの木々は一杯に若葉を膨らませてアサギ色から緑色へと移り変わっている。
この雨で一番気の毒な花は白根葵で、繊細かつ薄い花弁はしょげてしまっている。
大山桜はすでに終わってしまったが、山桜もそろそろ終盤に差し掛かっていて、散り始めたものが多い。
わが家の牡丹は、大柄の花を何とか持ちこたえているようなので一安心といったところだ。
「神風」と言う名の牡丹。
DSC00632.JPG
「墨の一」と言う名の新潟県産の牡丹。
DSC00633.JPG
庭の彼方此方でオダマキが咲き始めてきた。
DSC00634.JPG
少しばかり湿気が多いので、しっとりとした空気感になっている。
いよいよ緑の季節がやってきた。
posted by みのさん at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月08日

白花の白根葵

DSC00621.JPG
葵と言うからには、青や紫色が普通におもえるのだが、白花もあってやや珍しい。
葵に比べると、なかなか神経質なところがあって、同じ場所に長居はしない。
一時、白花の八重咲きが咲いたので、狂気乱舞したのは良いが、長くは続かなかったものだ。
とりあえず今年も白花が咲いてくれたので大事にしよう。
だからと言って葵を疎かにするつもりは毛頭ない。
DSC00623.JPG
少しばかり濃紺の葵が白花の近くで開花している。
これも希少であること間違いのないとろだ。
posted by みのさん at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月07日

上品な音U

上品な音については続きが未だある。
とりあえず、スピーカー・ケーブルとして機能するかどうかのテストを兼ねて、マッキントッシュのスピーカーとスレッショルドのパワーアンプでの相性を試したわけだが、思いのほかよい音で、ほぼ満足だったので、次の段階へと進むことにした。
これは上品な音であっても音楽的に適しているかどうかは別問題になるからだ。蒸気機関車が走ったり、コインが転がったりするのは音楽ではないからなのだが、音を聴くリスナーが多いことは事実であり勝手にすればよい。だからと言って他人の音にクレーム付けるのは馬鹿げているので止めるべきだ。「井の中の蛙大海を知らず」と、思い知ることなくしてよい音楽は聴こえてこない。
これはさておき、これまでの経験則から、上品な音から昇華して上品な音楽を奏でられるかどうかがとても重要な問題なのだ。
このため、よい音とよい音楽がハーモニーをするべく取りだしたのは、ロシアのキュービック・ワイヤーと世界最高レベルのロシア・ブルー・シルク巻きのエナメルワイヤーだ。
キュービック・ワイヤーは、ペーパーカバーされた1.4mm×4.22mmの平角の銅線で、一本を9cmにカットしたものを、左右のインカ−線(1.5m)の中間にそれぞれ3本を束ねて挿入した。
これは、とても上品なケーブルに力を与えるとともに音に若干の角を持たせるためにおこなう。
ブルー・シルク巻きのエナメル線は、AWG24(0.644ミリメートル)を9cmにカットしたものを、左右のニューイングランドの+線(1.5m)の中間にそれぞれ9本づつ束ねて挿入した。
ここでは、9という数に運命を託している。なぜ9なのかは、唯物論者には想像さえ出来ないだろう。
これは、天空を舞うような上品なケーブルに音域の上下方向への伸びと緻密差を付加するためにおこなう。
もともと中音域での素晴らしい音楽再生に、少しばかりの天然塩を付加したようなものだ。
この挿入された後のニューイングランド+線とインカ−線には、上品差から相当に昇華した音の音楽が醸しだされてきたことを報告しておく。
今、マッキントッシュXRT22sは、スレッショルド4000の朋友を得て異次元の世界へと突入した。
当分の間このシステムは、マッキントッシュの真空管パワーアンプ+オクターブHP500SEと、スレッショルド・パワーアンプ+イルンゴの特注フェーダーの、2回路を適宜交代しながら聴くことになる。
この二面性はどちらも捨てがたく、自身の二面性の反面教師でもある。
posted by みのさん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2020年05月06日

非常事態宣言の延長

非常事態宣言の延長をうけて、長野県独自の宿泊施設への休業要請も引き続いています。
今回は、何故か二段構えになっていて、15日までは従前通りとし、16〜31日までは、遠回しの言いぶりになっていて、県内のお客様については休業に当てはめないとのこと。
それでも受け入れの際は、適切な感染予防の徹底を依頼することや、県外への営業活動は行わないよう求めたり、県外からの利用を控えるよう周知の依頼など、特措法に基づかない措置を求めてきています。
これは緩和措置を滲ませておいて風当たりを和らげるための措置に他ならないだろう。
実質的には、5月一杯までの休業要請であるが、保証的な予算措置を取らないための方便としか思えない。
県は自らの首を絞めつけていることを確認すべきなのだが、時間が解決してくれるとでも思っているのだろうか。
とにもかくにも、洗濯船は5月中一杯休業します。
これは当然最終的な意味あいではなく、当面の様子見であることを申し添えておきます。
お客様には大変な迷惑でありますが、日本全体が日和見ですので、如何ともし難いのが辛いところです。
posted by みのさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年05月05日

野平一本桜

こどもの日の今日はとても良い天気になった。
わが家の幹が折れてしまった桜の老木の枝も一気に咲き始めた。
こうなると、野平の一本桜も開花したのではないかとの疑念が浮かび上がり、早速調査するべく車を野平へ走らせた。
この地区は既に農作業期に入っていて、作業の邪魔になるので路上駐車や三脚での撮影は禁止になっている。
地区の入口のグランドが指定駐車場所になっているので、そこに車を置いて一本桜の所まで少しばかり登っていくことになる。
DSCN0187.JPG
予想していた通り一本桜はほぼ満開状態になっていた。
白馬三山を始めとした北アルプスの眺望も申し分なく、桜との対比がこれまたすこぶる良い。
正に一年のうちにいったい何日この景観が見られるのだろうか。
地元の利として享受されている感がある。
そうこうしていると、関西ナンバーの車が駐車禁止区域に登ってきて、携帯カメラで写真撮影したりする。
もう一台は、駐車禁止と大きく書かれた看板の直ぐ横に駐車し、写真撮影をはじめた。
いくら自粛の最中で来客が少ないからと言って、禁止区域に平然と駐車するこの神経ぶりは如何したものか。
自分だけは迷惑していないとでもいうのだろうか。
まあー、決められたことであっても自分には関係ないと、迷惑を振りまいている人間の多さからすれば至極当然なのかもしれない。
こんな事だから新型コロナの収束はおぼつかないのだろうし、また数十年後には、もっと脅威のウィルスが慢心大馬鹿な人間に襲いかかることだろう。
DSCN0196.JPG
それにしても、北アルプスに浮かぶ今日の一本桜は気持ちが良い。
posted by みのさん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2020年05月04日

八重桜

山桜はそろそろ終わりを迎えていて、ときおり桜吹雪になって辺りを走っていく。
DSC00593.JPG
そうした中にあって裏庭の八重桜が満開になってきた。
何年か前に鉢植えから地植えにしたもので、大雪に見舞われないことと未だ若い所為か元気が良い。
相当前から何本かの桜を植樹しているのだが、いつも積雪の重さに幹や枝がズタズタにされてしまい、なかなか花芽がつかないのだった。
最近は此方の学習効果が実を結び、成果が出始めているようなのではなが高い。
posted by みのさん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月03日

上品な音

これは、私に似合わないとずっと思い続けていて、今も変わらないと思い込んでいる。
しかしながら、何がどうなったのか、解らないのだが、上品な音に向かってスピーカー・ケーブルを作製してしまったではないか。
宿への休業要請と自粛一辺倒で自分を見失ってしまったのかもしれない。
とにもかくにも、マッキントッシュXRT22sの複合ケーブルを外し、上品なケーブルをスレッショルドのパワー・アンプに、少し奢って質の良いフルテックの端子で接続し、スピーカーにも接続してしまったものだ。
使用したケーブルは、+側に、ニュー・イングランドAWG22(0.644mm)を、−側には、インカAWG19(0.9mm)をダブルで。
両方ともアメリカ製である。
+側に使用したニュー・イングランドの線径の一つ小さいAWG24(0.55mm)は、ケーブルの性格ががらっと変わって生きのよいジャズむきになっていて、特にサックスは秀逸な音を出してくれる。
接続して、いきなり出てきた音は、エイジングもしていないにも関わらず、聴き心地のよいもので、北欧ジャズのピアノトリオがシットリしていて、寝込んでしまったではないか。
つづいてクラシックのオーケストラとバイオリンを聞いたが、なかなか良いものだ。
上品だけではなく聞かせどころもそなえていて、全く違和感は無い。
宗旨替えをしなければいけなくなったかもしれない。
posted by みのさん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2020年05月02日

エンレイソウ

今日は暑さを通り越して熱い。
軟弱な身としては、血液が沸騰してしまうのではと思いたくなるほどだ。
動作もより緩慢となり、ぎこちない動きが加速していく。
こうした中にあって、此方とは関係なしに庭の花たちの発芽や開花は加速している。
同じ加速ではあってもベクトルが逆方向に作用しているので、陽と陰のバランスは取れているだろう。
DSC00568.JPG
陽の中では、エンレイソウが大きくなってきた。
もう大分前に花芽をつけて発芽してはいたが、やっと大人の大きさに近づいてきている。
DSC00566.JPG
わが家の庭にあって今日最大数の陽は白根葵だろうか。
凄いことになっている。
陰の身みは、おぼつかない足元で花を踏まないようによろよろと彷徨っているなか、靴下を脱ぎ棄てるべきか迷っている。

posted by みのさん at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年05月01日

雪椿

今日は暑い。
外気温は一気に上昇して、今季一番の25℃を超えている。
激しい寒暖差には、体が馴染めないので、いきおい外出は自粛することになり、図らずもコロナ対策と同調するのだが、益々意気消沈してしまうのが怖いところだ。
室内は盛夏でもそれほどは暑くならなく、ましてや地下は冷えているので、逃げ込むには不自由しない。
この暑さしのぎには、ケーブル造りが良いことは経験則になっている。
マッキントッシュ・スピーカーのために、もう一組のスピーカー・ケーブルをつくることにした。
前文がながくなってしまったが、わが家の雪椿が開花しはじめている。
DSC00544.JPG
真っ赤かつ小ぶりの花が、この暑さで一気に開きはじめてきた。
本当は、小谷村から新潟県に向かう塩の道の旧古道での群落をみにいきたいのだが、当面はわが家での観賞で満足しておこう。
DSC00548.JPG
春らしく春竜胆も開花している。
DSC00553.JPG
この黄色いカタクリは二か所目での開花になる。
DSC00550.JPG
白花のエンレイソウは最初の一輪が開花した。
DSC00554.JPG
白根葵はいたるところで花芽をつけてはいでてきている。
DSC00527.JPG
戸隠升麻は知らないうちに咲いている。
北岳草はやっと発芽しはじめた。
あー、家の中でじっとしていては、春を逃してしまう。

posted by みのさん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑