2019年11月18日

晴れのち大雨

今日は晴れたので、冬を迎える用意一番「屋根洗い」に着手した。
高圧洗浄で、屋根にこびり付いた樹液と花粉を洗い流すのだが、これが結構大変なのだ。
晴れ間のあるうちに、合羽をまとい、滑らないように登山用の靴を履き、屋根下に落ちないようにザイルで身を繋ぎとめ、せっせと作業をする。
4時間ほどで、目標の半分程度を片付けたところで、俄かに雨が落ちてきてしまったので、作業は中止に追い込まれてしまった。
雨にぬれた屋根はとても滑りやすくなるので、危険が一杯に満ち溢れている。
一昨日は、木枯らし一番のような大風が吹き荒れたが、今日も風が強めに吹き、枯れ枝が落下したりしている。
大風の所為かどうか、ミズナラの葉は、全て落ち葉となり、コナラはほぼ半分程度落下した。
DSC00450.JPG
未だ、頑張って落ちないのが紅葉で、屋根上からの観賞もオツナものだった。
明日の天気予報では、気温がぐっと下がり、雪印マークが出ているので、屋根の洗濯は先送りになってしまうかもしれない。
寒いと捗らない心身になってしまっているのだ。

posted by みのさん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記