2019年07月03日

夢乙女

湿度の高い日が続いている。
日射しは僅かしかない。
どんよりとした鼠色の雲が北アルプスを隠しているので空気が重苦しい。
このような時でも、やることをやらねば、時季を逸してしまう。
今日は水に浸しておいた戸隠升麻の種袋から種をとりだし、地植え・鉢植え・ポット植え、を実施し、全て蒔き終わらせた。
ポットはそのまま地植え出来るものなので、再来年あたり植えこむことになる。
一粒がとても小さい種なので、屈みながらの作業となり、結構腰に来てしまうので、休憩をはさみながらになる。
DSCN4847.JPG
疲れを癒してくれたのは、小さく咲くつる性薔薇、夢乙女だ。
この薔薇も昨年より花の数が多いので、見ごたえがある。
もっと日当たりが良いとすくすく育つのだろうが、どんぐりの樹は退かせないので、我慢してもらうしかない。
次に控えているのは、白花のエンレイソウのポット苗だ。
二年間かけて発芽したもので、地植えにしようか迷っているところだ。
明日以降、良く考えることにしよう。
開花までは10年かかるとのことだし。
posted by みのさん at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑