2019年12月31日

ゆく年

今日はいよいよ大晦日。
十二支の十二番目である亥年も残りわずかとなった。
2000_01_01_3229.JPG
山の神様である亥の一年は、人間・とりわけ庶民の怠慢に対して、大きな怒りをもって制裁しているように感じてしまったものだ。
これは、五行説によれば、亥は金にコクされてしまうためだと言う。
先祖神などの神をも畏れぬ人間の横溢に怒り心頭なのだろうか。
特に、亥年生まれの特徴ととして唯物・実利主義が多いと言うのも拍車をかけたのかもしれない。
また、亥は冬の入口でもあるので、未だ始まったばかりと言うが、末恐ろしい。
使い捨て時代を終わりにして、失ってしまった文化を取り戻す方策を真剣に実行しなければ、取り返しの出来ないことになるが、手遅れかもしれない。
地球の温暖化をCO2に責任をなすりつけても、地球は生きていることをしっかり身に沁み込ませるほうが大事だろう。
小さな人間がいくら大口をたたいても、人間界だけのものでしかない。
何はともあれ、何とか一年を過ごすことができたのを、山の神に感謝することにしよう。
明日からは、十二支の最初である子年なので、初心と温故知新に帰り、良いスタートとしたい。
posted by みのさん at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記