2020年04月30日

花盛りの日

何にもしないうちに四月の最終日になってしまった感があり、モチベーションは底を突いているのだろうが、やることはやっておくに越したことは無い。
休業要請の通り休業中なのだが、何時何どきに要請が解除され、お客様が来館した際のお迎えする準備の手立てはたてておくのが肝要だろう。
準備の内容については、ほぼ準備完了しているが極秘密にしておこう。
お客様が気を悪くしては元も子もないから。
DSC00520.JPG
こちらの意向とは裏腹に、庭の花たちは元気いっぱいにしていて、とても嬉しいので、気持ちが明るくなってくる。
空気が乾燥しているのと、花粉が飛んでいるので、防御マスクが必要になる。
花粉の粒子は、10〜100ミクロンなので、市販されている普通のマスクでも大丈夫なのだが、コロナの粒子は、0.1ミクロン以下なので、普通の市販マスクでは役に立たない。
秘密の一つをばらしてしまったではないか。
posted by みのさん at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月29日

春蘭

DSC00510.JPG
早春の山地に気品ある花を咲かせる東洋ランの一つ。
花は淡い黄緑色の萼に包まれた、白くて紅紫の斑点のある舌状の花弁をもっています。
この花を摘んで塩漬けにして吸い物にいれたりします。
別名を「ほくろ」というのは、斑点を人のほくろにみたてたのでしょう。
洗濯船の庭では、今盛りと咲き誇っています。
posted by みのさん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月28日

伝行山徹然桜

DSCN0172.JPG
国道から岩岳スキー場入口の信号を少し入ったところの右側にある「徹然(てつねん)桜」の様子見に買い物ついでにいってきた。
DSCN0174.JPG
ほぼ、どんぴしゃりの満開に自然と笑みがこぼれてしまう。
自粛の効果か、観光客の姿も無く、小さな駐車場にも車を停められて被写体に専念できるので嬉しい限りだ。
とは言っても、風は冷たいのでゆっくりとしてはいられない。
今年も見事な姿を見せてもらえて感激だ。
posted by みのさん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月27日

野平の一本桜

暖かくなった白馬の里には、都会とは違った山桜が一斉に花開いている。
濃淡の入り混じった桜色が、初春を盛り上げてくれる。
そこで、静かな白馬を良いことに、何時もは大混雑する野平の一本桜の塩梅を観察しに出かけてきたところ、まだまだ蕾が硬い状態だった。
DSCN0146.JPG
仕方ないので、集落周りで開花している桜を眼で、ついでに北アルプスの眺望も視角に収めてきた。
DSCN0150.JPG
山々の雲が丁度のアクセントになっていて見あきない。
DSCN0169.JPG
石仏さんたちもずーっと見るいるようだ。



posted by みのさん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月26日

一斉清掃

今日は、9時からエコーランド区の一斉清掃があった。
目抜き通りは以前にペンションクラブで清掃をしたので、大したゴミなどは無いだろうと勘繰っていたのだが、空き缶や粗大ゴミが結構捨てられていて回収すると結構な量になる。
道路沿いの普段掃除する習慣の無い家の前にある、積もり積もった枯葉は一雨振れば大きな水たまりを作ってしまうので、これを取り払うことになる。このような家の住人は、一斉清掃をしていても知らんふりしているのが常なので始末に悪い。
こうした中、今日一番の粗大ゴミは、自転車で高級なマウンテンバイクだった。前輪のブレーキが壊れているものの、程度のよいバイクだ。
ある人は、廃棄するんだったら修理して使いたい との申し出があり、とりあえず交番に遺失物として持ち込むことにした。
そうこうしているうちに、SNSでこのバイクの持ち主が現れたとのことで、交番にいってもらったが、バイクは届いていないとのこと。
バイクを交番に持ち込むことになっている区長は、中々連絡のつかない人なのだが、数時間して折り返しの電話があったので、事情を説明して、バイクを交番に届けてほしい旨伝えた。
これで一件落着とおもいきや、そう簡単ではなかったのだ。
区長は交番に行き、粗大ごみとして処分してよいといわれたので、先ほどの修理して使いたいと言った人にバイクを届けたのだそうだ。
届けられた人は、自分の前言を覆して、何故か区長がバイクを届けに来たと、SNSで拡散した御人と会話し、既に盗まれたバイクは本人に戻っているとの事。恐らくは盗難届も出されていないことと、自転車の持ち主の照明シールの添付がなかったことから、違反バイクだったのだろう。
一斉清掃でも、これだけの物語があり、厭きは来ないが、わずわらしいものだ。
午前中は、よい天候だったのだが、午後から雨模様になってきた。
おまけに、霜注意報が発令された。
DSC00461.JPG
面倒なことは早くわすれることにして、わが家の白根葵が立派に開花した。
カールツァイスのレンズの描写は素晴らしい。

posted by みのさん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月25日

桜の季節

今日は朝方まで冷え込んでいたが、日が昇るにつけて気温が上昇していった。
屋根に張り付いていた氷がどんどん溶け落ちて、まるで雨降りの様相になった。
こうした中で、昨日に比べて周りの桜がどんどん芽が膨らむとともに、開花してきているものもある。
濃淡のある桜並木になっていたりしていると、自動車の運転が心もとなくなるので注意しなくてはいけない。
DSCN0141.JPG
洗濯船から少し離れた神城地区沢渡・貞麟寺の老木しだれ桜(糸さくら)も、開花しはじめていて、周りの若い桜に喚起されているようだ。
DSCN0142.JPG
また一方で、白馬村の一番北にある落倉自然園では、水芭蕉が最盛期になっている。
IMG_20200421_145758_.jpg
コロナ禍の自粛要請の所為か、静かな花の観賞ができるので、これはこれで有難いことだ。
今、地球の自然界から人間社会の横暴なシステムの大胆な変更を迫られているのかもしれない。

posted by みのさん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2020年04月23日

地震発生

先ほど、立て続けに地震が発生しました。
震源は、松本市と高山市のようです。
白馬も何回となく揺れましたが、直ぐに暖房を消したくらいで、特になにもありませんでした。
ただ、続いているので、油断は禁物と気持ちを引き締めています。
追記:震源地は、どうやら岐阜県との県境の上高地焼岳のようです。
posted by みのさん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月22日

明日から5月6日まで休業します

コロナウィルス感染防止のため、非常事態宣言をうけて県から宿泊施設への休業要請がありましたので、これを受けて休業します。
期間は明日の4月23日から5月6日までになります。
先ほど、ご予約いただいていたお客様には電話にて御了解をいただいたところです。
ご予約されていたお客様には多大なるご迷惑をおかけしますが、諸事情をご察しいただきますようよろしくお願いします。
早い収束を願ってやみません。
今年は、少ない雪、異常気象、日本人観光客の減少、コロナ渦と、さんざんですが、ただ耐えることしか無いのかもしれません。
明日はきっと良い日が来ることを、希望をもって待ち望むことにしましょう。
posted by みのさん at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月21日

白根葵の発芽

昨日までは気づかなかったのに、いきなり花芽をつけて発芽してくるのは高山植物の特性だろうか。
少ない時間を有効に活用するため、長い時間をかけて身に付けたもので、地球の温暖化の際に日本列島に取り残されてしまった事から、地域に適合すべく進化してきた証だ。
DSCN0514.JPG
今日の曇り空の中、花をつけて発芽してきたのは白根葵。
葉にそおっとくるまれながら出てくる。
未だ小さいけれど、これからどんどん大きく成長していきながら、大きな花を咲かしてくれる。
周りには花芽を付けていない、若い白根葵の葉がいたるところに出てきている。
これからが楽しみになる。
posted by みのさん at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月19日

踊り子のよう

花冷えのように外でじっとしていると寒くなってくる今日。
雨の後の湿気を含んだ空気が、より冷え冷えとしているようだ。
有名建築家の設計のようだが、昨日、「スノー・ピーク」という複合施設が白馬にオープンした。
三つ星レストランのながれをくむ施設やスターバックスなどが入っているとの事だが、昨日・今日と閑散としている。
長野県も自粛要請が出ているので、致し方ないのだろう。
こうしたことで、心も冷え冷えしてしまうことはあるのだが、わが家の花たちは元気にしているので気持ちが和み明るくなる。
DSCN0483.JPG
特に、裏庭のカタクリはそろって元気で、まるで踊っているように見える。
DSCN0486.JPG
もう一組のショウジョバカマも踊っているようだ。
3人の踊り子の舞は、一人静の舞とは正反対に、陽気なところがあって周りまで明るくしてくれる。
DSCN0491.JPG
普通に咲くクリスマスローズは、何時も花を下向きにしているのだけれど、このローズは横向きに咲いてくれるので花の中が良く見える。
静かな白馬になっていて落ち着くので有難いことだ。
posted by みのさん at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月18日

早くも決定の取り消し

今日は、久しぶりに雨模様になりました。
昨夕に九州から電話があり、早くも決定していた杜の会の開催は、コロナの収束の目処が立たないため白紙にしたいとのことで、これも早くも決定された塩梅です。
まあー、早いことには越したことがないのですが、この次はどうなんでしょうかと、つい考えてしまいます。
予測の立たない今日ですから、先を見るのは出来ないと希望を捨て去り、予想外とか想定外とか言い訳している政治家や研究者、評論家と歩調を合わせるのはどうかと思いますし、余りの馬鹿らしさにうんざりしてしまいます。
ご都合主義的のように感じてしまうと、モチベーションの低下は免れません。
もっとおおらかな発想にならないものでしょうか。
趣味の世界ですから深い発想と追求は必要ですが、決められた行動パターンなどあるはずがありません。
言われたこと・決められたことを問題なくこなしていけばよい職業的な発想は趣味の世界には通じません。
今日は、エリック・ドルフィーに、この辺りを聞いてみようとおもいます。
まずは、お知らせまで。
後々掲示板に発表があるでしょう。
posted by みのさん at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月17日

戸隠升麻

今日は風もなく気温が上昇し、穏やかな日になった。
咲きだした花たちは嬉しそうにしているので、ついカメラを向けてしまう有様だ。
昨日は、スノータイヤからサマータイヤに交換したので、車の乗り心地が硬くなった。
このごろ、タイヤの交換作業が体に堪えるようになってきたのは、背筋などの筋肉が硬くなった所為だろうと解ってはいるのだが、始まらないのだ。
周りの花たちに声援を受けて、何とかやり遂げたのだ。
DSCN0472.JPG
特に思い入れのあるのは戸隠升麻だが、這いつくばるように花を咲かし始めたが、昨日のタイヤ交換の際に、私が這いつくばるのを見ていたのかもしれない。
DSCN0463.JPG
白馬村花のカタクリは、よい陽を受けて綺麗に咲きだしている。
蕾をつけているカタクリが待機していて、これからが本番と言ったところだ。
DSCN0455.JPG
エンレイソウも、これから大きく成長していく。
DSCN0473.JPG
キクザキイチゲは、咲きだしたばかりだが、もうはしゃいでいる。
こちらは無性に体がギクシャクしていて、昨日の影響が残っているようだ。
posted by みのさん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月15日

ひとり静か

白馬は静です。
何処の宿にもお客はいないようです。
ただ、別荘や貸しコテージには人がはいっているようなのですが、外出はひかえているようで、コンビニに買い出ししているようです。
洗濯船もお客様がいないので静なはずですが、小鳥やリスが押し掛けてきています。
庭では、新しい芽が吹きだしてきていて、静ではありません。
DSCN0431.JPG
そうした中で、一人静が名前の通り一人で花を咲かせました。義経を弔うために一人舞いをしているようです。
DSCN0432.JPG
エンレイソウも花をつけていますし、
DSCN0436.JPG
戸隠升麻も花を抱いて出てきました。
DSCN0440.JPG
カタクリは彼方此方で、開花し始めています。
DSCN0430.JPG
フクジュソウは場所を変えたところで満開です。
こんな初春の日がな一日、一人で静かに観賞している私がいます。
posted by みのさん at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月12日

エイブル五竜遠見スキー場は今日で営業を終わります。

コロナ感染の台風のさなか、穏やかな日曜日になりました。
五竜スキー場は、この土日で営業を終了するそうです。
47スキー場は、「とりあえず全面滑走可能」と頑張っているようですが、今後は未定です。
白馬村にもコロナを避けて別荘などに疎開している人が多くなりました。
こうなっては、何時コロナが持ち込まれてもおかしくは無い状況ですので、油断しないようにしなければいけないのですが、誰もが現実的には困難でしょう。
疾患持ちの我が身としては、人との接触はなるべく避けたいのですが、そうも言っていられない現実があり、覚悟をしておく必要があります。
正に蔓延という言葉が重く響きます。

posted by みのさん at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月10日

カタクリ

今日は日が射しているものの風が冷たく感じる。
DSCN0420.JPG
何時咲くのだろうと気にしていたカタクリが一輪だけ花を開き反りかえっている。
他のカタクリは、もう少しで咲きそうにしているが、迷っているらしい。
昨日は、外出していたので確認が遅れてしまった水仙が開花していた。
DSCN0422.JPG
今年の檀香梅は、昨年に増して花付きがよくなった。
湿雪で大分痛められてしまったが、復活してくれたので嬉しい。
DSCN0425.JPG
低いところに視点を移す、岩団扇が満開近くになってきていた。
彼方此方に増殖しているようなので、これからも楽しみだ。
posted by みのさん at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月08日

八方尾根スキー場は営業終了しました。

昨、7日付けで八方尾根スキー場の営業が終了となりましたのでお知らせします。
事前の告知がなかったのですが、非常事態の宣言された地域からの来場者が多いことによるコロナ感染の抑止の観点からとの新聞報道がありました。
春スキー・シーズン券を購入されている方は、払い戻しをしてくれるのか、問い合わせしていただく必要がありますので申し添えます。
栂池高原も近々終了とのことですので、ご注意ください。
今季は、雪不足・異常気象・コロナによる影響が、経済・生活活動に深刻にのしかかってきている状況で、スキー場の早期終了は、そこで働いている職員の首切りにつながりますので、失業者の大量発生が起こります。
負のスパイラルを食い止める手段を行政など今こそ発揮してほしいものです。
人の心配より自分の心配が先決ですが、とりあえずは悲観するばかりではなく前を向いていきぬく方法を模索しましょう。
posted by みのさん at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2020年04月04日

セツブン草

今日は少し風邪のある穏やかな日になった。
洗濯船の庭では、次々に新芽が顔をだしてきていて、足の踏み場を間違えないようにしなければいけない。
DSCN0409.JPG
セツブン草が咲いているのを発見した。
落ち葉が被っていたりして開花していても気が付かないことも間々あり、油断していてはいけない。
日中の外気温が20℃近くまで上昇しているので、一気に花開くこともあるだろう。
これから天気が下り坂になるらしく、雪を伴うかもしれないので、花たちには気の毒だが、我慢してもらうしかない。
毎日の気温差と自粛ムードで体調は良くないが、こちらも我慢するしかない。
posted by みのさん at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2020年04月03日

春の兆し

今日は気温も上がって春の陽光が降り注いでいる。
DSCN0392.JPG
にわの花々はどんどん芽を出しているし、気の早いものは花を咲かせてしまうのもある。
春と冬とを行ったり来たりしているこの頃であっても、春のほうがやや優勢になっていると思うが、気の所為ばかりではないだろう。
DSCN0397.JPG
今年は、池の後ろのカタクリが一番花をつけている。
DSCN0399.JPG
何回となく雪に見まわられているフクジュソウは、健気に何回も咲こうとしている。
DSCN0384.JPG
イワウチワは、いよいよ大軍が咲きだし始め、ユキワリソウは最盛期を迎えているようだ。
DSCN0383.JPG
クリスマスローズは、一斉に開花していて、色とりどりになっている。
DSCN0388.JPG
正に、春の兆しが流れているようだ。

posted by みのさん at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月01日

新年度のはじまりは

しとしとと、冷たい雨が降り注いでいます。
今年度は、いろいろと役員を仰せつかっていて、あまり落ち着きません。
特に、年度初めの総会などは、このご時世から如何したものかと考えざるをえません。
すっかり人影まばらではなく、人影のない白馬は寂しさが漂っています。
冷たい雨が追い打ちをかけているようでもあります。
そうこうしてもショウガナイノデ音楽に浸ることにしましょう。
美味しい珈琲を飲みながらでも。
posted by みのさん at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記