2019年06月22日

ササユリ

ツユ最中なので当然と言えばとうぜんなのだが、湿度の高い曇天になっている。
こうなると古傷が疼きだして、過去の悪夢を思い起こされてしまうので、やるせない。
このような空気を一気に払しょくしてくれたのが、今日開花してくれたササユリだ。
2019_06_22_6111.JPG
何とも神秘的な気品を漂わせてくれて、つい、カメラのシャッターを押す指に力が入ってしまう。
暗い空気のなかでは、シャッターの開く時間が長くなるので、ぶれてしまうことが起こる。
本来は、三脚などをたてて、ぶれないようにするのだが、面倒なので息を殺して、そおっとシャッターを切るようにしている。
今日は気分とは裏腹に、調子が良くて一枚だけのプレで収まった。
その他では、昨年に植樹したクレマチスが、とても多くの花芽を付けてくれてていたが、開花し始めている。
2019_06_22_6100.JPG
思っていたよりも大柄だったので、此処の薔薇を凌駕してしまった。
春ゼミの声が時折木々の間を木魂していて、しっとりとした空気感とともに、こころを落ち着かせてくれる。
ソウコウシテイルト、モリアオガエルがうるさく鳴きだしたりして、古傷に響いてくるので困る。


posted by みのさん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑