2019年05月20日

青鬼集落から善光寺古道で通集落へ

今日は下り坂の天気予報だったが、白馬村公民館のガイド養成講習会で、田中欣一先生と塩島から青鬼集落へ行き、その後、今は滅多に使われていない善光寺古道を通って、通(かよう)集落まで下りてきた。
姫川から1.5qほど東側の山麓を上り詰めて青鬼に着く。
DSCN4684.JPG
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている集落で、正に桃源郷と言えるほどの山村景観が残されている貴重なところだ。
集落に入って直ぐの所に向麻(むこうあそ)石仏群があり、ここの双体道祖神が素晴らしい。
DSCN4670.JPG
また、庚申塔の青面金剛像の彫りもとても良く見ごたえがある。
DSCN4675.JPG
この青面金剛は、帝釈天の化身であって、東寺展で撮影した帝釈天の写真が印象に残っていたので感慨が深くなった。
集落の中ほどにある、お善鬼の館で一休みし、青鬼下堰の展望広場まで行き、馬場遺跡を俯瞰した。
DSCN4677.JPG
そこから引き返して青鬼神社への長い階段を登ったところで昼飯休憩となった。
DSCN4688.JPG
昼食後に阿弥陀堂石仏群に行き、木地師の銘の掘られている庚申塔や力石を散策した。
阿弥陀堂の脇の善光寺古道を暫く登り、途中から通集落への下り道を通り集落まで下りてきた。
DSCN4692.JPG
通薬師堂を開けていただいたので、薬師観音を拝ませてもらうことができた。
今回はここまでで講習会を打ち切った。
雨が落ちてくる前に終了できたので、祟られなかったのは幸いだった。
青鬼集落に行く途中で、笹の花が咲いているのを見つけた。
DSCN4669.JPG
とてもめずらしいことで、笹は花が咲くと枯れてしまうと言われている。また、不吉な事が起こるとも言われている。
やっぱり祟られているのかもしれない。
posted by みのさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記